2016年 02月 29日
冬の木曽駒ヶ岳!
タマケンひとり山岳部。

2月11日(建国記念日)。
冬の木曽駒ヶ岳に登りました。
a0165316_17491117.jpg


木曽駒ヶ岳は中央アルプスの最高峰でありながら、
ロープウェイで一気に標高2.645mまで上がれてしまう為、「アルプスデビューの山」とも言われます。

我々も昨年の9月に一度登りました。
壮大な千畳敷カールを歩き、
a0165316_17492485.jpg


山頂の山小屋に泊まってキレイな夕日を見ました。
a0165316_17493561.jpg





しかし今回は、積雪期。

千畳敷カールは雪崩の巣としても有名で、
過去に何人もの登山者が雪崩に巻き込まれ命を落としているそうです・・。

自分も万が一を考え、当日の朝まで悩みました。
けれど。。「自分だけは大丈夫」、「今回は大丈夫」という正常性バイアスがうまく働き、
山行を決心しました。

以下、冬の木曽駒ヶ岳の山行記録です。

*************


駒ケ根にある菅の台バスセンターへ。
(ここから先はマイカー規制)。
8:15の始発バスに乗るつもりでしたが、、
a0165316_17495721.jpg


まさかの大行列!(さすがの建国記念日)
期待した臨時便もなかなか来ず、
結局3発目のバスにギリギリ乗車できました。
(補助席)。

※バスセンターには、野生の猿がたくさんいました。
a0165316_1750531.jpg




バスは30分程で、しらび平に到着。
しらび平からはロープウェイ。
a0165316_17501837.jpg


あっという間に千畳敷駅です。
(駅には雪崩の注意表示あり。)
a0165316_17503396.jpg




そして、いきなり飛び込んでくる千畳敷カール!!
a0165316_17504031.jpg


圧倒的なスケール!そして大快晴!!
(異様な空の青さ、空と言うより宇宙。)

アイゼンを装着してから、
前回同様、駒ヶ岳神社で安全を祈願。
a0165316_17504823.jpg




数日前、この千畳敷で結婚式を挙げたカップルがいたそうで、
雪の教会がありました。
a0165316_17505612.jpg


不吉にも、この雪の教会が「棺」に見えたのは、
この看板のせい(笑)。
a0165316_1751313.jpg





そして。
a0165316_17511427.jpg


登山開始!
a0165316_17512146.jpg


先行者のトレースを歩きます。
a0165316_17512998.jpg


a0165316_17513641.jpg


昨晩は雪が降ったようです。
はるか前方、先頭集団の方々のラッセルする姿が見えました。
(感謝。)


カールの勾配は、登るほどに急になります。
a0165316_17514539.jpg


雪が無い時はジグザクな登山道でしたが、
積雪期は直登!
a0165316_1751529.jpg


ゼエゼエハアハア・・あっという間に汗だくです。
妻はハードシェルを脱ぎました。
私は、「雪崩が起きませんように!」と念を唱えながら登ります。
本当、ドキドキでした(小心)。

ますますカールの斜面は急になって行きます。
a0165316_1752011.jpg


前を歩く上級者グループに追いつき、
彼らの後ろにくっついて歩きました。歩き方も真似ます。
a0165316_175293.jpg


a0165316_17521761.jpg


上級者の方々は、
一歩一歩本当ゆっくり進みます。
この歩き方をすれば雪の急登でも息を切らさずに登れました。
a0165316_17522493.jpg




そして浄土乗越の手前。
とんでもない勾配です。
a0165316_17523417.jpg


初めてピッケルの重要さを知ります。
a0165316_17524614.jpg


これを登り切れば、浄土乗越。
a0165316_175345.jpg


ここまでくれば雪崩は心配ありません。。
ホッとしました。
ただ稜線上は風があり、寒い!
再びハードシェルを着込みます。


浄土乗越からは、
いよいよ木曽駒山頂を目指します。
a0165316_17531779.jpg


前方に見えるのは中岳。
中岳を越えれば木曽駒山頂があります。

宝剣岳を背にして進みます。
a0165316_17532715.jpg


稜線上の雪はガッチガチに凍結しており、
踏み抜きはありません。

中岳に到着。
a0165316_1754185.jpg


a0165316_1754981.jpg



前方には、木曽駒ヶ岳の山頂が姿を現しました。
a0165316_17541695.jpg


そして鞍部には山小屋が見えます。
昨年泊まった駒ヶ岳頂上山荘です。
a0165316_17542483.jpg


(冬季は閉鎖しています。)
夏、山荘前はテント場になります。
実は昨年、テントを持参したのですが、組立中に部品忘れが発覚(笑)。
泣く泣くテントを諦めて、小屋泊になった経緯があります。

何気に息が上がる山頂までの道程。
a0165316_17543529.jpg


a0165316_17544489.jpg




そしてジャスト12:00.
木曽駒ヶ岳山頂に到着!
a0165316_1754589.jpg


中央アルプスの最高点です。
a0165316_1755872.jpg



振り返れば宝剣岳、そして空木岳など中央アルプスの山々。
a0165316_17552137.jpg


富士山、南アルプスも見えます。
a0165316_17553455.jpg


今日は、本当に登山日和。
どの山も晴れています。
それぞれの山頂で、大パノラマを見ている登山者が大勢いるはずです。

ただ、
あの御嶽山の山頂には誰もいないんですよね。
a0165316_187952.jpg


いつか登れる日が来る事を願います。


凍てついた山頂の神社。
a0165316_1872114.jpg


a0165316_1873277.jpg


a0165316_1874352.jpg



神社奥には大きな雪庇。
a0165316_1875822.jpg



我々が山頂にいた時間は、ほとんど無風。
なんてラッキーな日でしょうか。

山頂に滞在したのは15分ほど。
そして下山。

同じルートを戻りました。
a0165316_188519.jpg


a0165316_189183.jpg


a0165316_18910100.jpg


a0165316_189205.jpg


a0165316_1892814.jpg


a0165316_1893780.jpg


a0165316_1894577.jpg



そして、カッコ良すぎな宝剣岳!
a0165316_1895532.jpg


私も去年の夏、あの山頂の巨石に上がりましたが、
この積雪期に登るなんて怖くて考えられません。
しかし、山頂付近をよく見ると・・・登っている人がたくさんいます(怖)!
a0165316_1810412.jpg


滑落事故多発地帯。。
(※数日前にも、事故等があったようです・・。)
a0165316_18101492.jpg




そんな宝剣岳を眺めつつ、
宝剣山荘の脇の道を歩いていると、
a0165316_18102442.jpg


屋根の上を歩いている事に気が付きました(笑)。
a0165316_18103497.jpg


すいません。

こうして、戻って来た浄土乗越。
a0165316_18104479.jpg


ここから、再びの千畳敷カール!
小心者・・また雪崩が来る事をイメージ・・。
とにかくハイペースで下りました。
a0165316_1810532.jpg


a0165316_1811566.jpg


a0165316_18111414.jpg


a0165316_181124100.jpg


a0165316_18113691.jpg


a0165316_1811465.jpg


a0165316_18115572.jpg


a0165316_1812615.jpg


a0165316_18121612.jpg


a0165316_18122511.jpg


a0165316_18123480.jpg


無事に、千畳敷駅まで戻って来れました。
a0165316_18124398.jpg


a0165316_18125340.jpg



帰りもロープウェイ、
a0165316_1813155.jpg


&バスに乗り、菅の台バスセンターへ。

そして前回と同じく、明治亭へ。
ソースかつ丼、
a0165316_18131537.jpg


馬刺し。
a0165316_1813267.jpg




最高の登山日和でした。
a0165316_18133792.jpg



THE DAY!

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-02-29 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/22544471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 3月1日(晴れ) 新人来たる。      花粉症になる >>