2014年 09月 28日
怖かった〜。。。岩殿山〜稚児落とし!!! 
山梨県:大月にある岩殿山に登ってきました。
妻と三男と・・・・。

結論から言うと、山選びを間違えました(笑)。
幼稚園児を連れて行くような山では無かったのです。

******

快晴で本当気持ちよく、山頂まではよかったんです。
a0165316_2025991.jpg

a0165316_2031168.jpg


山頂を後にして、「兜岩&稚児落とし」という方面へ向かいました。
整備された路は無くなり、だんだん悪路に。
a0165316_2055013.jpg

ロープ場も現れ始めました。
a0165316_2083913.jpg

予想以上に急なロープ場。
a0165316_2092468.jpg

やがて鎖場に。
a0165316_20101548.jpg

ここまで来ると、もう後戻り出来なくなっていました。
a0165316_2014256.jpg

息子をきながら鎖場、ハシゴを垂直に登ります。
(本当、息子を落としちゃいけない恐怖で汗だらだら。)
a0165316_20143540.jpg

後から登って来る妻。
a0165316_20151785.jpg


そして、トラバース出現!!
a0165316_20192844.jpg

トラバースは息子を抱きながらでは無理です。

どうしよ、どうしよ
焦りました。
とりあえず、まず自分だけでトライしてみました。
(息子と一緒に登れるかを探る意味で。)
a0165316_20222935.jpg

a0165316_20224024.jpg

a0165316_20225313.jpg

a0165316_20255670.jpg

登りきったところで、明らかに息子には無理だと判断しました。
私ひとり。この崖をリターン。妻と息子の待つ場所へ。
(写真はありませんが、この崖リターンがかった〜。)

妻と息子と一緒に「迂回路」を歩きます。
この迂回路がまた急でした(笑)。
そして、この迂回路を歩く人は他に誰もいません(それがまた不安・汗)。
a0165316_20321445.jpg



そして、辿り着いた稚児落とし
断崖絶壁です!
a0165316_20342118.jpg

この絶壁沿いを歩くんです。
a0165316_20393649.jpg

自分が怖いのでなく、息子がつまずいて転落でもしたら・・・という恐怖感
本当、転んだら転落な感じ分かりますか(↓)。
a0165316_20421740.jpg


帰路。
遠くから稚児落としを眺めて、改めて「危なかったな〜」と思いました(笑)。
a0165316_20471953.jpg


その後の帰路も、なかなかハード。
a0165316_20433890.jpg



そして無事に下山。
大月駅までも結構な距離でしたが、キンモクセイやコスモス、栗や柿。
秋を楽しみながら歩きました。
a0165316_20482446.jpg


登山開始から時間分が経ち、
14時15分:大月駅到着!


なかなか疲れました!
(文句も言わずに一緒に登山を完遂した三男がんばった。)


〜反省:①事前にもっと調べていこう。②危ない山は子供を連れて行かない。



とは言え、また行きます!



タマケンブログです。
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します。

  ↓    
 
下の写真をクリックしてください。
(ポイントが加算されます。)
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2014-09-28 21:58 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/20238409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 秋葉原 整体師 at 2014-09-29 23:05 x
息子さん、頑張りましたね!
いや~すごい所ですね。僕は、ビビって歩けそうにないです(笑)
Commented by tamakentaro at 2014-09-30 08:02
いえ、私も途中怖くなって歩けませんでしたよ。
1回、怖いと思ってしまうと、そういうモードから戻れなくなってしまうんですね。でも、逆に子供は怖いという発想が無かったのかもしれません(笑)。


<< 松本VS      色褪せた勲章を捨てて。 >>