2016年 08月 29日
鳳凰三山(薬師岳・観音岳・地蔵岳)
タマケンひとり山岳部

鳳凰三山に登ってきました。

鳳凰三山は、
山梨県の南アルプス北東部にある3つの山
薬師岳・観音岳・地蔵岳 の総称です。

花崗岩と白砂の稜線。
a0165316_22575812.jpg

地蔵岳にあるオベリスクの岩塔。
a0165316_2259574.jpg


ずっと憧れの山でしたが、
行程が長く日帰りにはハード。
なかなか登れずにいました。

ようやく今回、
テントを担いで挑む事ができました。


*************

今回の登山ルートです。
a0165316_2352965.jpg

★DAY1
夜叉神峠登山口 ⇒ 夜叉神峠 ⇒ 杖立峠
⇒ 苺平 ⇒ 南御室小屋 ⇒ 薬師岳 ⇒ 観音岳
⇒ 地蔵岳 ⇒ 鳳凰小屋(※テント泊)
※標準コースタイム:9h45min

★DAY2 
鳳凰小屋 ⇒ 地蔵岳 ⇒ 高嶺 ⇒ 白鳳峠
⇒ 白鳳峠入口 ⇒ 広河原
※標準コースタイム:6h40min



以下、鳳凰三山の登山記録です。
**************

★DAY1

5時30分。
夜叉神峠登山口の駐車場に到着。
a0165316_2371211.jpg


登山届を提出。
6時10分、出発です。
a0165316_2372434.jpg


今日は、標高差約1500mを登ります。
テント泊装備でこれだけ歩くのは初めて。
荷物は普段の倍以上です。
共用のものは二人で分担して担ぎました。
テント類と調理器具&水は、私。
食材は妻。
a0165316_23125968.jpg
寝袋や衣類は各自で。


スタート時から、
普段より重たいザックに、足取りも重い妻。

なんとか50分ほどで、
夜叉神峠に到着。
a0165316_23131270.jpg
白峰三山(しらねさんざん)がよく見えました。
右から北岳、間ノ岳、農鳥岳。

※意外と知らない人が多いと思いますが、
北岳は日本で2番目に高い山です。
(ちなみに、間ノ岳は4番目。)

延々と続く樹林帯。
途中、雲海が見えました。
a0165316_23132484.jpg



8時05分 杖立峠。
a0165316_23133479.jpg


展望なき樹林帯を進みます。
a0165316_23134799.jpg

ザックが重く、とてもスローな妻・・。
しかたなく妻のザックをさらに軽くします。
食料の一部も私のザックに移動。
a0165316_23135733.jpg



9時35分 苺平。
a0165316_23141234.jpg


シラビソの林の中を歩きます。
a0165316_23142859.jpg


途中ガスったり、また晴れたり。
a0165316_23143879.jpg


難しい比喩の看板。
a0165316_23144714.jpg



10時10分 南御室小屋(みなみおむろごや)。
a0165316_23145761.jpg


空になったペットボトルに水を補給します。
スタートから4時間が過ぎ、
すでに、ひとり1.5Lの水を消費していました。
a0165316_23151030.jpg



森林限界はもうすぐ。
a0165316_23153313.jpg



妻はもうヘトヘトでした。。。
a0165316_23154356.jpg


森林限界を抜け、
砂払岳山頂に着いた頃、
a0165316_2315536.jpg

ついに妻ダウン。
声も出なくなりました。。
a0165316_2316738.jpg

休息。
オニギリや饅頭で糖分を補給。

20分ほどして、ようやく回復した妻。
シャリバテ(糖分不足によるバテ)だったようです。
a0165316_2316188.jpg





さあいよいよ、
ここから稜線歩きが始まります。
a0165316_23163156.jpg

花崗岩と白砂の稜線。
a0165316_23164015.jpg

a0165316_23164847.jpg

キバナシャクナゲ。
a0165316_23165985.jpg




12時05分ようやく、
鳳凰三山最初のピーク:薬師岳山頂に到着!
a0165316_23171014.jpg

標高2.780m。
a0165316_23171865.jpg


薬師岳の山頂は広々としていました。
寝転んで一服。
a0165316_23184381.jpg


軽い昼食など20分ほど休憩してから
行動再開。
a0165316_23185363.jpg

ガスが濃くなっていく稜線。
a0165316_2319016.jpg

絶滅危惧種:タカネビランジ。
a0165316_23191381.jpg

ハイマツの赤い花。
a0165316_23191967.jpg



そして、
a0165316_23192730.jpg


12時50分 観音岳山頂に到着!
a0165316_23193787.jpg
標高2.841m。
観音岳は鳳凰三山の最高峰です。


石の上から、
雲の動き眺めます。
a0165316_2320030.jpg
次から次に発生する雲。
見ていて飽きません。



最後のピーク:地蔵岳へ向けて出発。
ここからの稜線歩きが、最高でした。
a0165316_23201556.jpg

a0165316_23202674.jpg

a0165316_23203395.jpg

a0165316_23204385.jpg

日暈を裂くヒコーキ雲。
a0165316_23205148.jpg

a0165316_23205845.jpg

a0165316_2321834.jpg

a0165316_23212084.jpg



そして。

雲の中から突如現れたのは、
地蔵岳のオベリスク!
a0165316_23213621.jpg
14時10分 地蔵岳山頂に到着です。。
鳳凰三山コンプリート!

あいにく、
すぐに山頂一帯はガスに覆われ、
オベリスクも姿を隠してしまいました。


幕営地を目指し、東側を下ります。
a0165316_23221074.jpg

砂の急斜面。
a0165316_2322188.jpg


樹林帯を下り、
a0165316_23222994.jpg

クルマユリの花を過ぎ、
a0165316_23223778.jpg

14時40分、やっと鳳凰小屋に到着。。
登山スタートから8時間30分。。
ザックも重かったし、なかなか疲れました。
もちろん速攻ビール。
a0165316_23224797.jpg


そして、すぐにテント組立。
a0165316_2322565.jpg

混雑するテント場と聞いていましたが、
この日はガラガラ。
a0165316_2323533.jpg


16時30分から夕食(自炊)。
a0165316_23231584.jpg
ハンバーグの後、
食べきれない程パスタを作ってしまい
吐きそうになりました。


前日の寝不足もあり、
夕食後はバタンキュー。
*************

★DAY2

翌日。
2時30分に起床。
(たっぷり7時間半寝ました。)

暗闇の中、
周囲の人を起こさぬよう静かにテント撤収。
空には満天の星。

3時ちょうど出発です。
再び、地蔵岳を目指します。
a0165316_23235836.jpg

ヘッデンの灯りが頼り。
a0165316_2324571.jpg

誰もいない樹林帯。
道迷いが不安だな、と思った矢先・・・、
a0165316_23241448.jpg
本当に道から外れていました。
遭難です(笑)。

来た道まで戻ろうとしても、
来た道がどこにあるのか分からくなりました(汗)。。
暗闇の中で右往左往。

最後はGPS頼み、進むべき方角へ_
とにかく草木をかき分け、
倒木を越えて汗だらだら。


やっと昨日の砂地に出る事ができました。
(ホッとしました。)
a0165316_23242694.jpg

a0165316_23243595.jpg


しかし、ほんと急斜な砂地獄。
歯をくいしばって登ります。
a0165316_23244548.jpg

道標は、オベリスクのシルエット。
a0165316_23245522.jpg


そして4時15分。
再びの地蔵岳!
a0165316_2325429.jpg

地蔵だけの地蔵岳。
a0165316_23251582.jpg


御来光を待ちます。
a0165316_2325274.jpg

風はありませんが、
寒いのでレインウェアを着ます。
a0165316_23253576.jpg
西の空も焼けています。



我々2人の他に誰もいない山頂で、
オベリスクを前にして御来光を待つ。
なんだかすごい幻想的な時間でした。
a0165316_23255179.jpg

そして、4時37分御来光!
a0165316_2326162.jpg

a0165316_23262671.jpg

完璧な御来光でした。
a0165316_23265253.jpg


遠くの雲海。
a0165316_2327355.jpg

八ヶ岳も。
a0165316_23271441.jpg

北岳、間ノ岳、農鳥岳。
a0165316_23272615.jpg



や、本当キレイでした。
a0165316_23273747.jpg





余韻に浸ったまま、
朝5時ちょうどに下山開始!
a0165316_23275150.jpg

白鳳峠を経由して、広河原を目指すルートです。
a0165316_2328189.jpg


太陽を背にして進みます。
a0165316_23281163.jpg

朝日に照らされたシャクナゲ。
a0165316_23282046.jpg

前方には甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳の絶景。
a0165316_2328321.jpg


5時40分、高嶺。
a0165316_2329389.jpg

今日はまだ、朝から誰とも会っていません。
貸切状態の絶景を歩きます。
(※下山まで誰にも会いませんでした。)
a0165316_23291148.jpg

a0165316_23291981.jpg

a0165316_232929100.jpg

a0165316_23293683.jpg


6時20分 白鳳峠。
a0165316_23294378.jpg

ここからゴーロ帯が続きます。
a0165316_23295271.jpg

本当歩きにくい。
a0165316_2330033.jpg

甲斐駒のゴーロ帯にもあった白い苔。
a0165316_2330976.jpg

40分以上続いたゴーロが終わると、
a0165316_23301949.jpg

苔むす樹林帯に突入。
a0165316_23302918.jpg

シラビソの深い森です。
a0165316_23303659.jpg

薄暗く荒れた急斜面を延々下ります。
a0165316_23304473.jpg

梯子が連続。
a0165316_23305193.jpg

鎖場も。
a0165316_2331150.jpg

そして林道に到着。
a0165316_2331911.jpg
白鳳峠からこの2時間の下りは、
ほんと疲れました・・。


広河原まではあと少し。
a0165316_23313377.jpg

a0165316_23314293.jpg



途中で、寄り道。
吊り橋を渡ってみました。
a0165316_2331521.jpg
前方に北岳が見えました。
近いうちに登ってやりましょう。


8時30分。
広河原に到着しました。
a0165316_233207.jpg
ここからすぐにバスに乗るつもりでしたが、
バスの始発がなんと、10時15分!。
(調べておけばよかった・・・。)


インフォメンションセンターで1時間半の時間潰し。
そこで見た掲示物の内要はショックでした。
a0165316_23321294.jpg
写真比較で見た「この十数年での森林の減少」、
特に「鹿害の影響」を知って気持ちが凹みました。



10時15分の始発バス。
a0165316_23322132.jpg
夜叉神峠登山口まで戻ります。



鳳凰三山。
ほんと、素晴らしい山行でした。
a0165316_14061045.jpg






by tamakentaro | 2016-08-29 23:34 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/23165971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1つ1つ進んでいきます。      銅(CU) >>