2017年 02月 22日
擬宝珠の照明(青森ねぶたも使います)
照明器具を製作中です。

ある神社の境内に設置するもので、
撤去した古い欄干の擬宝珠(ぎぼし)を利用します。
a0165316_11072362.jpg
(数年前、弊社で欄干の更新工事を行いましたが、その時に撤去した擬宝珠をずっと保存していました。)

この擬宝珠の上に、
青森ねぶたの和紙で作った行燈を載せる計画。

擬宝珠に差さっていた手摺の孔が、
鬼の顔に見えるという事で、このまま孔は残します。
なにせ鬼を祀る神社なので。


______

魚眼レンズで見た下小屋。
a0165316_11072430.jpg


某工事のササラ板を加工中。
a0165316_11072438.jpg


_______


先週末。
厳冬期の雪山に挑んできましたが、
寒波と強風に苦しめられました。

ペットボトルの水は凍り、
バラクラマまで凍って息ができず。
グローブは風で飛ばされ、
指が凍傷するかと思いました。
(予備の手袋で難を逃れましたが)。

反省点だらけです。
a0165316_11072562.jpg
が、最高でした(笑)。


by tamakentaro | 2017-02-22 11:18 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/23668823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< クロッカス休暇      馬頭刈山クリスマス >>