2015年 08月 07日
剱岳へ(2) ~剱岳アタック!
タマケンひとり山岳部。

剱岳へ
a0165316_16333833.jpg



アタックの記録です。
**********

剱岳に登る朝がやって来ました。
朝3時に起床。

朝早く出発する人の為に剣山荘さんが用意してくれたお弁当を
食堂で食べました。
a0165316_1634365.jpg



必要な荷物だけを詰めたアタックザックを担いで、
剣山荘を出発(3:55)。
東の空がうっすら明るくなっています。
a0165316_16344186.jpg



ヘッドライトを装着。その明かりを頼りに進みます。
今日は持参したヘルメットとハーネスも着用。
a0165316_16345326.jpg


西の空にはブルームーン。
a0165316_1635230.jpg



暗闇の鎖場。
a0165316_16351344.jpg



一服剱にて。
美しい夜明け前。
a0165316_1635254.jpg



ここで防寒の為に来ていたレインウェアを脱ぎました。
a0165316_16353571.jpg




まずは前剱へアタック。
剱岳を守る門番的な山。
a0165316_16354769.jpg


空が白み始めました。
a0165316_16355729.jpg


西の空には月が沈んでいきます。
a0165316_163686.jpg



前剱のガレ場。
a0165316_16362383.jpg


第三の鎖が登場。
a0165316_16363350.jpg


a0165316_16364447.jpg


まだ余裕です。
鎖に頼らず登ります。
a0165316_1636553.jpg


昨日の疲れもありません。

モルゲンロート。
a0165316_1637521.jpg


a0165316_16371462.jpg



第4の鎖を越えれば、
a0165316_16372418.jpg


a0165316_16373411.jpg


前剱の頂上まではあと少し。
a0165316_16374532.jpg


a0165316_16375695.jpg



前剱の頂きに立った時、
a0165316_1638879.jpg


御来光を見ました。
a0165316_16382324.jpg


a0165316_16383218.jpg


正直、泣きました。
a0165316_16384399.jpg


御来光に乾杯、水を飲みます。
a0165316_16385241.jpg


遠くの雲海。
a0165316_1639121.jpg


太陽が上がる様子をしばらく見ていました。
a0165316_16391183.jpg




前剱を制覇し、ようやく剱岳の本峰が現れました。
再び進みます。
a0165316_1639237.jpg


朝日を浴びたチシマギキョウ。
a0165316_16393251.jpg



最初の難関が近づいています。
a0165316_16394570.jpg


4mの鉄ブリッジと5番鎖です。
a0165316_1656385.jpg


先行する方の動きをよく確認してから進みました。
a0165316_16565632.jpg


a0165316_165766.jpg


a0165316_1657168.jpg


a0165316_16572418.jpg


a0165316_16573480.jpg


5番鎖が終わるとすぐに6番鎖。
a0165316_16574988.jpg


a0165316_1658145.jpg



前剱の門を過ぎた頃にはだいぶ太陽が上がっていました。
a0165316_16581239.jpg


a0165316_16582691.jpg



いよいよこれから平蔵シリーズに突入。
まずは、平蔵の頭。
a0165316_16583866.jpg


ケミカルアンカー:鉄筋を頼りに慎重に一歩一歩。
a0165316_16584941.jpg


a0165316_16585738.jpg


a0165316_1659737.jpg


スラブ状の岩壁をトラバース。
a0165316_16591792.jpg


a0165316_16592762.jpg


a0165316_16593540.jpg


続いて、平蔵のコル。
a0165316_16594486.jpg


a0165316_1659521.jpg



そしてついに、剱岳登りの核心部:「カニのタテバイ」。
a0165316_1702325.jpg


a0165316_1704552.jpg

a0165316_1705671.jpg


ゾクゾクする緊張感。
それがとても気持ち良かったりします。
a0165316_171798.jpg


a0165316_1711593.jpg


a0165316_1712480.jpg


高度感が半端じゃありません。
a0165316_1713511.jpg


a0165316_1714465.jpg


a0165316_1715629.jpg


無事にクリア!
a0165316_172838.jpg


タテバイを過ぎたところも急な岩場。
a0165316_1722456.jpg




さきほど通過してきた「平蔵の頭」を俯瞰して見える場所にきました。
a0165316_1723385.jpg


「あんなところを下ってきてたのか・・・」
a0165316_173319.jpg


冷静に、客観的に見て、少しビビりました。
(ちなみに、帰り道はあの岩壁を登ります(笑))。

さあ。
剱岳山頂へのビクトリーロード
a0165316_1732183.jpg


a0165316_1733145.jpg


a0165316_1734056.jpg


ついに、剱岳の頂上に立ちました!
a0165316_1735277.jpg


8月1日(土)AM6時40分。
本当に、剱岳に登ってしまいました。感無量。

感謝。祠に手を合わせます。
a0165316_1741017.jpg


忘れずにタマケンフラッグを剱山頂に掲げました。
(ちなみに、ヘルメットはタマケンヘルメット。)
a0165316_1742420.jpg



山頂からの360°のパノラマ。
a0165316_1743644.jpg


a0165316_1744712.jpg


ずっと眺めていたかった。
a0165316_1745857.jpg



山頂には、35分ほど滞在。
だんだん人が増え始めたので下山する事にしました。
名残惜しいですが。
a0165316_1751076.jpg


a0165316_1752168.jpg




ちなみに、あの岩。落ちないか心配。
a0165316_1753593.jpg




さて、下山を始めて早々。
下山ルートの核心部「カニのヨコバイ」が現れました。
a0165316_1761522.jpg


絶壁のトラバース。
その絶壁に至る最初の一歩目をどこに置いていいのかが分からないのです。
a0165316_1762571.jpg


6日前も、ここで事故が起きています・・。

ここで。
初めて、準備していたハーネス&スリング、カラビナを使用する事に。
(現場の安全帯と同じです。)
a0165316_1764172.jpg


スリング&カラビナで鎖とつながっている安心感。
そのおかげで最初の一歩目はスムーズに置く事ができました。
a0165316_1765142.jpg


a0165316_177599.jpg


a0165316_1771817.jpg


a0165316_1772918.jpg



カニのヨコバイが終わるとすぐに梯子が登場します。
a0165316_1774099.jpg


これが意外に怖かった。
体を反転させて取り付くとき、鎖が足にひっかかりそうになりました。。
a0165316_1774979.jpg


a0165316_178883.jpg


a0165316_1781772.jpg


梯子の下にはすぐ鎖。
a0165316_1782663.jpg


振り返ると、カニのタテバイが見えました。
a0165316_1784185.jpg


やはり怖そうですよね。

そして再び平蔵シリーズ。
平蔵のコル、平蔵の頭が見えました。
a0165316_1712930.jpg


まずは平蔵のコル。
a0165316_17124180.jpg


a0165316_17125036.jpg



続いて平蔵の頭。
a0165316_1713168.jpg


a0165316_17133661.jpg


a0165316_17135364.jpg


a0165316_1714199.jpg


a0165316_17141330.jpg


a0165316_17142391.jpg



前剱の門。
a0165316_17143566.jpg


a0165316_17144623.jpg


a0165316_17145629.jpg



御来光を見た前剱の頂上まで戻ってきました。
a0165316_17151332.jpg


気を抜かず最後まで慎重に下山します。
前剱からの下山時の事故がとても多いそうです。
a0165316_171535100.jpg



岩の殿堂:剱岳ですが、
このあたりは、たくさんの花が咲いていました。

イワツメクサ
a0165316_17154774.jpg


ハクサンフウロ
a0165316_17155691.jpg


クルマユリ
a0165316_1716415.jpg


ト、、、トリカブト、
ハクサントリカブトです。
a0165316_17161470.jpg


ミヤマアキノキリンソウ
a0165316_17162538.jpg


ミヤマリンドウ
a0165316_17163587.jpg




ようやく剣山荘が見えてきました。
a0165316_17165078.jpg


気温もだいぶ上昇、汗だく状態。
a0165316_17165861.jpg


コバイケイソウ
a0165316_1717728.jpg


a0165316_17171585.jpg


イワカガミ
a0165316_17172393.jpg


チングルマ(花)
a0165316_17173452.jpg


花が終わったチングルマ
a0165316_17175189.jpg


毛になったチングルマ
a0165316_1718857.jpg


ハクサンイチゲ
a0165316_17183078.jpg



9:40 無事に剣山荘に戻って来れました。
a0165316_17184250.jpg


達成感!
a0165316_1718543.jpg


朝3時に食べた朝食からすでに6時間半が過ぎ、だいぶ空腹。
カレーを作ってもらいました。
a0165316_1719776.jpg



デポしていたザックにアタックザックや荷物をしまいます。
a0165316_171916100.jpg


すでに清掃が終わっていた寝床。
a0165316_17192445.jpg



初めての山小屋:剣山荘さん、さようなら。
a0165316_17193355.jpg


10:45 帰路につきました。
a0165316_17194355.jpg


剱岳が一歩づつ遠くなります。


帰り道は、別山乗越、雷鳥沢を経由して室堂に至るルート。

剱岳アタックで約5時間40分行動しており、再び背負った重いザック。
帰り道は足が重くヘトヘトでした(笑)。
a0165316_17195297.jpg


a0165316_1720245.jpg



アオノヅカザクラ
a0165316_17201131.jpg


雪渓を歩む足が本当重っ。
a0165316_1720216.jpg


振り返ると剱岳。。
さっきまであの頂にいた事が嘘のようです。
a0165316_17203369.jpg



花畑。
a0165316_17205584.jpg


ハイマツ
a0165316_1721136.jpg



12:00 別山乗越に到着。
a0165316_17212293.jpg


剱御前小舎に貼ってあった紙。
a0165316_17213250.jpg


これは大変!
やはり土曜日は混むんですね。。。。

雷鳥沢や室堂が見えてきました。
a0165316_1721414.jpg


本当、青い空。
a0165316_17215660.jpg


トウヤクリンドウ
a0165316_1722634.jpg



a0165316_17221753.jpg


a0165316_17222789.jpg


a0165316_17223928.jpg



浄土沢。
a0165316_17225837.jpg


疲れを取ろうと、靴下を脱いで川に足を入れました。
a0165316_1723837.jpg


激冷、そして激痛!
ひょっとして温度マイナス?
a0165316_17232696.jpg



雷鳥沢キャンプ場。
a0165316_17233552.jpg



今度は子供たちを連れてここでキャンプします。

昨日歩いた山々の稜線が見えます。
a0165316_17234336.jpg



地獄谷は立入禁止。
a0165316_1723555.jpg


硫黄の臭気で枯れたハイマツ(?)の枝がオドロオドロしい。
a0165316_1724512.jpg


リンドウ池も硫黄によって不気味な青色に変化しています。
a0165316_17241534.jpg




酸化鉄によって赤くなった池。
a0165316_17242817.jpg


立山曼荼羅の世界では血の池地獄とされています。
a0165316_17243997.jpg




青く美しいミクリガ池。
a0165316_17245121.jpg




本当ヘトヘト状態で室堂バスターミナルに戻ってこれたのは、14時45分。
剣山荘からちょうど4時間。。
a0165316_1725247.jpg


今日の総トータル行動時間は、9時間40分。
お疲れ様でした。

最高に晴れた2日間。
a0165316_17251284.jpg


剱岳登頂の夢を叶える事ができました。
a0165316_1725353.jpg




黒部ダムには虹が掛っていました。
a0165316_17252426.jpg






ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました


by tamakentaro | 2015-08-07 17:26 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/21526057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 西魚津駅と経田駅〜富山地方鉄道      剱岳へ(1) ~立山(雄山、大... >>