2016年 05月 12日
霧氷の男体山!
タマケンひとり山岳部。

日光の男体山。
日本百名山の1つです。

独立峰で標高2.468m。
登山口から山頂までの標高差1.200m。

その標高差をただひたすら登り続けるという点で、
登山ブログ等のレポートでは、
「体力勝負の山!」と言われる事が多い山です。
a0165316_132989.jpg



4/29(祝):ゴールデンウイーク初日。
そんな日光男体山に満を持して登ってきました。
a0165316_1322739.jpg



以下、日光男体山の記録です。
************

朝7時、二荒山神社で登拝の受付。
入山料は、ひとり500円。
a0165316_1323746.jpg


登拝の御守りがもらえます。
a0165316_1324693.jpg


例年5月5日に山開きが行われる男体山。
(閉山は10月25日。)

けれど今年だけは、
「山の日(8/11)」の制定を祝して、
特別に4月23日から登拝可能になりました。
(閉山は、11月11日。)

一般的な山の場合、
「山開き」は単なる儀式で、
山開き前の登山は禁止されていません。。

けれど男体山に限っては、二荒山神社の私有地!
山自体が御神体ということもあり、
原則として開山期間中しか登れません。
なので、
4月の男体山に登るというのは、貴重な体験です。


7時15分。
鳥居を潜って登拝スタート。
a0165316_1325787.jpg


安全を祈願してから。
a0165316_1331175.jpg


まずは階段。
a0165316_1332010.jpg



階段を登り切ったところで、「一合目」。
a0165316_1333346.jpg


三合目までは、樹林帯をひたすら登り続けます。
分かりにくいと思いますが、なかなか急勾配です。
a0165316_1334257.jpg


ちなみに。
この日はとても寒くて、
登山中ずっと細かい雪が降っていました。
(写真には写らないくらい細かい雪です。)


三合目に到着(7:40)。
ここから四合目までは舗装された道になります。
a0165316_1335224.jpg


勾配は緩やか。
しばしホッとする時間。
ここまでで上がった息を整えます。
a0165316_134483.jpg


カメラで撮影する事はできませんでしたが、
青い羽の鳥をたくさん目撃しました。


そして四合目(8:01)。
舗装された道が終わり、ここからが本番です!
a0165316_1341446.jpg


さあ、ガンガン登ります。
中禅寺湖を背にして。
a0165316_1342392.jpg




五合目(8:19)。
a0165316_134329.jpg


a0165316_1344138.jpg


陽射しはありますが、気温は低い!
こんな氷柱があちこちに。
(細かい雪も降っています。)
a0165316_1345085.jpg


少しづつ岩が多くなってきました。
a0165316_1345862.jpg



六合目(8:31)。
a0165316_1351399.jpg


いよいよ本格的に岩場突入。
a0165316_1352127.jpg


a0165316_1353132.jpg


a0165316_1354068.jpg


こういう岩場では、
ストックは邪魔になるので、いったん収納するのが普通です。
けれど、うちの妻はストックを絶対に離しません。
言っても聞きません(笑)。
ストックが無いと登れないそうです。。

ちなみに自分は、
(雪山以外では)ほとんどストックを使いません。
a0165316_135542.jpg


a0165316_1361582.jpg


自分も妻も、今日は絶好調。
休まずガンガン登っていけました。
a0165316_1362385.jpg




七合目(8:54)。
a0165316_1363182.jpg


急登な岩場が続きます。
a0165316_136407.jpg


a0165316_1365031.jpg


途中、鎖が何箇所かありましたが、
使う必要はありませんでした。。
すれ違った年配の登山者に教わりましたが、
明治期の鍛冶屋さんが作った鎖で、
当時の登山ルートでは必要だったそうです。

大きな鎖です。
a0165316_150306.jpg


避難小屋が見えました。
a0165316_137080.jpg


ここが八合目(9:13)。
瀧尾神社があります。
a0165316_137973.jpg



振り返れば、中禅寺湖が一望。
a0165316_1371940.jpg


a0165316_1372726.jpg


しばらくすると岩場が終わります。
霜柱ゾーン。
a0165316_1505577.jpg


そして残雪ゾーン。
a0165316_1375096.jpg


凍っています。
滑らないよう慎重に進みます。
(チェーンスパイクも準備していましたが、
使うほどではありません。)
a0165316_1375957.jpg



そしていよいよ九合目(9:31)。
a0165316_1381087.jpg



しばらく、こんな階段状の道を進みます。
a0165316_1382098.jpg


a0165316_1383022.jpg


そしてこの階段を登り終える頃、
森林限界を越えました。
再び中禅寺湖を眺めます。
a0165316_1384110.jpg


溶岩で出来た赤い土。
a0165316_139786.jpg



森林限界を越えた事で、
風を遮るものが無くなりました。
強風が吹きつけます。

雲はビュンビュン流れ、
太陽は顔を出したり隠れたり。

とにかく寒い!!
a0165316_1391636.jpg


そして、まさかの霧氷!
a0165316_1392381.jpg


強風に体を煽られながら前に進みます。
(本当に寒い。)
a0165316_1393242.jpg



そして。
鳥居を潜って、いよいよ山頂へ!!
a0165316_1394080.jpg


勝利の鐘を鳴らします。
a0165316_139489.jpg



最後の鳥居の先。
あれが、本当の山頂のようです。
a0165316_1395786.jpg


9:55。
男体山の山頂に立ちました(標高:2.486m)。
剣にタッチ!
(すごい強風で、妻は立っていられないほど。)
a0165316_1310933.jpg


凍っています。
氷の剣!
a0165316_13101570.jpg



山頂一帯、霧氷がすごくキレイ。
先日の那須岳でも思いましたが、
この時期の霧氷は「満開の桜」のように見えます。
a0165316_13102586.jpg


美しい!
a0165316_13103371.jpg


※写真では分かりませんが、相変わらず細かい雪が降っています。

強風を避ける為、
山頂にある避難小屋の陰で少し休憩。
パンやおにぎりを食べてエネルギーを補給します。

あまりの寒さに手の指先が痛い。。。

二荒山大神像に下山の安全をお願いしてから、
a0165316_13104441.jpg


早々に下山開始です(10:22)。
a0165316_13105197.jpg


帰りは、前方に中禅寺湖を眺めながら歩きます。
a0165316_13105872.jpg


a0165316_1311923.jpg


a0165316_13112565.jpg


a0165316_1311352.jpg


そして、
a0165316_13114372.jpg


12時20分、二荒山神社に戻って来れました。
a0165316_1311521.jpg


休憩を含め5時間05分。
自画自賛なコースタイムです!

神さまに無事を御礼。
a0165316_1312213.jpg



帰路。
中善寺金谷ホテルの温泉に入りました。
いろは坂では、群生するミツバツツジを見ました。
a0165316_13123960.jpg




******
4月の男体山。

寒かったですが、
霧氷も見る事ができて素敵な山行になりました。

「ハードな山!体力勝負の山!」とか、
聞いていたわりに、意外と楽勝だった感じです。
(心の準備があったからかもしれません。)

※登山を始めたばかりの人には、絶対にハードだと思います。

これで、
日本百名山、21座目をクリアです!


そしてゴールデンウイーク。
この後、登山目的で四国へ行く事になります。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-12 22:45 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/22805464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< アーモンド      レトロな絵本 >>