2016年 11月 03日
巻機山(まきはたやま)。
タマケンひとり山岳部。

新潟県南魚沼市にある巻機山に登ってきました。

巻機山。
【まきはたやま】と読みます。
百名山のひとつです。
a0165316_11364475.jpg
夏季休暇中の山行です。
************


関越道は塩沢石打IC.で降り、
桜坂駐車場に到着したのは朝6時。

登山口。
たくさんの危険勧告。
a0165316_11183122.jpg
何だか怖くなりますが、
これは「ヌクビ沢・天狗屋根コース」の話。

我々ビギナーは、
メジャールート:井戸屋根コースを登ります。
a0165316_11183074.jpg

6時30分スタート。
a0165316_11183207.jpg

蒸し蒸し、暑い樹林帯。
汗が流れ出します。
a0165316_11183354.jpg

こんな土の道が多く、滑りやすい。
転ばぬよう注意して進みます。
a0165316_11193838.jpg

2時間程で樹林帯を越えます。
a0165316_11182636.jpg

晴れ予報はハズレ。
ガスに覆われます。
a0165316_11182788.jpg

なかなか急登な笹の道。
a0165316_11182813.jpg

9時15分。
「ニセ巻機山」という名のピークに到着。
a0165316_11182886.jpg

ニセ巻機山を過ぎると、また景色が一変。
ゆるやかな草原歩き。
a0165316_11182912.jpg

無人の避難小屋に到着。
a0165316_11183093.jpg

ここでしばらく休憩していると、
青空が少しだけ見えました。
a0165316_11204585.jpg
a0165316_11204637.jpg



池塘が現れました。
a0165316_11204734.jpg
「湿原の泥炭層にできる池沼」が池塘です。



またガスに覆われ始めた稜線。
a0165316_11204829.jpg

10時00分。
巻機山山頂に到着。
a0165316_11204970.jpg
ガスっていて展望の無い山頂。
残念です。

しばらく休んでいると。。
他の登山者さんが、
「本当の巻機山ピークは、もう少し奥にあるよ」
と、教えてくれました。

ではこの山頂標識はいったい何?
ニセ巻機山の後に、本当のニセ巻機山。


本当の巻機山山頂へ向けて進みます。
a0165316_11204951.jpg

そして。

このケルンが本当の山頂でした。
a0165316_11205036.jpg
とりあえず無事に巻機山は登頂できたものの、
何かモヤモヤしたものがあり。

次のピークである「牛ヶ岳」も登ってみる事にしました。

登るといっても、ゆるやかな草原の道。
a0165316_11205072.jpg
a0165316_11204451.jpg

たまに晴れ間。
a0165316_11221695.jpg


牛ヶ岳のピークが見えました。
a0165316_11221742.jpg

そして牛ヶ岳山頂。
a0165316_11221725.jpg
(牛のポーズ)。


イワショウブ。
a0165316_11221887.jpg


ハクサンフウロ。
a0165316_11221888.jpg


そしてリターン。
a0165316_11221966.jpg

復路を歩いていると、
だいぶ天気が回復してきました。
a0165316_11222058.jpg
a0165316_11222125.jpg
a0165316_11221577.jpg
この青空での草原歩きが、
巻機山の一番の醍醐味。



顔のような池塘。
a0165316_11364475.jpg


樹林帯に入った頃には
眩しい陽射し。
a0165316_11364595.jpg

明るいブナの林。
a0165316_11364633.jpg

13時45分。無事に下山。
a0165316_11364742.jpg


帰りみち。
南魚沼の車窓。
a0165316_11364971.jpg

やはり豪雪地帯な屋根たち。
a0165316_11364831.jpg
a0165316_11364846.jpg


by tamakentaro | 2016-11-03 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/23339294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 金切鋏      ちいさな話たち。 >>