2012年 08月 25日
立山2012 ~6年連続登っちゃいました。
お盆休みの話。


2007年から毎年、夏休みに家族で立山に登っています。
2012年、今年で6年連続。

とは言っても、頂上へ行けるかどうかは山の天候次第。
2008年、2010年は、雨や霧で途中リタイヤしています。

天気が良ければ北アルプスのダイナミックな景観を大パノラマで見れ、本当にすごい。
だから今年も、前もって天気予報を入念に調べました。
そして「絶対に晴れるだろう!」という日を選び。

AM3時起床。
空には満天の星!高まる期待。

魚津から車で「立山駅」へ向かいます。
だんだん空が明るくなり、遠くに見える山の稜線がクッキリ。
a0165316_8572122.jpg

ますます高まる期待。

立山駅で室堂までの往復チケットを買います。
a0165316_8584398.jpg

始発6:00のケーブルカーに乗り、まずは美女平へ。
a0165316_8593763.jpg

美女平からは高原バスに乗り替えて、室堂へ。

美女平の空。
a0165316_911816.jpg

なんか、山の方角に雲があるが。「晴れる」と信じる。



バスで1時間。
室堂へ到着。




・・・・・・・・・・・・。。。。


ショック過ぎて、言葉が出ない。
a0165316_9304.jpg

そして、寒い。


が、「山の天気は変わりやすい。歩いているうちに晴れる!」と自分に言い聞かせ歩きだす。
三男も、今年は抱っこしないで、じぶんの脚で登らせる。
a0165316_984585.jpg

チングルマ。
a0165316_992895.jpg

雪渓も多い。
a0165316_9102041.jpg

もう歩きたくないと何度もふてくされて座り込む三男。
a0165316_9114456.jpg

けど、仮面ライダーの話をして気分を盛り上げてやるとまた歩き出す(笑)。

なんとか、「一の越」へ到着。
ここで、妻と三男はリタイヤさせる(ここから頂上までは三男には無理なので)。
山小屋で待っててもらう。


さあ、一の越から頂上までスタート!
a0165316_9161296.jpg

ますます霧が深くなり、霧雨も降りだす。。
大パノラマどころじゃなくなる。

でも、ここまで来たら登りきろう。
a0165316_917165.jpg

a0165316_9173742.jpg

写真で見るより急勾配に感じる岩の道。
恥ずかしながら、子供達に付いて行くのが精一杯な自分。
毎日、サッカー部で練習をしている子供達の肉体的な成長に驚く。
a0165316_9222626.jpg

岩肌に咲く花。
a0165316_9225355.jpg

a0165316_923462.jpg


元気だった子供達も、だんだん寒さで消耗してくる。
a0165316_9235834.jpg

霧で自分のメガネが曇る。


で、なんとかして頂上へ!

万歳!!
a0165316_9295993.jpg

標高3003m。
a0165316_9303099.jpg

頂上にある雄山神社で祈祷。
a0165316_931435.jpg

がんばった子供たちに、この頂上からの大パノラマを見せてやりたかった・・。


下山。
この急勾配、下る方が登るよりも倍怖い。
a0165316_9325711.jpg

そして、岩や石を下に落して他の登山者に当たらないよう気を使う。
a0165316_9335529.jpg

a0165316_9341076.jpg

何度も転んでスリキズをたくさん貰う。

無事に、一の越まで降りられた!
a0165316_9354248.jpg

山小屋で1つ300円のカップラーメンを食べる。美味すぎる。


そして家族5人で再び下山。
a0165316_9373044.jpg

下山を始めた途端、、なんだか霧が晴れだし、視界が開きだす。
おいおいっ!a0165316_9413773.jpg

a0165316_9414671.jpg

え?
a0165316_9421594.jpg

あっ!頂上の雄山神社まで見えてる!
a0165316_943840.jpg

「今、頂上に登った人たちはどんな景色を見ているのだろう?」と思う。


という 2012立山登山でした。




2007~2011までの登山記録はこちら⇒立山登山アーカイブ



~タマケンからのお願い~
ブログのランキングに参加しています
このタマケンブログを応援してください!

下の写真をポチっとクリックお願いします。
↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
ありがとうございました!tamakentaroblog

by tamakentaro | 2012-08-25 07:50 | ★ひとり山岳部★ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/16027751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from MusicArena at 2012-08-30 19:31
タイトル : 立山逍遥 #1
稲荷町~美女平 久しぶりの富山は非常に暑く、連日の猛暑日である。こんなときは標高2000メートルを超える立山の麓で涼を取るに限る。ということで、晴れ上がった朝、電車に乗って山を目指す。といっても大袈裟な旅行とはならない。 実家は富山地方鉄道(地鉄)の稲荷町という駅から徒歩で10分ほどの距離にある。まだ日が高くなる前の朝9:00前に稲荷町駅に着いた。折りよくやってきた地鉄・立山線の立山行き普通電車に乗る。稲荷町からは1時間弱の乗車となる。 このローカル私鉄に乗るのは何年振りであろうか。...... more


<< 萩原が四方転びまくり。      早起きした鳥 >>