2010年 04月 29日
屋久島2
屋久島の事を再び。

往復22Kmのトレッキングは旅行2日目の朝4時起きで始まりました。
前日の酒が残り登山口で嘔吐という状態でのスタートで。。。
(22Kmというと東京駅から吉祥寺駅まで歩く距離だそうです。)

最初はトロッコの軌道を延々8Km歩きます。
欄干のない橋を渡り、テンションが上がります。
a0165316_2149359.jpg


鹿が普通に出没したり
a0165316_21495333.jpg


食虫花が咲き乱れる道。
a0165316_21504076.jpg


樹齢1000年以上の杉を屋久杉と言います。
そんな屋久杉が生い茂り薄暗くなった頃、トロッコ道が終わり
険しい山道に変わります。
a0165316_2205824.jpg

a0165316_2212879.jpg

a0165316_2215913.jpg


屋久島では、樹木の上に落ちた他の種子が芽を出して育っています。
着生という現象で、寄生とは違うそうです。
a0165316_2261297.jpg


屋久杉と言っても樹種としては他の杉と同じで、
育った環境によって他の杉と違いが現れるんだそうです。

屋久島は実は花崗岩の固まりです。
屋久杉は、そんな水をたくわえる事ができず栄養の少ない岩の上で育ちます。
また、たくさんの樹木が光を奪い合う状態です。
そんな環境下では、成長が大変遅くなります。

その成長の遅さが、逆に年輪の幅が狭い=年輪が詰まった、だから樹脂がぎっしり詰まり
腐りにくい杉になる要因なんだそうです。
そして、腐りにくければ、長生きして巨木になる。




樹齢2100年とも、7200年とも言われる縄文杉の他にも、
スター級の屋久杉がたくさんあります。
そんな中、切り株のくせに圧倒的存在感を示すのが「ウィルソン株」です。
豊臣秀吉時代に伐採されたそうです。。
切り株の中は、タタミ8畳分あり、泉が湧き祠まで祭られています。
↓ウィルソン株の前で記念撮影。
a0165316_222255.jpg

株の中から空を見上げるとハートが現れます。。。
a0165316_22233033.jpg


そして・・ついに縄文杉に逢えて。
a0165316_22333253.jpg

a0165316_22335642.jpg

仮に樹齢2100年だとしても、キリストよりも前に生まれてるわけで。
その何がすごいかも理解できないんですが、荘厳さに圧倒されます本当。

そして帰路。延々TOTAL・22Kmを歩くとトレッキングが終わります。
↓ガイドさん2人と一緒に記念撮影。
a0165316_2245347.jpg

屋久島、また行きます。


ちなみに、海はハワイのようにキレイです。
a0165316_2246249.jpg




タマケンブログです。
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します。

  ↓    
 
下の写真をクリックしてください。
(ポイントが加算されます。)
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2010-04-29 23:32 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/10523913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wasukibito at 2010-05-01 17:36
画像からひしひしと屋久の雄大なオウラを感じますね!
きっと実際行ってみないと感じる事ができないでしょうけどね。
行ってみたくなりました!
Commented by tamakentaro at 2010-05-04 20:21
自分も必ずまた行こうと思っています。それほど、よかったですよ!是非WASUKIBITOさんも行ってみてください。 そして、いつまでも屋久島の自然が有り続けて欲しいですね。


<< レベル最調      西国分寺 >>