2015年 08月 06日
剱岳へ(1) ~立山(雄山、大汝、別山)から剣山荘へ
タマケンひとり山岳部。

剱岳へ挑戦
a0165316_16225357.jpg



まずは1日目の記録です。
***********

AM3時8分、家を出発。
a0165316_16245759.jpg


室堂へは、いつも富山側からのアプローチでしたが、
今回初めて長野側から向かいました。

中央道から長野道へ。
安曇野IC.で高速を下り、扇沢へ。

猿にも遭遇。
a0165316_1625947.jpg




扇沢に到着したのは6時20分。
車は駅前の有料駐車場に停め、
アルペンルートの乗車券を購入するための列に並びました。
a0165316_16275939.jpg


扇沢~室堂の往復乗車券。
a0165316_16289100.jpg




始発7:30発のトロリーバスで黒部ダム駅へ。
a0165316_16282088.jpg


バスを降り、ひんやりした涼しいトンネルを抜けると、
a0165316_1628302.jpg


黒部ダム。
a0165316_16284215.jpg


ダム建設で亡くなった多くの方の慰霊碑に手を合わせました。
a0165316_16285355.jpg


次のケーブルカー乗車駅:黒部湖駅までは、ダムの端から端を歩きます。
a0165316_1629521.jpg


大迫力のダム放水。
a0165316_16291825.jpg


黒部湖駅からは、
a0165316_16294294.jpg


ケーブルカーに乗って黒部平へ。
a0165316_16295512.jpg


黒部平の展望台から見た立山の後姿。
a0165316_1630657.jpg


大観峰へはロープウェイで。
(途中に支柱が無いワンスパン方式としては日本最長だとか。)
a0165316_16301647.jpg


↑すれ違ったロープウェイの写真です。
よく見ると、滑車上部に人がいます!!びっくり。

大観峰からは再びトロリーバス。
室堂へ。
a0165316_1631361.jpg



9:10 室堂バスターミナルに到着。
山岳情報を掲示板で確認。
a0165316_16314725.jpg


6日前、剱岳「カニのよこばい」で事故があったという情報・・。
気が引き締まりました。


さて、今日はこれから山小屋:剣山荘へ向かいます。
(剱岳の麓にある山小屋です。剱岳には明日の朝アタック!)

剣山荘までは、雷鳥沢キャンプ場、別山乗越経由の最短ルートで向かうつもりでした。
(下地図の青ルート。)

が、天気がかなりいいので変更。
立山(雄山~大汝山~富士ノ折立~真砂岳~別山)の稜線を歩きルートにします!。
コースタイムは、休憩時間を含めると6時間程度。(下地図の赤ルート)。
a0165316_16315996.jpg




登山届を提出!
a0165316_16321195.jpg


昨日、モンベルの山岳保険にも加入しました。
(今回の山行2日間に対しての保険です。)


室堂は大快晴、風も穏やか。
a0165316_16322214.jpg


9:20 出発です!
a0165316_16324356.jpg




雪渓は例年よりも多い気がしました。
a0165316_16325374.jpg


a0165316_1633580.jpg



空の青、植物の緑、雪の白、めちゃくちゃキレイです。
a0165316_16331523.jpg



10:08 一ノ越に到着。
a0165316_16332761.jpg


a0165316_16333686.jpg


すでに標高2700m。
コンビニで買った大福の袋はパンパンに膨らんでいました。
a0165316_16334672.jpg



10分ほど休憩した後、雄山山頂へ向けて歩き始めました。
a0165316_16335740.jpg


a0165316_1634880.jpg


岩の急登。
落石を起こさぬよう注意して登ります。
a0165316_1634489.jpg


a0165316_16351677.jpg


a0165316_16352632.jpg


a0165316_1635367.jpg


岩の間に咲く花たち。
a0165316_16355046.jpg





地元:富山の小学6年生たちの登山遠足で、ところどころ渋滞が起きていました。
a0165316_1636369.jpg


ちなみに、私の富山の祖父母は学校の先生でしたので、
現役の頃は多くの小学生を引率して立山に登ったそうです。

三ノ越で休憩してから、
a0165316_16361692.jpg


雄山山頂へラストスパート!
a0165316_16365097.jpg


a0165316_1637180.jpg


a0165316_16371124.jpg


a0165316_16372179.jpg



11:13 立山:雄山山頂に到着です。
a0165316_16373152.jpg


山頂は、たくさんの人で賑わっていました。
a0165316_1637435.jpg




頂上にある雄山神社に参拝。
a0165316_16375311.jpg


a0165316_1638360.jpg


登山の安全も祈願して頂きました。
a0165316_16381385.jpg


「明日、剱岳に無事に登れますように」。
そして御神酒を一杯。
(ちなみに、この社殿のある場所が、雄山の最高点3.003mです。)

社殿から見た雄山山頂。
a0165316_1638308.jpg


チシマギキョウ。
a0165316_1638417.jpg


風にたなびく吹き流し。
a0165316_16385251.jpg




ここからは、いよいよ縦走路。
稜線歩きが始まります。
a0165316_1639357.jpg



まずは大汝山へ向かいます。
a0165316_16391338.jpg


ほとんどの方が室堂~雄山のピストン登山なので、
ここからはだいぶ人が少なくなります。
a0165316_16392311.jpg


雄山を背にして進みます。
a0165316_16393290.jpg


20分ほどで大汝山に到着。
標高3.015m。
地味ですが、ここが立山の最高峰。
a0165316_16394397.jpg


眼下には黒部湖、黒部ダムが見えます。
a0165316_16395338.jpg


大汝山休憩所。
映画「春を背負って」で、蒼井優さん、松山ケンイチさんが働いていた山小屋です。
蒼井さんが屋根に上がって布団を干すシーンが印象に残っています。
a0165316_1640669.jpg


ベンチに座って干し梅を食べました。
a0165316_16401693.jpg


本当は小屋のカレーでも食べてゆっくり休みたかったのですが、
剣山荘への到着時間が心配だったので先を急ぎました。
a0165316_1640342.jpg


富士ノ折立を過ぎ、
a0165316_16404449.jpg


前方には内蔵助カール。
a0165316_16405492.jpg


そしてこれから歩く稜線(真砂岳~別山)が見えます。
そして、その奥にそびえる剱岳も。
a0165316_16411954.jpg




内蔵助カール。
この雪渓は秋になっても雪が残る万年雪。
a0165316_16413028.jpg


雪の深さは20~30m。
氷河だという可能性もあり、現在調査が行われているそうです。
a0165316_16414077.jpg



そんなすごい雪渓を横に見ながら真砂岳へ続く稜線を進みました。
a0165316_16414938.jpg


本当、気持ち良すぎ。

振り返ると、雄山山頂からの道程が見えました。
ずいぶん歩いてきました。
a0165316_1642099.jpg



チングルマ。
a0165316_1642997.jpg


花が終わると花柱と呼ばれる部分が、
羽毛のように伸びます。花よりもこの姿が印象的ですよね。

13:02 真砂岳山頂(2.861m)! 
a0165316_16422355.jpg



休まず別山へ向かいました。
a0165316_16424039.jpg


a0165316_16425719.jpg


a0165316_16432090.jpg


妻、バテ始めました。
a0165316_1644205.jpg


時間短縮の為、巻き道を歩きます。
「積雪時危険」の看板がありましたが、現在は問題ありません。
a0165316_16443330.jpg



ハイマツの間を歩き、
a0165316_16444336.jpg


別山の屋根へ出ると・・・・・・・・・・・・
a0165316_1644517.jpg




わっ・・!!

つ、ついに.

剱岳が全貌を現しました!

a0165316_16453747.jpg


夢に見たこれが剱岳!!!!
目頭が熱くなりました。
a0165316_16454892.jpg


しばらく立ち尽くし、
a0165316_1646096.jpg


a0165316_16464292.jpg


険しい山容を眺めていました。
a0165316_16471270.jpg



明日、あの山頂へ行きます。
a0165316_1647336.jpg




剣山荘へ。
別山から剱沢への斜面を下ります。
a0165316_1648755.jpg


a0165316_16481621.jpg


a0165316_16482551.jpg


途中何度も立ち止まり、剱岳を眺めながら。
a0165316_16483593.jpg



チングルマ。
こちらは花のほう。
a0165316_16491589.jpg




14:38 剱沢キャンプ場に到着。
a0165316_16492989.jpg


テントも買ったし、本当はここでテント泊も考えました。
が、初テント泊&初剱岳は、ハードルが高すぎるので止めました。
ちなみに・・・山小屋泊も初めてです(笑)。剱岳、、心配です。

これは、剱岳キャンプ場の管理所。
建物内には診療所や警察署もあります。
a0165316_16494348.jpg



剣山荘まではここから20分ほどの道程なのですが、
ここからが長く感じました・・・・。
寝不足もあり、夫婦ともヘトヘト。
a0165316_16495377.jpg


a0165316_1650395.jpg


a0165316_1650137.jpg


そして妻、ダウン(笑)。
a0165316_16502293.jpg


「あと少しだ、頑張れ!」
そう励ますしかありませんでした(笑)

剣山荘は目前。
a0165316_1650397.jpg


名も無き池がとてもキレイでした。
a0165316_16504812.jpg




15:22 ようやく剣山荘に到着です。
a0165316_1651037.jpg


スタートしてから、6時間02分後でした。

受付を済まし、荷物を下して、まずは祝杯。
a0165316_16511042.jpg


キンキンに冷えていました。。。。涙。

山荘のテラスで山々を眺めながら疲れを癒しました。
a0165316_1651215.jpg




初めての山小屋泊。
与えられた寝床は、2段ベット上部。
a0165316_16513722.jpg


8人が布団を並べます。
隣にオジサンとかいたら嫌だな・・とか思っていましたが、
幸いにも両隣は空き!
3組の夫婦が1つの空き布団を挟んで並びました。
(〇〇X私妻X〇〇)。ご配慮ありがとうございます。

シャワーも浴びました。
とてもきれいなシャワー室。
山小屋でシャワーってかなり珍しい事のようです。
もちろん石鹸やシャンプーはNGですが、今日一日の汗を流せて
とても気持ち良かったです。

他の宿泊者さんとも自然に山の話が弾みました。
剱岳という同じ目標を共有している一体感。

夕食は5時から。
a0165316_16515184.jpg


ご飯は、おかわり自由。
大盛り2杯を食べました。

本当キレイな山小屋でした。
a0165316_1652158.jpg


a0165316_16521439.jpg




夕食後、就寝までの時間を外のテラスで過ごしました。
a0165316_16523026.jpg


西の空は山に隠れていますが、東の空が焼けていました。
a0165316_16524163.jpg


アーベントロート。赤く染まった別山。
a0165316_1652542.jpg




やがて、月が登りました。
a0165316_16537100.jpg


眩しい程の月明かり。

後から知りましたが、今日の月は「ブルームーン」だったそうです。
青い月ではありません。
ひと月で2回目の満月の事をブルームーンと呼ぶようです。
3年に一度の珍しい現象。
a0165316_16533862.jpg


ただ・・・月が明るすぎて、
期待していた満天の星空は見れませんでした。


そして 20時就寝。

明日は、
いよいよ剱岳に登ります!



ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2015-08-06 16:57 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/21522695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 秋葉原 整体師 at 2015-08-06 19:25 x
遠足で、こんなに高い山に登るとは、富山の小学生すごすぎ!
Commented by tamakentaro at 2015-08-07 07:46
立山の雄山は、うちの子はみな幼稚園の時に登りました。落石さえ無ければ6年生ならば大丈夫ですよ。それにしても、学校行事で立山って本当うらやましいですよね。


<< 剱岳へ(2) ~剱岳アタック!      岩殿山2〜ウォーミングアップ劔岳。 >>