2015年 06月 07日
トマの耳、オキの耳~谷川岳!
タマケンひとり山岳部。

今日は、谷川岳。

遭難事故数が世界ワースト1位。
それがギネスにも認定されている魔の山です。

ただし、遭難滑落は一ノ倉沢などロッククライミングな岩場での話。
一般ルートを歩けば、本当すてきな山行が待っていました。
a0165316_18243871.jpg


以下、その記録です。
****************

今日も早起き。
関越道で「みなかみIC」へ。
素晴らしい快晴です!
a0165316_18245726.jpg



今日は三男も一緒です。
天神平まではロープウェーを利用します。

朝7時、がらがらの土合口駅のチケット売り場。
a0165316_18251268.jpg


ロープウェーに乗り込みます。
a0165316_18252769.jpg


年上な山ガール4人組と同乗。
a0165316_18254081.jpg



天神平に到着。
ここから、あの山頂を目指して歩きます!!
a0165316_18462121.jpg


※谷川岳は双耳峰(山頂に2つのピークが並ぶ山)です。
左に見えるピークはトマの耳、右に見えるピークにはオキの耳という名前があります。
(標高は、トマの耳が1.963m。オキの耳が1.977m。)

7:40 登山スタート!
a0165316_18261734.jpg


しばらくはトラバースな道が続きます。
a0165316_18264090.jpg


ちょっとした鎖場も。
a0165316_18265597.jpg



谷川岳の全貌が現れました。
a0165316_1827790.jpg


がんばります!

さて。
驚いたのは、樹林帯でのセミの大合唱!
東京でさえまだセミの鳴き声を聞いていないのに、雪が残るこの山の中でセミの音。

そのセミの撮影に成功しました。
a0165316_18272162.jpg


名はエゾハルゼミ、絶滅危惧種だという事です。


さらに樹林帯を進みます。
a0165316_18273883.jpg


たくさんの花が咲いていました。
イワウチワ
a0165316_18275117.jpg


イワカガミ
a0165316_1828370.jpg


アカヤシオ
a0165316_18281417.jpg


タニウツギ
a0165316_18282523.jpg


6月は花の見頃なんでしょうか。


穴熊沢避難小屋に到着。
ここで一服して、また先に進みます。
a0165316_18284044.jpg



たびたびロープ場&鎖場が現れました。
a0165316_18285347.jpg


a0165316_1829661.jpg


実際には、鎖がなくても大丈夫なレベルです。
三男はアスレチック気分。
a0165316_18292088.jpg


a0165316_18293482.jpg


気付けば、だいぶ標高が上がっていました。
a0165316_18294820.jpg


a0165316_18295947.jpg


a0165316_18301185.jpg


モチベーションがさらに上がります。


そして。
最初のピークが目前に現れました。
a0165316_18302482.jpg


森林限界も越えています。
a0165316_18303519.jpg


a0165316_18304943.jpg


a0165316_1831734.jpg


a0165316_18312119.jpg


雪渓に挑みます。
a0165316_18313443.jpg


雪融けの水は手が痛くなるほどです。
a0165316_1832588.jpg


軽アイゼン(チェーンスパイク)を準備してこなかったので、少し不安になりましたが、
a0165316_18314446.jpg


トレースの上を慎重に登って行けば、アイゼンが無くても大丈夫でした。
a0165316_18323555.jpg


青い空と白い雪。
a0165316_18315936.jpg



雪渓を過ぎ、
a0165316_18331922.jpg


頂上手前の山小屋「肩の小屋」の脇でまた休憩。
a0165316_18333470.jpg


持参した大福を食べる三男。
a0165316_18334889.jpg


群生する巨大なタンポポ。
a0165316_1834258.jpg




そこから数分、
a0165316_18342399.jpg


トマの耳(1.963m)に到着です。
a0165316_18343949.jpg



もうひとつのピーク「オキの耳」も見えました。
a0165316_1835185.jpg


いざ、オキの耳!
a0165316_18351392.jpg


振り返ると、トマの耳の後ろ姿。
a0165316_18352664.jpg


ハクサンイチゲ。
a0165316_18353831.jpg


a0165316_18355189.jpg


そしてようやく、オキの耳(1.977m)に到着です。
a0165316_1836981.jpg


本当素晴らしい景色に感動しました。。。
a0165316_18362299.jpg


a0165316_8263410.jpg


その後、
オキの耳からもう少し先の「奥ノ院」まで歩きました。
a0165316_18363599.jpg



奥ノ院の切れ落ちた崖から、多くの人が向こうの絶壁を眺めています。
a0165316_18364818.jpg


なんと!
「魔の山:谷川岳」の所以たるロッククライミングの現場でした。
a0165316_1837234.jpg


見ているだけで高所恐怖症・・。
a0165316_18371227.jpg


すごすぎます。


まだまだ山頂にいたい気持ちでしたが、
a0165316_18375856.jpg


意を決めて下山。
来た道を戻ります。
a0165316_18383170.jpg


a0165316_18384649.jpg


a0165316_1839081.jpg



三男。
今日は本当、疲れ知らずに元気でした。
すれ違った多くの方から、「すごいね~、何才なの?」って言われて何度も照れ笑い。
だいぶ体力がついたと思います。
a0165316_18395323.jpg


a0165316_18401020.jpg





そして。

無事に天神平まで戻って来れました。
a0165316_1840313.jpg


遠くに見えるトマの耳とオキの耳。


天神平からは再びロープウェー。
a0165316_18404244.jpg






谷川岳。
さすがの百名山。
素晴らしい山行が出来ました!


こんな天気に、こんな景色を眺めて登っていたら
ますます山にハマってしまいそうです。



ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2015-06-07 23:11 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/21321671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 家具作りと次男      夕焼け簡易ハーネス >>