2018年 01月 15日
タマケン山岳部~山行記録一覧


タマケンひとり山岳部。
2018年01月現在の山行記録です。


2018.01/ 蓼科山
(モフモフ樹氷とブリザード)
a0165316_22012446.jpg




2018.01/ 稲荷山
(京都伏見稲荷〜ナイトハイク)
a0165316_11575776.jpg





2017.12/ 谷川岳
(雪山はじめ~山頂ホワイトアウト)
a0165316_22104702.jpg





2017.12/ 御前山
(たまには奥多摩~奥多摩三山クリア)
a0165316_08454762.jpg





2017.12/ 松島の大高森
(松島四大観のひとつ)
a0165316_22393447.jpg






2017.11/牛奥ノ雁ケ腹摺山
(日本で一番長い山名)
a0165316_15381015.jpg





2017.11/蛭ヶ岳
(丹沢の最高峰)
a0165316_17194213.jpg



【記号】
◎日本百名山(現在41座クリア)
♪子連れ登山
#山泊
**********


★2018年★

01月 蓼科山◎(2回目)
01月 稲荷山(京都伏見稲荷)


★2017年★

12月 谷川岳◎(3回目)
12月 御前山
12月 松島の大高森 ♪
11月 牛奥ノ雁ケ腹摺山 ♪
11月 蛭ヶ岳 +丹沢山◎(2回目)
10月 伊予ヶ岳 ♪
10月 苗場山
09月 槍ヶ岳◎#
08月 五色ヶ原 ♪#
08月 白馬岳◎♪#
07月 仙丈ヶ岳
06月 金峰山◎(2回目)
05月 乗鞍岳
05月 安達太良山◎ ♪
04月 硫黄岳(八ヶ岳)
04月 瑞牆山◎(2回目)
04月 鎌倉アルプス ♪
03月 大岳山
02月 赤城山(黒檜山+駒ヶ岳)◎♪(2回目)
01月 霧ヶ峰◎♪
01月 高尾山〜陣馬山 ※往復(2回目)
01月 雲取山◎(2回目)


★2016年★

11月 岩櫃山
11月 釈迦ヶ岳
10月 日光白根山
09月 日和田山~巾着田 ♪
09月 北岳+間ノ岳 ◎◎#
08月 巻機山
08月 立山(別山から雄山)◎♪#
07月 富士山◎
07月 鳳凰三山(薬師・観音・地蔵岳)◎#
07月 草津白根山◎
06月 燕岳 ♪#
05月 甲武信ヶ岳◎
05月 眉山 ♪
05月 飯野山(讃岐富士)
05月 剣山◎
05月 石鎚山◎ ♪
04月 男体山◎
04月 那須岳(朝日・三本槍・茶臼岳)
04月 檜洞丸
03月 三毳山 ♪
03月 縞枯山+茶臼山(八ヶ岳) ♪
02月 上州武尊山◎
02月 木曽駒ヶ岳◎(2回目)
02月 宝登山 ♪
01月 北横岳+三ッ岳(八ヶ岳)
01月 石老山
01月 今熊山
01月 谷川岳◎(2回目)


★2015年★

12月 蓼科山◎
12月 高尾山+景信山+陣馬山 ♪
11月 塔ノ岳+丹沢山◎
11月 四阿山+根子岳◎
11月 厄王山+菊花山 ♪
10月 金時山 ♪
10月 至仏山◎ ♪
10月 雲取山◎
09月 甲斐駒ヶ岳◎
09月 木曽駒ヶ岳◎ ♪#
09月 赤城山(黒檜山+駒ヶ岳)◎ ♪
08月 浄土山 ♪#
08月 奥大日岳 ♪#
08月 剱岳◎#
07月 立山(雄山.大汝山.真砂岳.別山)◎#
07月 岩殿山(2回目)
07月 赤岳+横岳(八ヶ岳)◎
06月 茅ヶ岳+金ヶ岳 
06月 谷川岳◎ ♪
05月 美し森~天女山 ♪
05月 三頭山 ♪
05月 石割山
05月 両神山◎
04月 棒ノ折山 ♪
04月 日向山 ♪
04月 ココヘッド(ハワイ) ♪
03月 ダイヤモンドヘッド(ハワイ) ♪
03月 金峰山◎
03月 箱根山
02月 黒斑山
02月 飯盛山(悪天により撤退)
02月 美ヶ原◎ ♪
01月 入笠山 ♪
01月 筑波山◎ ♪
01月 川苔山


★2014年★

12月 高尾山 ♪
11月 乾徳山
10月 瑞牆山◎
10月 高水三山 ♪
09月 岩殿山 ♪
09月 御岳山 ♪
08月 大菩薩嶺◎ ♪
08月 タマケンひとり山岳部発足
08月 立山◎


★2013年以前★

2013.08 立山◎ ♪
2012.08 立山◎ ♪
2011.08 立山◎ ♪
2010.09 霧ヶ峰◎ ♪
2010.08 立山◎ ♪
2010.04 屋久島(縄文杉トレック)
2009.08 立山◎ ♪
2008.08 立山◎ ♪
2007.08 立山◎ ♪
2006.08 富士山◎




# by tamakentaro | 2018-01-15 00:00 | ★山行記録一覧★ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 14日
宮島の弥山と牡蠣
タマケンひとり山岳部。

安芸の宮島。
弥山に登りました。
a0165316_21232775.jpg

10月後半の記録です。

__________


宮島口からはフェリー。
a0165316_21235524.jpg
朝8時の便。


大鳥居が見えてきました。
a0165316_21235549.jpg


砂浜を歩いて、
まずは厳島神社に向かいます。
a0165316_21235627.jpg


普通に鹿がいます。
a0165316_21235606.jpg



世界遺産の厳島神社。
初めて来れました。
a0165316_21245679.jpg



祓殿の大きな床板はクスノキ。
a0165316_21235671.jpg
大鳥居もクスノキだとか。


大工さんが
柱脚を継ぐ作業をしています。
a0165316_21252100.jpg


終わりかけの干潮。
大鳥居の足元までは近寄れず。
a0165316_21254239.jpg


五重塔と千畳閣近くのカフェで、
朝食を食べました。
a0165316_21254203.jpg


_____


いざ弥山へ。
a0165316_21254317.jpg
本当は麓から登りたかったのですが、
帰りの新幹線の時間もあり、
ロープウェイを利用します。


2つのロープウェイを乗り継ぎ、
a0165316_21254362.jpg


到着した終点:獅子岩駅。
弥山の山頂が見えました。
a0165316_21254421.jpg

弘法大師空海が開山した弥山、
山岳信仰の対象とされる霊山です。
道中には多くの御堂。
ある御堂には、
1200年消えずの火がありました。
a0165316_21262908.jpg



山頂直下は奇岩の連続。
a0165316_21475795.jpg
a0165316_21254435.jpg


そしてあっという間に、
弥山山頂!
a0165316_21254515.jpg


瀬戸内海も一望でき、
ほんと絶景でした。
a0165316_21272433.jpg


広島の街も見えます。
a0165316_21254527.jpg



山頂でしばらく休憩したら、
ピストンで下山_。



表参道を散歩しました。
a0165316_21272507.jpg
御土産屋さんが並びます。

ケヤキの大しゃもじ。
a0165316_21272512.jpg



そして、
目的地「牡蠣屋」さんへ。
a0165316_21272578.jpg
a0165316_21272566.jpg

オイスターラブ。
牡蠣食べまくり。
a0165316_21292354.jpg
a0165316_21292317.jpg
a0165316_21292360.jpg
a0165316_21292443.jpg



残念だったのは、
生牡蠣が解禁前だった事。
a0165316_21292803.jpg
あと数日遅く来ていれば。。


フェリーで宮島口に戻ったら、
有名な「うえの」さんへ。
a0165316_21272695.jpg
30分以上並んで、
白焼きと、
a0165316_21292412.jpg
穴子飯を食べました。
a0165316_21292491.jpg





急いで広島駅に戻って、
新幹線で東京に帰りました。
a0165316_21292597.jpg

________

広島の初日。


到着した日が、
広島駅の南北通路開通日。
a0165316_21272668.jpg
新しい駅ビルもオープンして、
セレモニーなど賑やかでした。


広島といえばお好み焼き。
さっそくランチで。
a0165316_21272650.jpg
長田屋さん。
牡蠣をトッピングしました。


平和記念公園、平和資料館。
a0165316_21304254.jpg
原爆ドーム。
a0165316_21304319.jpg

たまたまやっていた
広島フードフェスティバルで、
蒸牡蠣と広島ホルモン。
a0165316_21272725.jpg


夜は、
桑田佳祐ライブツアー広島公演。
a0165316_21304211.jpg
最高に盛り上がりました。
疲労するほど発散。



再び原爆ドーム。
a0165316_21311397.jpg


街へ。
a0165316_21311445.jpg


いろんな牡蠣料理と、
a0165316_21311410.jpg

広島名物ウニホウレン。
a0165316_21311313.jpg



また行きたい広島です。





# by tamakentaro | 2018-01-14 21:00 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 08日
タマケン2018スタート!
2018
本年もタマケンを、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
a0165316_19441735.jpg
新メンバーも加わりました!
(1月6日撮影。※大工:安田が体調不良のため休み。


※1月6日(土)
仕事始め〜安全祈願を行い、
梯子と尺杖を製作しました。

※1月9日(火)より、
本格営業いたします。




# by tamakentaro | 2018-01-08 19:47 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 07日
苗場山!!
タマケンひとり山岳部

2017年10月1日。
新潟にある苗場山に登りました。

山頂は広大な台地、
大湿原が広がっています。
a0165316_19092958.jpg
テーブルマウンテン苗場山!
独特な個性を持つ山でした。



以下、登山記録です。

***********


関越は湯沢I.Cで下車。

朝5時20分、
登山口の駐車場に到着。
a0165316_19095705.jpg


登山口にある登山MAP。
今日はこの祓川コースを歩きます。
a0165316_19095655.jpg


歩き始めてすぐ、
a0165316_19095768.jpg
後ろから太陽が上がりました。
a0165316_19095894.jpg


かぐらスキー場のゲレンデを進みます。
a0165316_19095875.jpg


樹林帯に入りました。
a0165316_19095811.jpg



標高が上がると、
徐々に紅葉が目立ってきます。
a0165316_19105276.jpg
青空に映えてとても綺麗。
a0165316_19105306.jpg



やがて展望が開けて、
a0165316_19105337.jpg


中ノ芝に到着!
ここが一番の紅葉スポットでした。
a0165316_19105495.jpg
ドウダンツツジが、
真っ赤に色づいています。
a0165316_19105481.jpg
ほんとキレイでした。


_______


稜線を進みます。
a0165316_19105545.jpg


神楽ヶ峰という小ピークを過ぎると。
突如、苗場山が姿を現しました。
a0165316_19115142.jpg
いきなりの遭遇、その迫力の姿に、
テンションが上がりました。


_______



鞍部までいったん下って、
山頂に向けての最後の登り!
a0165316_19115112.jpg


ギラギラ輝く笹の緑。
a0165316_19115208.jpg



ロープのある岩場も点在。
そして最後の急な斜面を超えると、
a0165316_19115200.jpg


突然ひろがる広大な台地。
a0165316_19115314.jpg
a0165316_19115329.jpg


山頂の大湿原!これが
テーブルマウンテン苗場山の正体!
a0165316_19125974.jpg


たくさんの池塘!
輝く草紅葉!
a0165316_19125926.jpg
最高すぎました・・。


湿原&池塘のある山といえば、
過去、新潟の巻機山と、
福島の会津駒ケ岳に登りましたが
いずれもガスガスでした。

今日はかこの借りを返したというか、
リベンジに成功した感じがしました。
a0165316_19130044.jpg


展望はありませんが、
ここが山頂標識のある本当のピーク。
苗場山:標高2145m。
a0165316_19130017.jpg
時刻は8時55分、歩き始めてから
約3時間半での到着でした。

ちなみに、
タマケン山岳部:41座目の百名山です。



山頂近くにある苗場山頂ヒュッテ。
屋外のベンチで休憩をしました。
a0165316_19130120.jpg




下山するのが勿体無くて、
休憩後もしばらく山頂を散策。
a0165316_19130191.jpg


自然保護のため、
木道しか歩く事は出来ませんが
ずっと遠くまで続く湿原を眺めました。
a0165316_19140876.jpg
a0165316_19140849.jpg


青い空を映す池塘。
a0165316_19140914.jpg


黄金色の草紅葉。
a0165316_19140710.jpg
風も穏やかで本当最高でした。




そして、名残り惜しいけれど、
下山へ。
a0165316_19140957.jpg

往きよりも進んだ気がした紅葉。
a0165316_19141016.jpg
a0165316_19150175.jpg
a0165316_19150195.jpg



最後の樹林帯。
a0165316_19150299.jpg
スリッピーな石の道に戸惑いながら、
a0165316_19150217.jpg


無事に登山口に戻ってこれました。
a0165316_19150359.jpg






や、苗場山。
ほんと素晴らしい山行となりました。
a0165316_19153974.jpg




# by tamakentaro | 2018-01-07 23:08 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 06日
伊予ヶ岳〜千葉県の山
タマケンひとり山岳部。

10月初旬。
初めて千葉県の山に登りました。
伊予ヶ岳という山です。
a0165316_23133256.jpg

※ちなみに伊予ヶ岳は、
千葉県で唯一、名前に岳がつく山です。



*********


夜明け前の海ほたる。
a0165316_23140147.jpg


木更津で朝日を見ました。
a0165316_23140131.jpg



館山自動車道を南下。
岩井の東方を目指します。

岩井海岸にはその昔、
スケートリンクがありました。
高校時代の思い出、
アイスホッケー部の夏の合宿地です。


尖ったピークが見えました。
a0165316_23140227.jpg
あれが伊予ヶ岳。



6時30分。
平群天神社から登山スタート。
a0165316_23140234.jpg
a0165316_23140270.jpg


伊予ヶ岳の名前の由来は、愛媛(伊予)
の石鎚山に似ているからだとか。
a0165316_23140382.jpg
※石鎚山には2016年に登りました。


前半は長閑で穏やかな里山の路。
a0165316_23140317.jpg


ですがコース半ばに、
「この先、大変危険です」の看板
a0165316_23140350.jpg


ロープと鎖が連続する岩場に突入です。
a0165316_23140388.jpg


でも大丈夫。
岩場慣れした三男は悠々と登ります。
a0165316_23140459.jpg
a0165316_23151872.jpg


最後の岩場を登れば、
a0165316_23151867.jpg

伊予ヶ岳の山頂(南峰)です!
a0165316_23151893.jpg

先端は断崖絶壁。
a0165316_23151954.jpg
伊予ヶ岳は、
千葉のマッターホルンという俗称もあり_。
でも、標高はたったの336m(笑)
※なお、千葉の最高峰は愛宕山408m。
自衛隊の基地内なので許可無しじゃ登れません。



少し北へ下って、
a0165316_23151979.jpg
登り返せば北峰です。
a0165316_23151963.jpg


北峰でのんびり、
南房総の海を眺めました。
a0165316_23152074.jpg
山頂から船を眺めるのが素敵です。


あれは里見八犬伝の舞台。
富山です。
a0165316_23152002.jpg


北峰から見る南峰。
a0165316_23152038.jpg
断崖絶壁さが分かります。
a0165316_23152005.jpg


そして下山、
下りの岩場は慎重に。
a0165316_23164252.jpg
a0165316_23164248.jpg


心地よい森を過ぎれば無事に下山。
a0165316_23164279.jpg


登山口の横にある小学校。
覗いてみると廃校でした。
a0165316_23164362.jpg



金谷港に寄りました。
軽く磯遊び。
a0165316_23164323.jpg
a0165316_23164311.jpg


そしてもう一つの目的地。
貝の食べ放題「まるはま」へ。
a0165316_23164487.jpg

牡蠣、
a0165316_23181857.jpg
サザエにボンビノス、
a0165316_23164493.jpg
ホタテに白貝、
a0165316_23164410.jpg
赤貝にハマグリ。。。
a0165316_23181764.jpg

とにかく食べまくりました。
a0165316_23164496.jpg
最近ほんと貝好きに。

ただし、
焦ってあまり焼かずに食べていたので
後でお腹を壊しました。

# by tamakentaro | 2018-01-06 23:13 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 29日
タマケン御餅つき2017~仕事納め
2017年12月28日。
タマケンの下小屋で、
毎年恒例の御餅つき大会を行いました。

今年もお客さんや顔馴染みの方々、
職人さん、親族や友人など、大勢が集まり
とても賑やかな御餅つきになりました!

a0165316_09191897.jpg
a0165316_09191917.jpg
a0165316_09192048.jpg


今年はカレーもたくさん作りました。

a0165316_09191870.jpg


a0165316_09192006.jpg
a0165316_09191773.jpg

毎年美味しい手作りのピザを
届けてくれるお客様。
今年も美味しかった~。
a0165316_09191955.jpg
***************

タマケンは本日29日に仕事納め。
新年は、
1月6日(土)に顔合せ&新年の行事を行います。
(本格始動は1/9(火)からです。)

来年もどうぞよろしくお願い致します。



# by tamakentaro | 2017-12-29 09:26 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 20日
牛乳とコッペパン
W3.700のチークのカウンター。
加工が終わったので本日、
木場のウレタン塗装工場に搬入。
a0165316_19230358.jpg
年末ギリギリに、
ゼネコンさんの現場に搬入予定です。


______________




木場の某倉庫では、
外壁板の補修工事を行っています。
a0165316_19252191.jpg
a0165316_19252267.jpg


____________



御寺の山門工事。

年を跨いでしまう事になりましたが、
だいぶ仕上がってきました。
a0165316_19273083.jpg
屋根の銅板前包もほぼ終わりです。
a0165316_19273379.jpg


_________




北新宿のマンションリフォーム。

チークを上手に使った納まり&デザイン。
昔の田の字型なプランから、
大きく開放的なLDKが出来ました。
a0165316_19391764.jpg
明日、クリーニングです。



________



駒込の家。
模型を何個も作ってエスキス中。
a0165316_19401129.jpg


_________



長男の作品が出展されたので、
ちょっと見に行ってきました。
※長男の描いた「RC造ビルの平面図」が出展されていました。
a0165316_19424148.jpg


長男も、
もうすぐ高校卒業。
卒業制作も完成間近です。
a0165316_19431849.jpg
ひとりで収納家具を作っています。



______


三男が最近、
ダースベイダ―のテーマ曲の替え歌で「牛乳と~コッペパン、コッペパン~」という鼻唄を歌ってます。

そんななか、
近所にコッペパン屋さんができました。
a0165316_19480512.jpg
メニューもたくさんあって、
すごくいいです。
a0165316_19480408.jpg







# by tamakentaro | 2017-12-20 19:51 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 16日
午後のチョウナ
ツッ、ツッ、ツッ!
ツッ、ツッ、ツッ、ツッ!

下小屋に木霊するチョウナの音。
a0165316_16021444.jpg
ガツッ!
a0165316_16021518.jpg
a0165316_08140339.jpg

チークのカウンターを製作中。
W3700xD750のカウンターです。


# by tamakentaro | 2017-12-16 16:04 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 09日
槍ヶ岳2017

タマケンひとり山岳部

ついに。
ヤリに登る日がきました。
a0165316_19330827.jpg


9月後半、1泊2日で登った
槍ヶ岳の登山記録です。



************



スタートは沢渡(さわんど)から。


4時40分、
沢渡第三駐車場に到着。
a0165316_20020126.jpg
マイカー規制の為、沢渡から先は
バスかタクシーに乗り換えです。


平日の早朝、
静かな沢渡バスターミナル。
まだ、バスは始発前。
a0165316_18552419.jpg
タクシーで上高地へ向かいます。
他の登山者さんとの相乗りで。


____


20分ほどで、
上高地バスターミナルに到着。
a0165316_18552551.jpg
トイレを済ませ、登山届を提出。


5時25分。
梓川沿いを歩き始めました。
a0165316_18552666.jpg


登山を始めて3年が経ちましたが、
上高地に来たのはこれが初めて。

上高地デビューの高揚感と河童橋。
a0165316_18552685.jpg



_____


初めての槍ヶ岳。
選んだルートは「槍沢ルート」

上高地からのピストン行程です。
往復約44km、標高差約1.668m。
とてもロングロングなルートです。
1泊2日で挑戦してみます。

※山雑誌やガイド本等では、2泊3日が推奨されていますが、愛読する山ブロガーさんの多くが1泊2日でトライしていました。自分にもできる!と思い込んでの挑戦です。






_____


上高地からしばらくは、
フラットで平坦な道が続きます。
a0165316_18552753.jpg
梓川に沿った道。
a0165316_18552897.jpg


出発して40分で、
最初のポイント:明神に到着。
a0165316_18571989.jpg


あの尖った山は明神岳。
a0165316_18572047.jpg


休まず進みます。
a0165316_18572168.jpg


ザザザッと音がして、
猿が通り過ぎました。
a0165316_18572095.jpg


______



第2のポイント:徳沢に着く頃、
陽が上がってきました。
a0165316_18572212.jpg


おしゃれなロッジのある徳沢。
a0165316_18572351.jpg
朝の木漏れ日。



徳沢テント場を通過。
a0165316_18572490.jpg


穂高の山々が見えます。
a0165316_18584731.jpg
穂高エリアは未だ未踏。
※2018は穂高に登ります_。


____



スタートから2時間20分で、
横尾に到着しました。
a0165316_18584869.jpg

横尾は、
槍と穂高の分岐点。

橋を渡って左へ進めば、
穂高登山の中心地:涸沢です。
a0165316_18584825.jpg

横尾で最初の休憩をとりました。


横尾にあった鳥瞰図です。
※槍沢ルートを黄色に加工しました。
a0165316_19005332.jpg
上高地からこの横尾までが11km。
平坦な道を歩いてきましたが、
ここまではウォーミングアップ。


槍ヶ岳まではあと11km。
ここからが本番です。

_____



横尾を過ぎると、
まずは渓流ゾーン。
a0165316_18584984.jpg
梓川の美しい流れを見ながら、
水の音を聞きながら歩きます。
a0165316_18585001.jpg
感動するほどキレイな水。


まだ元気だった妻。
a0165316_18585119.jpg
のちのち、とんでもなく辛くなるとは、
この頃はまだ知りませんでした。



_____



猿の群れに遭遇。
a0165316_18585280.jpg

猿に誘導されて、
a0165316_18585343.jpg


槍沢ロッジに到着しました。
a0165316_18585485.jpg
※ガイド本等では、ここで一泊して翌日、槍ヶ岳を目指すというのが定番です。



槍が見えるよ。
a0165316_19014541.jpg
望遠鏡を覗くと、
今日初めての槍ヶ岳が見えました。
a0165316_19014692.jpg
まだまだ。かなり遠そうです。
少し凹みました。

サラシナショウマ。
a0165316_19014603.jpg

______


槍沢ロッジを過ぎると
徐々に登りがきつくなります。
a0165316_19014702.jpg


大曲。
a0165316_19014862.jpg
スタートから4時間40分。
自分たちにしたら早すぎです。
長丁場という事を意識して、
ここまで飛ばし過ぎていました。



大曲からは、
本格的な登りに突入します。
a0165316_19014968.jpg
いまだ槍は姿を現しません。



もう9月も終わりだったので、
雪はわずかに残るだけ。
雪渓歩きはありませんでした。
a0165316_19015066.jpg


ナナカマドの赤い実。
a0165316_19015045.jpg


______



天狗原分岐。
a0165316_19015175.jpg
標高は約2400m。

ここで。。
突然な感じでしたが、
妻がダウン、バテてしまいました。

力が入らない、頭痛、吐き気。
症状的に、100%高山病です。

高低差1000m位を一気に登り、
標高2400m以上までくると、
妻はほぼほぼ高山病になります。


ここからが大変でした。
ヘロヘロで声も出ない状態。
足取りは、まるで牛歩。
a0165316_19030213.jpg
山頂までのコースタイムは、
まだ3時間あります。



______



妻がヘロヘロになり、
ゆっくりゆっくり歩いて40分。
やっと槍が現れました!
a0165316_19030391.jpg
歩き始めて6時間半でようやくです。
a0165316_19030496.jpg



ここからは、槍の姿を
前方に見ながら進んでいきます。
a0165316_19030415.jpg



ただ_、
見えてはいるものの、
距離的にはまだまだ遠い槍。
a0165316_19030528.jpg
歩けど歩けど、
近づけない感じがしました。




槍ヶ岳を開山した浄土宗の御坊様が
寝泊まりしていたという洞窟。
a0165316_19030668.jpg



素晴らしい天気でした。
たまに雲がふっと発生しても
すぐに消えてくれました。
a0165316_19030689.jpg
この快晴のうちに山頂に立ちたい。
そう思いながら進みました。



殺生分岐。妻はもう
とっくに限界を超えていましたが、
自分もここまでくると疲れモード。
a0165316_19030781.jpg
でも_まだ行けます。



殺生ヒュッテを過ぎました。
a0165316_19030743.jpg
a0165316_19043832.jpg



レンズで山頂を望遠すると、
登頂している人たちが見えました。
a0165316_19043845.jpg
高度感が伝わり、
緊張とワクワクが混ざります。



そして歩き始めから8時間20分。
13時45分、山頂直下の山小屋に
到着しました。
a0165316_19043964.jpg
ふぅ_疲れました。


_______



槍ヶ岳山荘でさっそく受付。
平日だったので、幸いにもひとり
1つの布団が割り当てられました。
※混雑期は1つの布団に2、3人で寝るらしいです。


間もなく、
妻は布団に倒れました。
a0165316_19083032.jpg



少し回復したら、
小屋のカレーを食べました。
a0165316_19044086.jpg


いよいよ槍の穂先へアタックです!



______



妻はザック無し、
水は私が背負いました。
二人ともヘルメットを被ります。
a0165316_19044146.jpg


気持ち良い緊張感。
a0165316_19044168.jpg
慎重に進みます。



この差筋ステップが
個人的に苦手でした。
a0165316_19044190.jpg




直角梯子の連続。
a0165316_19070329.jpg



そして、
最後の梯子を登りきって、
a0165316_19044275.jpg

山頂に立ちました!
a0165316_19070024.jpg
憧れた槍の山頂!
標高:3.180m。
達成感。


_____



山頂にしばらくいました。
a0165316_19070151.jpg


雲が沸いてきましたが、
おかげでブロッケンに遭遇しました。
a0165316_19044329.jpg
しかも槍の影と一体化したブロッケン。
すごい!


_____


天界から地上への梯子。
a0165316_19070019.jpg
名残惜しいけど、
山頂を後にします。


下り上手なタマケン山岳部。
a0165316_19070261.jpg
a0165316_19070365.jpg

a0165316_19070458.jpg
a0165316_19082749.jpg
a0165316_19082888.jpg



無事に戻ってこれました。
a0165316_19083046.jpg


_____



槍の穂先と槍ヶ岳山荘。
a0165316_19083115.jpg



ひろがる雲海。
a0165316_19083267.jpg



小屋前で再びブロッケン。
a0165316_19083195.jpg
この後も何度も見れました。
今日はブロッケン祭り。




17時からの夕食。
a0165316_19083315.jpg



______



夕食後は夕焼けショー。
a0165316_19103546.jpg
山で夕日を見るのは久しぶり。

染まる岩肌。
a0165316_19103401.jpg

日没。
a0165316_19103605.jpg

槍ヶ岳。
a0165316_19103669.jpg




19時前には寝ました。



______



3時半起床。
山小屋さんに用意してもらった
おこわを食べました。
a0165316_19103743.jpg



朝焼け。
a0165316_19103775.jpg
栃の縮れ杢のよう。
a0165316_19103809.jpg



そして御来光。
a0165316_19103921.jpg
a0165316_19103968.jpg



朝日を見ながら出発。
下山。
a0165316_19114747.jpg



_______



東鎌尾根で下山します。
表銀座縦走で通る道です。
a0165316_19114707.jpg
a0165316_19114893.jpg
a0165316_19114874.jpg




早朝の誰もいない尾根道。
a0165316_19114954.jpg
a0165316_19114914.jpg



振り返ると、もうだいぶ
槍ヶ岳が遠くに見えました。
a0165316_19115072.jpg




ナナカマドの赤い実。
a0165316_19115129.jpg




上高地への帰路は、疲れもあり
ほんと気の遠くなる長さでした。
a0165316_19115147.jpg




______




徳沢で食べたカレー&月見うどん。
a0165316_19125039.jpg



ヘトヘトで嫌になった帰路。
a0165316_19125035.jpg




透明な梓川。
a0165316_19133252.jpg




ようやく帰ってきた河童橋。
a0165316_19125147.jpg




上高地のバスターミナル。
a0165316_19125222.jpg
バスで沢渡へ帰りました。






# by tamakentaro | 2017-12-09 23:53 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 30日
11月最後の日のタマケン
北新宿のマンションリフォーム。

床フローリング張り。
a0165316_15421342.jpg
間仕切や建具を撤去して
LDKと和室を一体にしました。

カウンターや造作材、床材、
使用する材料はチークで揃えています。


******

下北沢の家リフォーム。

室内作業が終わり、
今日は下小屋でウッドデッキ&木フェンス材の加工中。
a0165316_15421598.jpg
材料は杉(赤)です。



******

御寺の工事。

観音堂がほぼ終わり、
現在は山門の屋根工事中です。
a0165316_15421463.jpg




# by tamakentaro | 2017-11-30 15:47 | Trackback | Comments(0)