2017年 04月 27日
厳冬期の天狗岳!
タマケンひとり山岳部

2月の厳冬期。
天狗岳(八ヶ岳)に登りました。
a0165316_09090124.jpg


今年唯一のピッケル登山となった天狗岳。
忘れられない登山の一つになりました。
a0165316_09090193.jpg



以下、天狗岳の記録です。

___________



雪道、スタッドレス。
a0165316_09093263.jpg


鹿の親子がお出迎え。
a0165316_09093122.jpg


6時45分。
登山口:渋御殿湯に到着。
a0165316_09093204.jpg
宿の女将さんが親切に、
駐車場の案内をしてくれました。




7時15分、登山届を提出。
a0165316_09093370.jpg
手袋を少し脱いだら、
寒さで指先に痛み。

強い寒気に覆われた日曜日。
ほんと寒い一日でした。




スタートは、
薄暗く静かな樹林帯から。
a0165316_09093384.jpg



ニット帽も氷りました。
a0165316_09093558.jpg



しばらくして陽が昇りました。
a0165316_09093488.jpg



明るくなった樹林帯を進みます。
a0165316_09093494.jpg



登り始めてから1時間40分。
黒百合平に到着です。

有名な山小屋:黒百合ヒュッテがあります。
a0165316_09093027.jpg
ビーフシチューが美味しいと評判の山小屋。
今日の目的のひとつでもあります。
(帰りに注文する予定。)



黒百合ヒュッテ前のテント場。
こんなに寒い日にテン泊する人、ほんとうすごい。
a0165316_09110777.jpg



チェーンスパイクを外して、
12本爪アイゼンを装着!
a0165316_09110685.jpg
ストックも、
ピッケルに持ち替えました。



行動再開!

少し歩くと、
前方に東天狗岳が現れました。
a0165316_09110798.jpg
まずは、あの東天狗岳山頂を目指します。
(その後、西天狗岳へ向かう計画。)



____



ここからは、本格的な雪山登山です。
緊張感を持って進みます。
a0165316_09110711.jpg
a0165316_09110897.jpg



稜線に出たとたん、
強風が吹き付けてきました。
樹林帯の中は、無風だったのに。
a0165316_09110901.jpg
アウターのフードを被ります。
a0165316_09110944.jpg



東天狗の右隣りに、西天狗も現れました。
a0165316_09110995.jpg
ゴツゴツ尖がった東天狗。
ゆったり穏やかな西天狗。
対照的な双耳峰です。



進みます。
a0165316_09111026.jpg
a0165316_09111052.jpg
a0165316_09122855.jpg



いよいよ東天狗の核心へ。
a0165316_09124724.jpg
a0165316_09124711.jpg
a0165316_09124810.jpg



暴風圏。
強い風が吹き荒れています。
妻の声も聞きとれません。
a0165316_09124981.jpg



振り返ると、
北八ヶ岳の山々。
a0165316_09124917.jpg



強風の洗礼。
斜面にストックをぐっと差して、
前傾姿勢で耐える時もありました。
a0165316_09125010.jpg


_____


アクシデントがありました。

吐く息で、
妻のバラクラマが凍ってしまいました。
a0165316_09141227.jpg
息が苦しくなり、焦った妻は、
バラクラマを脱ごうとして、
グローブを外してしまいます。

その瞬間、
グローブは遠くへ飛ばされて消えました。

妻の指先は、すぐに激痛。
痛い痛いと言い出しました。
焦ります。。。

幸いにも、自分のザックに
予備のグローブ(薄手のアウター+インナー)が
あったので、それを重ね着してなんとか難を逃れました。

雪山の怖い体験でした。


■反省点
 ・暴風時、グローブは脱がない。
 ・予備のグローブを各自で持つ。


______



岩稜地帯に入りました。
a0165316_09125039.jpg
a0165316_09125100.jpg
a0165316_09125159.jpg



けっこうな高度感。
緊張しました。
a0165316_09124620.jpg
a0165316_09143111.jpg



山頂が近づきました。
a0165316_09143101.jpg



あと少し。
a0165316_09143237.jpg
a0165316_09143206.jpg
a0165316_09143234.jpg




やりました!
10時31分、東天狗岳の山頂に到着!
a0165316_09143325.jpg
標高:2.640m。



山頂から見た南八ヶ岳のオールスターたち。
(赤岳、阿弥陀岳、中岳、硫黄岳)。
a0165316_09143319.jpg
いつか、
冬の赤岳に登ってみたいと思っています。
まだまだ我々には厳しそうですが。





続いて、あの西天狗岳山頂に向かいます。
a0165316_09143438.jpg



岩場を一度下ります。
a0165316_09143401.jpg




西天狗への穏やかな稜線。
a0165316_09143102.jpg
でも風は穏やかじゃありません。
雪を巻き上げてビュンビュン吹いています。
a0165316_09160055.jpg



そして最後の登り、
a0165316_09160046.jpg



到着!
西天狗岳山頂。
a0165316_09160111.jpg
標高:2.646m。



西天狗山頂に到着したとたん、
しばらく風が止みました。


感動の絶景。
何枚も写真を撮りました。
a0165316_09160124.jpg
a0165316_09160176.jpg

気づけば、
ペットボトルの水が凍っていました。

____



充実感に満たされて、
山を下ります。
a0165316_09160234.jpg
a0165316_09160203.jpg



帰りは、
東天狗の西面を巻きました。
a0165316_09160243.jpg



11時を過ぎ太陽も高く上がり、
風もだいぶ弱まりました。
a0165316_09155929.jpg




快晴の雪山。絶景。
あまりの素晴らしさに感動の帰り道。
今日は最高だったな~と、二人で話しました。
a0165316_09160348.jpg
a0165316_09174995.jpg
a0165316_09175050.jpg



霧氷。
a0165316_09175001.jpg
a0165316_09175174.jpg
a0165316_09175155.jpg
a0165316_09175219.jpg




お昼すぎ。
黒百合ヒュッテに戻ってこれました。
a0165316_09175268.jpg
a0165316_09194318.jpg




目的の1つだったビーフシチュー。
a0165316_09194212.jpg
確かに激ウマ。



嬉しい足元ストーブ。
a0165316_09174997.jpg



ラーメンも食べた妻。
a0165316_09175343.jpg




満腹の樹林帯。
a0165316_09194342.jpg
a0165316_09194370.jpg



そして13時30分。
渋御殿湯に無事に帰還!
a0165316_09194470.jpg




帰路。
中央道から見えた八ヶ岳。
a0165316_09194262.jpg



雪の天狗岳。
最高でした。

また登山が好きになりました。


by tamakentaro | 2017-04-27 23:21 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmkn.exblog.jp/tb/23846242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 牡丹が咲く家。      マイルストーンな鉄骨階段! >>