2015年 07月 12日
八ヶ岳デビュー!赤岳&横岳。
タマケンひとり山岳部

ついに(やっと)、八ヶ岳デビュー!
最高峰:赤岳にチャレンジしてきました!

a0165316_16125234.jpg



以下、その記録です。
************



家を出たのは、午前2時40分。
しっかり早寝したので、体調は万全。

中央道は諏訪南ICで下り、
八ヶ岳ズームラインから見た八ヶ岳。
a0165316_16132910.jpg


a0165316_16133966.jpg




美濃戸口を過ぎ、
駐車場がある赤岳山荘までは、舗装無きガタガタ道。
a0165316_1613524.jpg


大きな段差や石で、何度か車体下部を擦りました。

赤岳山荘に到着。
a0165316_1614448.jpg


まだ5時だというのに駐車場はほぼ満車。
さすが大人気メジャーマウンテン。
もう少し到着が遅ければ、美濃戸口まで戻ってそこから歩く事になっていたかもしれません。
a0165316_16141737.jpg





5時10分、出発。
a0165316_16142796.jpg


赤岳を目指すので、南沢ルートへ!
a0165316_16143853.jpg


苔むす樹林帯。
a0165316_16145444.jpg


川沿いを歩きます。
a0165316_16151046.jpg


a0165316_16151956.jpg


江頭さんの道標をひとつ発見。
a0165316_161530100.jpg


まだ太陽の光が届かず、少し薄暗い樹林帯。、
a0165316_16154212.jpg


a0165316_16155438.jpg


a0165316_16165193.jpg


a0165316_1617197.jpg





陽が差し込んできたのは6時半頃。
a0165316_16171839.jpg


a0165316_16172977.jpg


眩しくて目が明けられない程でした。
a0165316_16173881.jpg




しばらくすると、急に視界が開けます。
「白河原」と呼ばれる河原のような道。
a0165316_16175015.jpg


前方には、赤岳が現れました。
a0165316_1617595.jpg


まだまだ遠い道のり。

白河原にはヘリポートもありました。
a0165316_1618860.jpg





歩き始めて2時間。
7時10分に、行者小屋に到着。
大勢の登山者でとても賑やかでした。
a0165316_16182158.jpg


テント泊の方々もたくさんいます。
a0165316_16183331.jpg


鮭おにぎりでエネルギー補給。
a0165316_16184284.jpg




この行者小屋から赤岳までは、3つのルートがあります。
地蔵屋根、文三郎屋根、中岳道。
どのルートも、難易度、標準タイムがあまり変わらなそうなので、
(何も考えず)文三郎屋根から登る事にしました。
a0165316_1619658.jpg


7時40分、再出発!
a0165316_16193886.jpg



さあ、始まりました!急登祭り。
a0165316_16194822.jpg


階段地獄!
a0165316_16195847.jpg


a0165316_1620877.jpg


気温も上昇、汗が流れ出ます。
妻は、ゼエゼエハアハア、遅れだしました。
a0165316_1620193.jpg


それでも、頑張ってついてくる妻。
a0165316_16202832.jpg


a0165316_16203921.jpg


赤岳山頂はまだまだ。
a0165316_1620486.jpg



気がつけば森林限界を越えていました。
後ろに見えるのは中岳、阿弥陀岳。
a0165316_16205899.jpg



階段は続きます。
a0165316_1621919.jpg


a0165316_16211886.jpg


a0165316_16212788.jpg



横岳と硫黄岳も見えます。
a0165316_16215086.jpg


シャクナゲ。
a0165316_16215935.jpg



最後の階段!
a0165316_1622103.jpg


「マムート」の印が入っています。
a0165316_1622191.jpg


あと少し!
a0165316_16222919.jpg


階段を登り切ったところで、中岳&阿弥陀岳からの道と合流。
a0165316_16223894.jpg


ここから見える中岳&阿弥陀岳の屋根が、なんとも言えずキレイでした。
a0165316_16224875.jpg


a0165316_16225986.jpg


この景色に見惚れながら休憩。
a0165316_16231042.jpg



ここから先、山頂までは岩壁です。
a0165316_16231985.jpg


鎖と梯子が連続。
a0165316_16232782.jpg


a0165316_1624370.jpg


a0165316_16242468.jpg


a0165316_16243574.jpg


a0165316_16244768.jpg


a0165316_1624575.jpg


a0165316_1625874.jpg


a0165316_16251747.jpg


チシマギキョウ
a0165316_16253072.jpg


そして、最後の梯子を登りきると、
a0165316_16254087.jpg


a0165316_1625493.jpg


そこは赤岳頂上!!標高2.899mです。
a0165316_1626093.jpg


a0165316_16261456.jpg


遠くに、北アルプスの山々も見えました。
a0165316_16263023.jpg


剱岳も・・・。
a0165316_16264548.jpg



少し先に、赤岳頂上山荘があります。
a0165316_1627076.jpg


そちらへ移動して休憩することに。
a0165316_1627212.jpg


a0165316_16273386.jpg


赤岳頂上山荘で買った缶ビール。
a0165316_1627463.jpg


感涙。


休憩中、雲を眺めていました。
a0165316_1628353.jpg


雲は、屋根の東側で発達し迫ってきます。
がしかし、西側からの風を受けて押し戻されます。
雲は、西側まで来ることが出来ないのです。
面白い現象ですよね。
a0165316_162815100.jpg



赤岳頂上山荘から見た赤岳頂上。
a0165316_16283669.jpg


ミヤマダイコンソウ
a0165316_16284688.jpg




時刻は10時。
本当はここから、地蔵屋根を下って帰るつもりでしたが、
予定よりも時間短縮できているし、天気は最高だし・・・・。
「よし、横岳まで行ってしまおう!」、そう決めました。
a0165316_1654292.jpg




赤岳から横岳方面へ下ります。
a0165316_16541553.jpg


a0165316_16542425.jpg


a0165316_16543252.jpg


ミヤマシオガマ
a0165316_16544258.jpg




赤岳展望荘に到着。
振り返れば、先ほどまでいた赤岳頂上。
a0165316_16545490.jpg


赤岳展望荘でトイレを借りました。
a0165316_1655389.jpg


100円です。


そして、地蔵屋根への分岐地点「地蔵ノ頭」。
a0165316_16551739.jpg


ここから西へ下れば行者小屋ですが、
我々はその先の横岳へ。
a0165316_16552636.jpg


(※ちなみに横岳登頂後、この地蔵ノ頭まで戻ってくる予定です。)


ちなみに・・・妻はすでに農家のおばさん状態。
日差しから顔を守る為ですが。。。
a0165316_16554467.jpg



西側へ来れない雲を横目に、進みます。
a0165316_16555691.jpg


a0165316_16562538.jpg


a0165316_16563519.jpg


a0165316_16564530.jpg


イワツメクサ
a0165316_16565693.jpg


ちなみに横岳とは、連続するピークの総称です。
赤岳の方から言うと、
二十三夜峰、日ノ岳、鉾岳(ほこたけ)、石尊峰(せきそんほう)、三叉峰(さんしゃほう)、無名峰、
そして奥ノ院。これら大小のピーク一帯全てが横岳なのです。
(山頂標識は、最後の奥ノ院にあります。)

その事を知らなかった私。
やっと頂上に到着したかと思えば、次のピークがその先にある。
その繰り返し。
そして、UP&ダウンが続くギザギザの稜線。
疲れます!
a0165316_165710100.jpg


a0165316_16571942.jpg


すれ違った方から「ここから先は、緊張感の連続ですよ」と言われました。
実際、なかなかの岩場が現れました。
けれど・・・両神山の八丁屋根を経験したせいかもしれませんが、特に緊張せずに進む事ができました。。
a0165316_16573169.jpg


a0165316_16573997.jpg


a0165316_16574844.jpg


a0165316_16575957.jpg


高山植物の花畑
a0165316_16581145.jpg


ゴジラの背中のような岩。
a0165316_16582270.jpg



何度もピークを越えて、
a0165316_16584192.jpg


最後の梯子を登り、
a0165316_16585148.jpg


ようやく横岳頂上(奥ノ院)に到着しました。
標高2.829m、11時35分でした。
a0165316_16594100.jpg


奥には硫黄岳。
a0165316_16591449.jpg


硫黄岳まで行こうかなとも思いましたが、
時間の事を考えるとやはり無理。次回。

東の雲もどこかへ消えて、富士山も顔を出しました。
a0165316_16592732.jpg


金峰山の五丈岩も。
a0165316_16593748.jpg



こんな晴れた日に八ヶ岳に登ることができて、本当よかったなと思いました。
a0165316_16595790.jpg





そして下山。
地蔵ノ頭までは、来た道を戻ります。
a0165316_1703776.jpg


ウルップソウ
a0165316_1704785.jpg


a0165316_171022.jpg


a0165316_171963.jpg


a0165316_17119100.jpg


a0165316_1714535.jpg


a0165316_1715510.jpg


a0165316_172360.jpg



地蔵ノ頭に戻ってきました。
a0165316_1721455.jpg


ここからは、地蔵屋根を下ります。
地蔵屋根も文三郎屋根と同様に急勾配!
登りじゃなくてよかった〜とつくづく思いながら下ります。
a0165316_1722226.jpg


a0165316_1723148.jpg


a0165316_1724046.jpg


樹林帯に突入したところで妻転倒。
a0165316_1724986.jpg


そして、しばらく樹林帯を歩けば、
a0165316_173133.jpg


行者小屋に戻って来れました。
a0165316_173930.jpg


振り返れば、赤岳と横岳。
a0165316_1732445.jpg


a0165316_1733978.jpg


a0165316_1734995.jpg



水場で水を補給させて頂きました。
a0165316_174164.jpg


冷たい水で喉を潤し、再び南沢コースを歩きます。

白河原にあるヘリポートから、
ヘリのように一瞬で飛んで帰りたい気分でしたが、
a0165316_1742836.jpg


ここから約1時間30分。。延々、樹林帯を歩きます。
a0165316_1743853.jpg


a0165316_1744752.jpg


a0165316_1745593.jpg


a0165316_1751045.jpg


登山口に戻ってこれたのは、15時10分。
a0165316_1752121.jpg


登山開始から、ちょうど10時間が経っていました。
今までで最長記録です。
本当充実した山行になりました。
a0165316_1753232.jpg



いずれは山頂小屋に泊まって、夕焼けや星空、朝焼けを眺めてみたいと思いました。


a0165316_176532.jpg


編笠山、権現岳、阿弥陀岳、硫黄岳、天狗岳、根石岳、北横、蓼科山・・・
八ヶ岳、いずれ完全制覇してみましょう。
まだまだ楽しめそうです。



ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2015-07-12 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/21446713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2015-07-15 09:21
タイトル : コマクサ、シャクナゲ、レンゲツツジ、アヤメなどが群生する..
池の平湿原の高山植物Alpineplants in Ikenotaira wetlands 池の平湿原は多様な自然がおりなす、”高山植物の宝庫”といえる自然を満喫できるところです。私たちが行った7月初旬にはレンゲツツジ、アヤメの大群落を始め、珍しいコマクサの群落やシャクナゲなど多くの高山植物を楽しむことができました。... more


<< お迎え火&浴室改修      建具フェアと煙突清掃 >>