2014年 01月 13日
京王線新宿駅のパンダの思い出とべニシアさん。
今日は成人の日(祝日)。
(去年の今日の東京は大雪だったんですよね。)
現場では、今日もタマケン大工みな、がんばっています。
ごくろうさま。
a0165316_17543834.jpg

本当、残りあと少し!


現場からの帰り道、車の中で高校サッカーの実況を聞いていました。
すごい!富山第一高校が劇的な逆転勝利で優勝しました!
「スポーツの弱い富山」の高校が全国制覇です!
や、本当うれしい、涙が出ました。富山県民の喜びが目に浮かびます。
(私にも富山県の血が流れています。)

***************

『京王線新宿駅のパンダの思い出』

中学の時、私は陸上部でした。
熱心な顧問のO先生の指導のもと、
厳しくて強い陸上部だったと記憶しています。
練習場所も校庭だけでなく、週に何度かは各地の陸上競技場へ遠征するほどでした。
最も多く利用しのは、府中にある府中陸上競技場で、
放課後、京王線で新宿駅から府中駅までわざわざ電車で移動していました。
(もう25~27年前ですので、京王線府中駅も高架になる前です。)

実は最近(何故か)、当時のワンシーンを思い出します。
それは、「京王線の新宿駅にはパンダがいた事。」です。

京王線新宿駅改札の前にロボットのパンダがいて、
スタンプを押してくれました。
夏には、「夏の思いでペッタンポン!」と喋っていました。

その後いつ、そのパンダが消えてしまったかは覚えていません。
私が高校生になった頃にはもういなくなっていたのでしょうか?

ネットで検索してみましたが、情報は少なかったです。
それでも、私のようにそのパンダの事を思い出す人が何人かいました。
写真も1枚見つかりました。
(勝手に写真拝借すみません。)
これがそのパンダ。
a0165316_175239100.jpg

最近このパンダの事をたまに思い出すのです。

*****

昨日は日曜日。
休みました。

下高井戸シネマで「べニシアさんの四季の庭」という映画を観ました。
雑誌「チルチンびと」やNHK「猫のしっぽ、カエルの手」などで有名なべニシアさんの、
京都大原暮らしのドキュメンタリー映画。
a0165316_17575729.jpg

ベニシアさんによる単なる庭作りの話かなと思っていましたが、
べニシアさんの家族や人生の(なかなか濃い)物語だったのには驚きました。
や、予想に反しておもしろかったです。

****


タマケンブログです。
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
  ↓     
下の写真をクリックしてください。
(ポイントが加算されます。)
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2014-01-13 17:32 | 【仕事】 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/19337028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 秋葉原 整体師 at 2014-01-13 22:00 x
ペニシアさん、BSで母がたまに見ていますよ~
映画やっているのですね。
休日なのに、現場は作業なのですね。
お疲れ様です。
Commented by tamakentaro at 2014-01-14 08:11
下高井戸シネマで17日(金)まで上映しているようです!
(下高井戸の駅前にある小さな映画館です。)
現場の方は本当追い込みなので、みなで頑張っております!


<< 新しい更衣室。ピザ作り。      玉健時代の多角。鏡開く。 >>