2017年 02月 20日
武甲山、子持山、大持山
タマケンひとり山岳部

武甲山と子持山、大持山に登りました。
a0165316_17544869.jpg




秩父のセメント産業。
セメントの原料である石灰。

武甲山は、
その石灰の大鉱床であり、
山容が変わる程の大きな採掘が行われています。

登山口へ至る道路沿いには、
プラントが延々と、要塞のように並んでいました。
a0165316_17551096.jpg



以下、武甲山と、
子持山、大持山の登山記録です。
(2016年12月中旬)
_______________


早朝。
一の鳥居を車で潜りました。
a0165316_17552714.jpg
狛犬はオオカミ。
狛狼。
a0165316_17552798.jpg
秩父や奥多摩の山間部には、
オオカミ信仰があったそうです。
魔除けや獣害除け、
オオカミは山の神として崇められたんですね。


7時登山開始。


太陽が昇り、
薄暗かった樹林帯が一変する時間帯。
a0165316_17552892.jpg
a0165316_17552931.jpg


スギの樹林帯を進みます。
a0165316_17552960.jpg



小さな祠がたくさんありました。
a0165316_17553026.jpg



杉の巨木。
a0165316_17552634.jpg



山頂直前、
木々の奥に白い背景が見えました。
眩しくてよく見えなかったのですが、
石灰岩の白い岩肌だったのでしょうか。
a0165316_17563976.jpg


一の鳥居から武甲山山頂までは
よく整備された登山道でした。
丁目石もあり(山頂が52丁目)。
a0165316_17564038.jpg



すぐに山頂です。
コースタイムより1時間も早く到着。
a0165316_17564041.jpg



山頂にある御嶽神社へ。
a0165316_17564152.jpg


ここにも痩せ細ったオオカミがいました。
a0165316_17564227.jpg
a0165316_17564107.jpg
絶滅したとされるニホンオオカミ。
明治38年に奈良県吉野で捕獲されたのが
最後の生息確認だという事です。




山頂標識は神社の裏手にありました。
a0165316_17564254.jpg
武甲山:標高1.304m(現在)。
(石灰の採掘により標高も変わったそうです。)



フェンスの先は、
採掘によって無くなった部分です。
a0165316_17564321.jpg
石灰の採掘は現在も行われています。



山頂近くにこんな看板もありました。
発破のお知らせ。
a0165316_17575221.jpg


採掘され続ける山肌と、絶滅したオオカミ。
なんだか悲しい武甲山でした。



______
続いて、
子持山&大持山へ向かいました。
a0165316_17575256.jpg
12月の中旬というのもあってか、
他の登山者はほとんどいませんでした。
前の山行で熊に遭遇したのがトラウマで、
物音ひとつにドキドキしながら歩きました。




武甲山と子持山との鞍部:シラジクボ。
「すり鉢状の窪み」というのが語源だとか。
a0165316_17575351.jpg



シラジクボから子持山へ。
a0165316_17575463.jpg
a0165316_17575471.jpg



振り返ると、武甲山の南斜面。
a0165316_17575503.jpg
針葉樹帯と広葉樹帯の境界線が
はっきり分かります。


登山道の大半は、この境界線でした。
a0165316_17575573.jpg


進みます。
a0165316_17575608.jpg



そして、子持山山頂。
標高:1.269m。
a0165316_17590488.jpg



続いて大持山へ向かいます。
a0165316_17590659.jpg
a0165316_17590510.jpg




途中、絶景スポットがありました。
秩父や奥多摩の山々が見渡せます。
a0165316_17590630.jpg
足元は断崖絶壁。。




大持山山頂。
標高:1.294m。
a0165316_17590770.jpg

そして下山。
a0165316_17590866.jpg



下山は、麦坂峠を経由するルートです。
ほんと明るく気持ち良い屋根道。
a0165316_17590837.jpg
a0165316_18002764.jpg
紅葉の時にも、また歩きたい道です。




地蔵様がいる麦坂峠。
a0165316_18002824.jpg

この麦坂峠で直角に進路を変えます。
北へ。
a0165316_18002841.jpg

無事に、
一の鳥居に戻って来れました。
a0165316_18002989.jpg


さよならオオカミ。
a0165316_18003055.jpg
a0165316_18002697.jpg



by tamakentaro | 2017-02-20 18:02 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/23664550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 馬頭刈山クリスマス      タマケン前60tラフター >>