2010年 08月 17日
北陸には下見板貼が多い
能登、富山に6日間滞在していました。
その間ずっと、民家などの建物を気にして見ていたんですが、
本当、「下見板貼」が多い。
(能登のほうだと、建物の90%以上が下見板っていう地域もありました)。
また北陸のほうは、押縁の無いタイプが多いのも特徴でしょうか(私の感想)。

a0165316_15303056.jpg

↑下見板貼(鎧貼)

気になった下見板の建物があると、車を止めて写真を撮りました。
いくつかをUPしてみます。

【古建築】
a0165316_15322231.jpg

a0165316_15323496.jpg

a0165316_15324427.jpg

a0165316_15325886.jpg

a0165316_15331574.jpg

a0165316_15333529.jpg

a0165316_15335090.jpg

a0165316_1534439.jpg

a0165316_15341514.jpg

a0165316_15343039.jpg



【現代建築】
a0165316_153837.jpg

a0165316_15382249.jpg

a0165316_1538397.jpg

a0165316_15385159.jpg

a0165316_1539330.jpg

a0165316_15393169.jpg

a0165316_15394143.jpg


「下高井戸の家」の外壁は下見板です。
a0165316_7425197.jpg

by tamakentaro | 2010-08-17 23:26 | 【休日】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/11147677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 樫の大鉋      立山2010 >>