2015年 08月 17日
奥大日岳~雷鳥と初テント泊

タマケンひとり山岳部。
夏合宿。

子供といっしょに、初のテント泊山行をしてきました。

毎年恒例(9年連続)の立山へ。
(先週も登ったばかりですが・・)。

今回は、
未だ登った事のない周辺の山々を狙います。


初日の山は、奥大日岳。
二百名山かつ、「花の百名山」としても有名な山です。
a0165316_1221858.jpg




以下、1日目:奥大日岳の記録。

*************

早朝の富山平野、立山駅へ向かいます。
車窓から、朝日と剱岳。
a0165316_12212916.jpg



立山駅はさすがのお盆シーズン。
とても混雑していました。
a0165316_1221428.jpg


ここからケーブルカーと高原バスを乗り継いで室堂へ。

室堂は、またしても快晴!
a0165316_12215735.jpg


みくりが池、地獄谷を横目に、
重たいザックを担いで雷鳥沢まで歩きます。
a0165316_12221027.jpg


雷鳥沢キャンプ場が見えてきました。
a0165316_12222249.jpg


広く、ロケーション抜群なこのテント場をベースにして、山に登ります。

管理所で受付を済ませ、さっそくテント張り。
我が家は、モンベルのステラリッジ2つ。
a0165316_12223135.jpg


組立はとても簡単、ひと張り10分もしません。
(※ちなみに、長男は資格講習や部活で今回不参加です。)

標高すでに2300mほど。
破裂しそうなランチパック。
a0165316_12224469.jpg


早めの昼食を済ませ、すぐに奥大日岳を目指して歩き始めました。


テント場のすぐ隣を流れる浄土沢。
その水の冷たさにびっくりする子供たち。
a0165316_12225774.jpg




奥大日岳へは危険箇所も急登も無い穏やかな道を歩きます。
高原植物を眺めながら歩く気持ちよいハイキング。
a0165316_1223773.jpg


人も少なく静かです。
a0165316_12231652.jpg



1年ぶりに一緒に山登りする次男。
a0165316_12232865.jpg


足の故障でサッカー部では別メニューで調整中でしたが、
ようやく復帰間近。この山登りはそのリハビリ。
(さすが中学生。。。すごい体力とスピードでした・・)。


それにしてもの快晴。
何度も何度も立ち止まり、振り返って立山の絶景を眺めてしまいました。
a0165316_12234329.jpg


別山や劔御前も。
a0165316_12235516.jpg




目指す奥大日岳。
a0165316_12242219.jpg


あの山頂まで、標準タイムでは2時間30分程度(休憩含まず)。
うちには三男がいるので、もう少し掛かる予定です。
a0165316_12243324.jpg




途中から、剱岳が姿を現し始めます。
この奥大日岳までのルートは、剱岳大展望の道です。
a0165316_12244644.jpg


a0165316_12245786.jpg


反対側には弥陀ヶ原。
高原バスの車道も見えます。
a0165316_1225918.jpg


後ろには地獄谷と立山三山。
a0165316_12252219.jpg




三男も久しぶりの山歩き。
日焼け防止の為、長袖を準備していましたが暑いと言って拒否。
日焼け止めスプレーも使いましたが、後から日焼けが大変でした。。
a0165316_12253357.jpg




山頂目前。
雪渓と雲海が連続して見えます。
a0165316_12254335.jpg


剱岳。
a0165316_12255310.jpg



群生するハクサントリカブト。
a0165316_1226291.jpg




雲が迫ってきましたが、
a0165316_1226152.jpg


山頂が雲に覆われる前に、なんとかピークに立つ事が出来ました!
a0165316_12263972.jpg


a0165316_12264969.jpg



それから数分、あっという間にガスガス。
a0165316_1227292.jpg


山頂には20分程滞在。
テント場へ戻ります。
a0165316_12271280.jpg



ガスは晴れたり、また曇ったり。
a0165316_1227272.jpg


a0165316_12274254.jpg


a0165316_12275576.jpg




前述の通り、奥大日岳は「花の百名山」。
立山に比べ人が少ないという理由もあってか?
花の種類も大きさ、数も立山以上な気がしました。

チングルマの毛も、いつもより長く感じます。
a0165316_12282061.jpg


チングルマの花畑。
a0165316_12283384.jpg


a0165316_12284681.jpg


コバイケイソウ。
a0165316_1229943.jpg


ヤマハハコ。
a0165316_12292088.jpg


ハクサンフウロ。
a0165316_12293215.jpg


ミヤマホツツジ
a0165316_122944100.jpg


シモツケソウ
a0165316_12295385.jpg


ミヤマアキノキリンソウ。
a0165316_1230199.jpg


オヤマリンドウ。
a0165316_12301512.jpg


ミヤマリンドウ。
a0165316_12302988.jpg


イワカガミ
a0165316_12304021.jpg


花の名前、だいぶ憶えました。


で、下山途中。
嬉しい出来事がありました。
道の土が動いているぞ、と思ったら、
a0165316_12311533.jpg


なんと、砂浴びをしている雷鳥でした。
a0165316_12312696.jpg


4匹います。
a0165316_12313593.jpg


近寄っても逃げません。
a0165316_12314686.jpg


a0165316_12315711.jpg


写真撮りまくり。
a0165316_1232615.jpg


雷鳥が道を譲ってくれるまでの間。
a0165316_12321563.jpg




木道が見えたらテント場まであとわずか。
a0165316_12322782.jpg


浄土沢で足をアイシング。
a0165316_12325182.jpg



その後、テント場から歩いて5分。
雷鳥沢ヒュッテさんの温泉で汗を流しました。
a0165316_12331584.jpg


風呂上りの生。
a0165316_12332740.jpg




テントに戻り、4時から夕食の支度。
a0165316_12333889.jpg


今日はパスタ中心。
a0165316_12334839.jpg


雷鳥沢ヒュッテで買った焼酎を立山の水で割りながら。
a0165316_12335918.jpg


食後は何もせず日が落ちるのを眺めていました。
a0165316_1234899.jpg


a0165316_12341847.jpg


a0165316_12342979.jpg


20時には就寝。
a0165316_12343762.jpg


夜中の2時頃、
星空の写真を撮影していた人たちの話声で目が覚めました。
外に出てみるとプラネタリウム。
が、自分のカメラで撮影できたのはこの程度(笑)。
a0165316_12344857.jpg


たくさんの流れ星も撮影できませんでした。
一眼レフ欲しい。。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました


by tamakentaro | 2015-08-17 12:37 | ★ひとり山岳部★ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/21555790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2015-08-17 21:29
タイトル : コマクサ、シャクナゲ、レンゲツツジ、アヤメなどが群生する..
池の平湿原の高山植物Alpineplants in Ikenotaira wetlands 池の平湿原は多様な自然がおりなす、”高山植物の宝庫”といえる自然を満喫できるところです。私たちが行った7月初旬にはレンゲツツジ、アヤメの大群落を始め、珍しいコマクサの群落やシャクナゲなど多くの高山植物を楽しむことができました。... more


<< 浄土山~立山カルデラを眺める      西魚津駅と経田駅〜富山地方鉄道 >>