2016年 04月 23日
檜洞丸~ミツマタの群生にも出会う。
タマケンひとり山岳部。

4月最初の山は、
丹沢の奥地にある『檜洞丸』。
(「ひのきぼらまる」と読みます)。

夏山シーズンに向け、
少しづつ体を慣らしていこうと思い、
コースタイムがちょっと長めの山を選びました。
(標準コースタイム:7時間10分)。

ミツマタの群生や、ブナの森、
スリリングな岩場に、渓流歩き。
変化に富んだコースを楽しめた「檜洞丸」。

4月10日(日)。
a0165316_16131318.jpg




以下、檜洞丸の山行記録です。
************


東名:大井松田ICを下りてから約30km、
7時15分に、西丹沢自然教室に到着。
a0165316_16132857.jpg


トイレを済ませ、登山届を提出。
7時30分、登山開始です。

まずは、キャンプ場沿いの車道を歩きます。
a0165316_16133530.jpg


ミツマタがキレイに咲いていました。
a0165316_16134598.jpg



10分ほど歩くと、「つつじ新道」の登山口があります。
a0165316_16135346.jpg


檜洞丸までは、4.6km。

はじめは、沢沿いを歩きます。
a0165316_1614269.jpg


新緑はまだ3%くらいだと思いますが、
a0165316_16141086.jpg


道中いたるところ、足もとにスミレが咲いていました。
a0165316_16142816.jpg


(妻はスミレ大好き。)


しばらくは、比較的平坦な道。

その途中、ミツマタの群生地に遭遇しました。
a0165316_16143858.jpg


キレイです。
通過するのがもったいない程。
a0165316_16144950.jpg


a0165316_16145799.jpg



川の音が聞こえたら、いったん下り、
a0165316_1615636.jpg


「ゴーラ沢出合」という河原に到着です。
ここで、沢を渡って対岸へ向かいます。
a0165316_1615153.jpg


ゴアテックスの靴で無かったら大変です。
また、この日は比較的水の量が少なかったからよかったですが、
雨の翌日なんかは手こずりそうです。

広い河原を進み、
a0165316_16152495.jpg


もうひとつ小さな沢を渡ると、
a0165316_16153123.jpg


こんな看板がありました。
a0165316_16153959.jpg


いよいよ楽しくなっていきます。

今日は、標高差1000m以上を登ります。
岩場も現れ、ガンガン登りが続きます。
a0165316_16154857.jpg


a0165316_16155782.jpg


a0165316_161655.jpg


a0165316_16161636.jpg



ちょうど馬酔木(アセビ)の花の時期。
たくさんの花を目にしました。
a0165316_16162659.jpg



ブナの樹林帯の中、
登りが続きます。
a0165316_16165928.jpg


a0165316_1617992.jpg


超汗だくです。
a0165316_16171928.jpg



そして現れる木階段。
a0165316_16173072.jpg


昨年11月に登った塔ノ岳、丹沢山も木階段が整備されていました。
丹沢の特徴的なもののひとつですね。
a0165316_16173958.jpg



薄曇りの中、富士山も姿を現しました。
a0165316_16174742.jpg




やがて木階段が木道に変わります。
山頂まであと少しです。
a0165316_16175549.jpg


この木道がある山頂周辺。
かつては鬱蒼としたブナの原生林があったそうです。

1980年代からそのブナが立ち枯れ、森が衰退していったとの事。
(原因の一つは大気汚染。)

さらに。
鹿の数が増え、その食害によって新しい樹木が育ちにくいという問題も。

木道自体は、植生保護の為です。
脇には、バイケイソウの芽がたくさん出ていました。
a0165316_16181637.jpg




そして、10時03分。
a0165316_16182649.jpg


檜洞丸の山頂に到着しました!
標高1.601m。
(丹沢山地では、4番目に高い山です。)
a0165316_16183392.jpg



我々には珍しく、ゆっくり40分ほど休憩。
缶詰のカニ味噌をロールパンに挟んで食べました。
a0165316_16184265.jpg


味はまあまあ(笑)。

昨年11月に登った丹沢山も見えました。
a0165316_16185367.jpg




そして山頂を後にして、
スタート地点(西丹沢自然教室)へ戻ります。
ここまで来た路を戻るのではなく、犬越路を経由する周回コースで。


こんな看板がありました。
a0165316_161957.jpg


わくわくしてきます。


そして出発。
すると、すぐに、

a0165316_16191441.jpg


ドーンと開けた稜線が現れました。
ここから先、この屋根伝いを歩いていく事になります。

細い屋根です。
a0165316_16192325.jpg


転落しないよう注意しながら歩きます。

このころ、
富士山は雲に隠れ始めます。
a0165316_16193357.jpg


上空にはヘリ。
a0165316_16194349.jpg



後から知りましたが、ちょうどこの日。
富士山で2件の遭難事故があったそうです。
1件は滑落による死亡事故・・。
あのヘリはもしかしたら。


痩せ屋根を進みます。
a0165316_1619528.jpg


笹の道もありました。
a0165316_1620047.jpg


a0165316_16201995.jpg



スミレの他にも、地面にはキレイな花が咲いていました。
a0165316_16204624.jpg


a0165316_16205343.jpg





そして、何度も現れる小ピークに、
繰り返すUP&DOWN。

梯子もあれば、
a0165316_162111.jpg


こんな崖も連続します。
a0165316_1621970.jpg


a0165316_1621186.jpg


なかなかなスリリングの連続。
滑落事故も起きているそうなので慎重に。
a0165316_16212643.jpg


a0165316_16213483.jpg


a0165316_16214275.jpg



そして犬越路に到着。
ここでようやく屋根道が終わります。

すこし休憩。
そこで友達になったトカゲ。
a0165316_16221939.jpg




犬越路を過ぎると、
しばらく急なガレ場を下ります。
(ここでヒザ痛。イヴを飲みました。)
a0165316_16222977.jpg




a0165316_16223736.jpg


やがて沢沿いの道へ。
a0165316_16224649.jpg


ようやく平坦なコースに変わります。
a0165316_16225370.jpg


水がとてもキレイです。
a0165316_1623195.jpg


a0165316_1623949.jpg


a0165316_16232697.jpg


a0165316_1623351.jpg




咲き始めたミツバツツジ。
a0165316_16242095.jpg


こんなスミレも。
a0165316_16242970.jpg




変わった植物も見ました。
家に帰ってから調べましたが、
これがあのマムシ草に変化するそうです!
a0165316_16243623.jpg




そして用木沢出合に到着。
ここで登山道は終わり、
あと30分ほど舗装された道を歩きます。

まだ山奥は桜が満開です。
a0165316_16244653.jpg


さようなら、ミツマタ。
a0165316_16245262.jpg



13:30 西丹沢自然教室に無事に到着。
(総歩行距離は13.5kmくらいでした。)
a0165316_1625061.jpg




や、檜洞丸、かなり楽しめました。
ぜひお薦めしたい山です。

******
なお、スタートからゴールまで、
休憩を含め、コースタイムはちょうど6時間でした。
(休憩を含まない標準コースタイムは7時間10分)。
久々にしては、まあまあ良かったと思います。

がしかし。
この後、久々に筋肉痛。
夏山に向け、これからもっと鍛えます。


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-04-23 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/22742583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ジャスミン満開、ボード張り、エ...      御寺の手摺 >>