カテゴリ:★ひとり山岳部★( 96 )

2017年 01月 13日
黒斑山.蛇骨岳.鋸岳.Jバンド
タマケンひとり山岳部。

浅間山の外輪山である黒斑山。

登山を始めたばかりの頃、
2015年2月、
雪山の時に登りました。
a0165316_14230802.jpg
【2015年2月の黒斑山登山記録】




そして。
2016年の10月。
再び、黒斑山に登りました。

ただ今回、
黒斑山は通過点。
その先の蛇骨岳、仙人岳、鋸岳、
そしてJバンド、賽の河原まで行きます。
a0165316_14223171.jpg




以下、その記録です。
**************




6時45分。
小諸市:高峰高原ビジターセンターに到着。
a0165316_14251180.jpg


登山口。
a0165316_14251395.jpg


浅間山の噴火警戒レベル表示。
前回(2015年2月)はレベル1でしたが、
今回はレベル2!!
a0165316_14251210.jpg
レベル2は、火口周辺規制。
前掛山へは行けませんが、
今日のコース範囲はギリギリOKです。



7時ちょうど。
登山スタートです。
a0165316_14251313.jpg
前回は雪に覆われていた登山道。
雪が無いと、違う印象ですが、
黒斑山までのルートはほぼ憶えていました。



高峰高原に向う車窓、
晴れた空にキレイな朝焼けを見ました。
が、あいにく登山スタート後は、
もう完全に雲に覆われていました。
a0165316_14251400.jpg
再び晴れる事を期待しながら
歩きます。



紅葉は終わり頃。
もう少し早ければ、
黄金のカラマツが見れたはず。
a0165316_14251473.jpg
※カラマツは「落葉する針葉樹」です。


進みます。
a0165316_14251140.jpg
a0165316_14263405.jpg



「トーミの頭」が見えた頃は、
既にガスガス。。
a0165316_14263465.jpg
晴れていたらここで、
浅間山がドーンと右方に現れるんですが。
(下写真:2015年2月)
a0165316_14270577.jpg




強風を受けながらの登り。
a0165316_14263564.jpg
秋山登山の気分で来ましたが、
初冬です。
寒い。



トーミの頭に到着。
a0165316_14263643.jpg



そして、黒斑山山頂。
a0165316_14263650.jpg
眺望はありません。
ほんと残念・・。
前回は、こんな景色でした。
a0165316_14275018.jpg



山頂に置いてあった温度計。
a0165316_14263320.jpg
※東京では、
最高気温がまだ20℃程度ありました。




進みます。
ここから先は初めてのエリア。
a0165316_14282378.jpg
一気に登山者がいなくなりました。
寒さとガスと強風も加わり、すごく不安。
a0165316_14282556.jpg


霧氷も出来始めました。
a0165316_14282402.jpg


誰もいない蛇骨岳に到着。
2.366m。
a0165316_14282594.jpg


進みます。
a0165316_14282610.jpg
a0165316_14282786.jpg


毛の長い絨毯のような霜柱。
a0165316_14282686.jpg
a0165316_14282807.jpg



天気は回復せず、
ますますガスは濃くなりました。
a0165316_14294345.jpg


ガスの稜線を過ぎると、
仙人岳に到着。
2.319m。
a0165316_14294309.jpg
a0165316_14294474.jpg


進みます。
a0165316_14294482.jpg


次に目指すピークは鋸(のこぎり)岳。
その名通りの稜線が続きます。
a0165316_14294493.jpg
a0165316_14294560.jpg


ドウダンツツジの林。
枝を掻き分けて進みます。
那須:三本槍岳の悪路を思い出しました。
a0165316_14294575.jpg


Jバンドへの分岐。
a0165316_14294645.jpg
いったんこの分岐をスルーして、
鋸岳山頂へ向かいます。
トレランの方が2人いました。
人に会えるとホッとします。
a0165316_14311143.jpg


鋸岳:2.254m。
赤い土。

a0165316_14311201.jpg
展望もなく、寒く、
すぐにリターン。


Jバンド分岐へ戻りました。
a0165316_14311209.jpg
ここからの、
このJバンド下りが
今日の核心部だったと思います。


左手には、
今にも落石しそうな岩壁。
右は崖。
a0165316_14311382.jpg


たくさんの落石が道を塞いでいました。
a0165316_14311458.jpg

ほんと落石が怖くなりました。
「早くこの一帯を過ぎたい」。。
スピードを上げて、
先行したトレランの方を追いました。

けれど。
トレランの方はガスの中に消え、
ますますの悪路。。
しかも寒さによるGPSバッテリー切れ。
a0165316_14311312.jpg
本当怖くなり、
ここで撤退を決めます。。。
来た道を引き返す事にしました。




がしかし。。
実は我々、道を間違えていたようです。
引き返している途中、
後から来た登山者さんと話をして、
さっきの道がコース外だった事を知ります(涙)。

他の登山者さんたちと一緒に
正しい道を進む事ができました。
a0165316_14311420.jpg
(※なお、先に進んでしまったトレランの方とはその後無事に再会。)



賽の河原と呼ばれる、
荒涼とした風景の中を進みます。
a0165316_14311191.jpg
a0165316_14330518.jpg
a0165316_14330671.jpg



浅間山の裾野を、
左に見ながら歩きます。
a0165316_14330627.jpg


葉を落としたカラマツの樹林帯。
a0165316_14330797.jpg


前掛山、浅間山への分岐点。
もちろん立入禁止です。
a0165316_14330743.jpg


草に覆われた一帯、
湯の平口まで来ました。
a0165316_14330884.jpg


首の無い地蔵さま達。
a0165316_14330940.jpg


ここから、「草すべり」を登り、
トーミの頭まで戻ります。
a0165316_14330588.jpg

や、この草すべり。
ほんと疲れました。。
1時間続く延々の急登。
a0165316_14345180.jpg
a0165316_14345234.jpg


トーミの頭に戻って来れた時は、
ほんと嬉しかったです。
a0165316_14345211.jpg


下山は、
往路と異なるコースを選びました。
a0165316_14345210.jpg
a0165316_14345345.jpg


天然カラマツの群落を、
ゆっくり歩きました。
a0165316_14345486.jpg
a0165316_14345431.jpg


そして、
無事に下山完了。
a0165316_14345513.jpg



高峰高原ビジターセンターで
カレーを食べました。
a0165316_14355087.jpg


帰路。
a0165316_14355009.jpg

標高が低いところでは、
まだキレイなカラマツの紅葉が見れました。
a0165316_14355051.jpg

広葉樹も。
a0165316_14354944.jpg


by tamakentaro | 2017-01-13 23:37 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 08日
日光白根山!
タマケンひとり山岳部。

10月中旬、
日光白根山に登りました。
a0165316_14030279.jpg

以下、日光白根山の記録です。
**************


イロハ坂のヘアピンカーブを過ぎ、
a0165316_14034231.jpg


6時少し前の日の出。
奥日光の山々が輝いています。
a0165316_14034258.jpg


菅沼登山口は、
霜が下りていました。
a0165316_14033564.jpg


6時40分。
登山スタートです。
a0165316_14033580.jpg


しばらくは、
樹林帯が続きます。
a0165316_14033687.jpg
a0165316_14033708.jpg
a0165316_14033976.jpg


平坦な場所に出ると、
a0165316_14034095.jpg


現れる弥陀ヶ池。
薄く氷が張っていました。
a0165316_14034148.jpg
a0165316_14044709.jpg

池にかかる木道を進みます。
a0165316_14044872.jpg


弥陀ヶ池を過ぎたら、
白根山山頂への直登が始まります。
a0165316_14044971.jpg

森林限界を過ぎ、展望も広がりました。
後ろに、燧ケ岳や会津駒ヶ岳が見えます。
(絶対に来年は登りたい山々)。
a0165316_14045458.jpg


山頂へ向けて
いよいよ急斜な岩場に入っていきます。
a0165316_14045581.jpg
a0165316_14045600.jpg
a0165316_14045807.jpg

ストック信仰の妻、
こんな場所でもストックを離しません。
a0165316_14045745.jpg


某ブログで見たのですが、
あの尖った岩の上に立った女性がいました。
自分も試みようとしましたが、無理です。
a0165316_14063288.jpg


山頂付近に到着。
a0165316_14063218.jpg
a0165316_14062769.jpg

山頂一帯は、
複雑な形をしています。
またしばらくガレ場を進みました。
a0165316_14062783.jpg

ようやく山頂標識が見えました
a0165316_14062909.jpg

右手の崖の上に、
座っている人がいます。
a0165316_14062886.jpg



我々も、
あそこに座ってみようと試みましたが、
怖くて先端へは行けませんでした。
(↓ ここまでが限界。)
a0165316_14063030.jpg



そして。
9時ちょうど、
日光白根山の山頂に到着!
標高:2.578m。
a0165316_14063003.jpg
タマケン山岳部、31座目の百名山です。



止まると寒いので、
ダウンを着こんで小休憩。
a0165316_14063137.jpg



チョコ&大福を食べたら、
すぐに下山開始!
a0165316_14080690.jpg


グリーンロックたち。
a0165316_14080672.jpg

祠に手を合わせてます。
a0165316_14080207.jpg

下山は、
往路とは異なるルートで行きます。
a0165316_14080304.jpg
a0165316_14080375.jpg


正面に、
中禅寺湖と独立峰が見えました。
a0165316_14080435.jpg
今年のGW初日に登った男体山です。
a0165316_14080583.jpg



左手には、
エメラルドな池が見えました。
a0165316_14080462.jpg

五色沼です。
あの五色沼を経由して帰ります。
a0165316_14080513.jpg


ガレ場を下ると、
a0165316_14092096.jpg

ダケカンバの森に入ります。
a0165316_14092040.jpg

すでに落葉して明るい樹林帯。
a0165316_14092153.jpg



赤い屋根が見えました。
五色沼避難小屋です。
a0165316_14092247.jpg

中も覗いてみました。
a0165316_14092358.jpg



そして五色沼。
a0165316_14092464.jpg
水はキレイですが、
近くだと、あのエメラルド感は分かりません。
a0165316_14092501.jpg
a0165316_14092547.jpg



カラマツの紅葉と白根山と青空。
すごくキレイです。
a0165316_14091849.jpg


弥陀ヶ池へは再びの登り。
なかなか急登で、
思った以上に疲れました。
a0165316_14104094.jpg


弥陀ヶ池に到着。
a0165316_14104166.jpg

ここからは往路と同じ道。
延々下ります。
a0165316_14104257.jpg
a0165316_14104284.jpg
a0165316_14104350.jpg
a0165316_14104481.jpg



11時40分。
菅沼の登山口に戻って来れました。
a0165316_14104601.jpg



(余談)
往路からガソリンランプが点灯してたのに気づかず、
帰路もスタンドがなかなか見つからず。
あせりました。。。
地元の人に聞いたら、
一番近い片品村のスタンドまで車で40~50分。
冷や汗のなか、辿り着いた時はほんと安堵。。
a0165316_14104691.jpg
登山の時は、
満タンにして出かけます。


by tamakentaro | 2016-12-08 23:12 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 22日
権現岳と編笠山~雲海
タマケンひとり山岳部。

八ヶ岳南端。
権現岳と編笠山へ。
a0165316_16210824.jpg


10月初旬の山行記録です。
***********

中央道は小淵沢ICで下り、
観音平駐車場へ。
a0165316_15584624.jpg



5時38分登山スタート。
寒い。
a0165316_15584684.jpg



薄暗い落葉樹林帯。
a0165316_15584319.jpg


登り始めれば、すぐに汗。
アウターを脱ぎます。
a0165316_15584354.jpg


陽が昇りました。
a0165316_15584430.jpg
a0165316_15584506.jpg


紅葉はまだまだですが、
ススキに秋を感じます。
a0165316_15594324.jpg



6時55分。
押手川に到着。
a0165316_15594624.jpg


押手川から編笠山へは直登。
a0165316_15594705.jpg
a0165316_15594852.jpg


今年初めて見る霜柱。
a0165316_15594959.jpg


視界が広がりました。
樹林帯を抜けると風が強くなり、
一気に体感温度が下がります。
a0165316_15595004.jpg



そして、8時00分。
編笠山の山頂に到着!
標高:2.524m。
a0165316_16004450.jpg


寒くて、
再びアウターを着ました。
a0165316_16004548.jpg


雲は多いのですが、
遠くの山々まで見渡せる空。

富士山。
a0165316_16010288.jpg


南アルプス。
a0165316_16005111.jpg


中央アルプスと御嶽山。
a0165316_16005143.jpg


そして眼前には、
迫力の八ヶ岳主峰たち。
a0165316_16010259.jpg
これから、あの権現岳を目指します。



出発!
権現岳方面に下ります。
a0165316_16010424.jpg

大きな岩石帯。
a0165316_16010544.jpg


鞍部にある山小屋:青年小屋。
そのベンチで休憩。
a0165316_16010615.jpg



そして行動再開。
a0165316_16022485.jpg

ギボシ&権現岳に向けて再び、
登りが始まります。
a0165316_16022547.jpg


振り返れば、北アルプス。
a0165316_16022662.jpg
a0165316_16022781.jpg




9時10分、ノロシ場に到着。
目の前に迫る西ギボシ。
a0165316_16022823.jpg

ギボシとは、
神社の高欄にある【擬宝珠】の事。

本殿(権現岳)の前に立つ擬宝珠へ。
a0165316_16022803.jpg
a0165316_16022906.jpg


西ギボシのトラバース。
a0165316_16023014.jpg
a0165316_16023019.jpg


西ギボシを過ぎると、今度は東ギボシ。
権現岳はまだ先。
a0165316_16040189.jpg


振り返れば雲海。
正面には富士山が見えます。
a0165316_16040049.jpg


東ギボシへ。
a0165316_16040228.jpg


この東ギボシ通過が、
今日の核心部だったと思います。
a0165316_16040248.jpg
a0165316_16040354.jpg
a0165316_16040410.jpg


ギボシシリーズを無事に通過。
権現岳山頂への稜線を行きます。
a0165316_16040521.jpg

山頂直下にある山小屋。
a0165316_16040631.jpg

権現小屋。
あいにくの、ボッカ中。
ビールが飲みたかったのですが。
a0165316_16055077.jpg

けれど、
ドアが開いていて中に入れました。
a0165316_16040749.jpg

ラッキー。
無人ビール販売あり!
(500円/缶)
a0165316_16054989.jpg
a0165316_16054876.jpg



権現岳山頂へのVロード。
a0165316_16063908.jpg
a0165316_16063538.jpg


あの尖がり部分が山頂です。
a0165316_16064098.jpg



そして、10時05分。
権現岳山頂に到着しました!
標高:2.715m。
a0165316_16063530.jpg
すぐ後ろは切れ落ちた絶壁。
足がすくみます。



山頂から見た赤岳。
a0165316_16063760.jpg

南へ連なる雲海。
a0165316_16063601.jpg
a0165316_16063731.jpg



山頂は狭くて休憩する場所も無く、
すぐに下山する事に。
三ッ頭を経由するルートを行きます。
a0165316_16063865.jpg


一度下り、
a0165316_16063842.jpg
a0165316_16081691.jpg


鞍部を進み、
a0165316_16081794.jpg
a0165316_16081064.jpg



また登り。
a0165316_16081177.jpg



11時ジャスト。
三ッ頭山頂に到着。
a0165316_16081116.jpg




それからは延々、
樹林帯を下りました。
a0165316_16081273.jpg


ナナカマドの赤い実。
a0165316_16081359.jpg


縞枯れ地帯もありました。
a0165316_16081477.jpg



で、突然。
妻が大転倒!!
足と胸を強打してうずくまるの図。
a0165316_16081461.jpg
靴紐のトラブルが原因でした。



この怪我の為、
普通に歩けず超スローリーな下山。
a0165316_16092967.jpg
a0165316_16093037.jpg



それでも、13時30分。
無事?に観音平に帰って来れました。
a0165316_16093109.jpg




や、権現岳、すごく楽しかったです。
最高!おススメです。




by tamakentaro | 2016-11-22 16:10 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 15日
日和田山と巾着田。
タマケンひとり山岳部。

9月の下旬、
日和田山に登りました。

日和田山は、
埼玉県日高市にある小さな山ですが、
隣りには巾着田があります。

彼岸花の群生地として有名な巾着田。
ちょうど満開の頃に行く事ができました。
a0165316_10592295.jpg

以下、日和田山の記録です。
****************


飯能駅から西武秩父線に乗り、
武蔵横手駅というローカルな駅で降りました。
a0165316_10594112.jpg

駅前が登山口。
10時スタートです。
a0165316_10594201.jpg
すでに彼岸花がチラホラ。


しばらく、沢沿いの道を歩きます。
a0165316_10594358.jpg

三男も元気に歩きます。
a0165316_10594343.jpg


五常の滝。
a0165316_10594473.jpg
前を歩いていた親子が、
濡れた石に滑って転びました。
我々は慎重に。
a0165316_10594535.jpg


彼岸花が咲く御墓の脇を通ります。
a0165316_11013045.jpg

しばらくして北向地蔵。
a0165316_11013101.jpg

そこから東へ。
子供の遠足グループと一緒になり、
賑やかな樹林帯でした。
a0165316_11013280.jpg

11時40分。
最初のピークに到着。
a0165316_11013300.jpg
物見山:標高375mです。
a0165316_11013444.jpg
ちょうど昼時で、
大勢のご高齢者&家族連れの方、
みなさん昼食休憩中、大混雑の山頂。


我々は、休憩せずに通過。
a0165316_11013435.jpg

多くのキノコたち。
a0165316_11023139.jpg



物見山を過ぎて1時間程すれば、
日和田山のピークが近づきます。
a0165316_11023135.jpg

三男、今日は余裕です。
最後の登りをダッシュで。
a0165316_11022514.jpg


12時45分。
日和田山の山頂。
標高:305m。
a0165316_11022518.jpg


1725年に建立された石塔がありました。
徳川吉宗の時代のもの。
a0165316_11022683.jpg

山頂で休憩&昼食。
三男のお菓子は、ビックリマンチョコ。
復刻シール入りです。
a0165316_11022804.jpg


日和田山山頂からは、
埼玉の日高市が一望できます。
a0165316_11022710.jpg
私はゼネコン3年生の時、
この日高市の現場で1年間働きました。
RC造の巨大な物流倉庫の新築工事。
この景色を見ながらいろいろ思い出しました。



少し下ると金毘羅神社。
鳥居の先に、巾着田が見えます。
a0165316_11022974.jpg
高麗川の蛇行により、
巾着の形にされたのが巾着田です。

a0165316_11023023.jpg

ここから巾着田までのルートは2つ。
男坂か、女坂か。
a0165316_11041194.jpg


この看板のおかげで、
ほとんどの方が女坂を行きます。
a0165316_11041139.jpg

我々は男坂。
a0165316_11040591.jpg
a0165316_11040524.jpg
a0165316_11040718.jpg

山慣れした三男、
普通に歩けます。
a0165316_11040831.jpg
a0165316_11040989.jpg
a0165316_11040937.jpg

そして無事に下山。
a0165316_11041075.jpg

巾着田へ寄りました。
満開の彼岸花。
a0165316_11052436.jpg
a0165316_11052109.jpg

三男は花より川遊び。
a0165316_11052471.jpg


高麗駅に向かいます。
前に見えるのが日和田山。
a0165316_11052338.jpg



___

2月は、ロウバイの宝登山。
3月は、カタクリの三毳山。
そして今回の日和田山。

ほんと小さな山たちですが、
季節の花登山シリーズもいいです。




by tamakentaro | 2016-11-15 23:44 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 12日
北岳&間ノ岳!
タマケンひとり山岳部。

南アルプス。
北岳&間ノ岳に登りました。
a0165316_22295410.jpg

標高は_
北岳が日本第2位。
間ノ岳が日本第3位(※奥穂高岳と同位)。


9月初めの山行です。
************


マイカー規制の為、
芦安でバスに乗り換え。
a0165316_22380374.jpg
5:30発。



広河原でバスを下車。
野呂川にかかる吊り橋を渡ります。
前方遠くに見えるのが北岳!
a0165316_22380471.jpg

広河原山荘。
妻はストックを握ります。
a0165316_22380932.jpg


7時15分。
いよいよ登山スタート。
a0165316_22381238.jpg


大樺沢(おおかんばさわ)という沢。
この沢沿いを登る大樺沢ルートを行きます。
a0165316_22395190.jpg

前々日に降った台風による雨で、
沢は増水気味。
a0165316_22395232.jpg
a0165316_22395306.jpg
a0165316_22395356.jpg


木漏れ日の樹林帯。
a0165316_22443325.jpg


高山植物の宝庫とされる北岳。
a0165316_22443529.jpg
9月なので、
最盛期は過ぎたと思いますが、
まだまだたくさんの草花がありました。

アキノキリンソウ。
a0165316_22443412.jpg

コウシンヤマハッカ。
a0165316_22443528.jpg

タイツリオウギの実。
a0165316_22443795.jpg

ナナカマドの赤い実。
a0165316_22452885.jpg


二俣を過ぎ、
左俣コースを進みます。
a0165316_22454976.jpg


休憩はほとんどせず、
なかなかハイペースで登っていきました。
a0165316_22462731.jpg


梯子。
a0165316_22462680.jpg

こんな梯子が連続して現れます。
a0165316_22473760.jpg


晴れていた空に、
ガスが覆い始めます。
a0165316_22485368.jpg


道を間違えました_。
八本歯のコルを過ぎたところで、
左へ進んでしまうミス。
a0165316_22490528.jpg

すぐに気がついてリターン。
スリルある梯子を下ります。
a0165316_22490657.jpg


元のルートに戻った後も、
梯子は続きました。
a0165316_22523271.jpg

ますますガスガスに。
a0165316_22523263.jpg





そして、ここ。
a0165316_22523398.jpg
見た目怖そうな、絶壁トラバース。
a0165316_22523457.jpg
a0165316_22535036.jpg
けれど、鎖がしっかりあるので、
大丈夫です。

途中、崩落してしまった場所があり、
その復旧現場も通過しました。
a0165316_22535136.jpg

進みます。
a0165316_22561475.jpg


絶壁トラバースを抜けました。

トリカブト。
a0165316_22561341.jpg

ミネウスユキソウ。
a0165316_22571836.jpg

キンロバイ
a0165316_22571977.jpg

イワベンケイ。
a0165316_22561440.jpg



北岳登頂は明日にして、
今日は宿泊する北岳山荘に向かいます。
a0165316_22561501.jpg


雷鳥の家族にも会えました。
a0165316_22583335.jpg
a0165316_22583416.jpg
落ちていた羽。
a0165316_22583580.jpg


その後、また別の雷鳥にも。
足に赤い印が付けられています。
a0165316_22583561.jpg

※北岳の雷鳥は絶滅も心配されるほど、
生息数が減っているそうです。



12時40分、北岳山荘に到着。
a0165316_23012206.jpg
さっそく、宿泊の申し込み。
(※北岳山荘は予約できません。)

で、ショックな出来事。

受付のお兄さん曰く。
「今日は少し混雑しそうですので、
布団2枚に3人で寝てもらう事になります」。
a0165316_23012267.jpg

布団2枚に3人・・・。
ヘコミました。

※とは言え、
山小屋ではこれでもまだマシなほうで
布団1枚に3人で寝るとかもあるようです。



気を取り直してビールを飲み、
アタックザックを担いで、
『間ノ岳』へ登る事にしました。
a0165316_23012433.jpg

時刻は、すでに13時30分。
稜線はだいぶガスに覆われていました。
a0165316_23030050.jpg


苦虫を噛み潰したような顔で歩く妻。
すでに疲労はピークの様子。
a0165316_23012468.jpg


間ノ岳の直下まで辿り着きました。
a0165316_23035033.jpg

が。
ここでほんと視界が無くなる程のガス。
まわりに他の登山者はいません。

さらに、ハプニング。
GPS(iPhone)の電池が切れました。
予備バッテリーは北岳山荘に置き忘れ。


ちょうど前日、
北岳で道迷いした男女が低体温症で
死亡したという情報も知っていました。。


また、このまま無理して間ノ岳に登っても、
夕食(17時)までに戻れるかどうか。

すでに山荘から1時間30分ほど歩き、
間ノ岳山頂は目前でしたが、
ここで撤退を決めました・・・。


GPSも無く不安な帰路。
a0165316_23041692.jpg


初めてブロッケン現象を見ました。
虹の輪の中に、私の影が映っています。
下写真分かるでしょうか?
a0165316_23035175.jpg


そして16時過ぎ、なんとか、
北岳山荘へ戻る事が出来ました。
a0165316_23045599.jpg

夕食。
a0165316_23045698.jpg

そして18時には寝床へ。

幸いにも、
我々の部屋は、夫婦が集まった為、
(たぶん)山荘の方が考慮してくれて、
1人に布団1枚が与えられました。

夜中、オナラの大合唱。
部屋の老若男女みな連発、
気圧のせい?




***********

【2日目】

3時30分に起床。
まだ寝ている人もいるので、
静かに、布団を畳み荷物をまとめます。


早弁当を受け取り、廊下で食べてから
外へ出ました。

その瞬間、うっ。
キレイな夜明け前の空。
a0165316_23054999.jpg


昨日の疲れがあり、間ノ岳には、
もう登らないつもりでしたが、
この空を見て気が変わりました。

ヘッデンをつけて、
間ノ岳に向かいます。
a0165316_23054926.jpg
a0165316_23055076.jpg


背後に見えるのは北岳。
昨日はガスの中にありました。
a0165316_23064028.jpg


5時20分:御来光。
a0165316_23064159.jpg
a0165316_23064476.jpg
a0165316_23064283.jpg


そして6時ちょうど。
a0165316_23075354.jpg
間ノ岳の山頂に到着!
リベンジ成功です。
a0165316_23085156.jpg

快晴の絶景。

中央アルプスの山々。
a0165316_23075433.jpg

北アルプスの山々。
槍ヶ岳の穂先もはっきり見えました。
a0165316_23075413.jpg




そして北岳へ。
a0165316_23093557.jpg

この間ノ岳と北岳を結ぶ縦走路は、
天空の稜線とも喩えられています。
a0165316_23093607.jpg
a0165316_23093727.jpg

トウヤクリンドウ。
a0165316_23093744.jpg


ほんと気持ち良い稜線。
a0165316_23110683.jpg

デポしていたザックを取りに
一度、北岳山荘に戻ってから再出発。
a0165316_23110747.jpg
a0165316_23110839.jpg
a0165316_23111022.jpg


何度も振り返っては、
この稜線を眺めました。
a0165316_23110972.jpg


富士山へ続く雲海。
a0165316_23121841.jpg



そして、
a0165316_23130875.jpg

8時22分ついに、
北岳の山頂に立てました。
a0165316_23130955.jpg
a0165316_23130952.jpg

絶景、360°パノラマ。

北アルプス。
a0165316_23131148.jpg


少し前に登ったばかりの鳳凰三山。
左に尖っているのが地蔵岳オベリスク。
a0165316_23141423.jpg


甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳も登場。
a0165316_23201924.jpg


も一度、富士山。
a0165316_23141344.jpg


山頂標識。
a0165316_23131282.jpg

最後に
間ノ岳への稜線を見納め。
a0165316_23131061.jpg



名残り惜しいけれど下山開始。
昨日の登りとは異なるルートを行きます。


北岳にあるもう一つの山小屋:肩ノ小屋を通過。
a0165316_23223074.jpg

登りは苦手だけど、下り上手な妻。
a0165316_23230447.jpg
a0165316_23230584.jpg


やがて樹林帯。
草スベリと言われる急斜。
a0165316_23234630.jpg


白根お池。
a0165316_23234771.jpg


白根御池小屋で炭酸を飲み、
a0165316_23242868.jpg

長い長い樹林帯をひたすら歩き、
a0165316_23242811.jpg

ほぼ正午、広河原に戻ってこれました。
a0165316_23242946.jpg




北岳&間ノ岳:2日間の記録です。










by tamakentaro | 2016-11-12 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 03日
巻機山(まきはたやま)。
タマケンひとり山岳部。

新潟県南魚沼市にある巻機山に登ってきました。

巻機山。
【まきはたやま】と読みます。
百名山のひとつです。
a0165316_11364475.jpg
夏季休暇中の山行です。
************


関越道は塩沢石打IC.で降り、
桜坂駐車場に到着したのは朝6時。

登山口。
たくさんの危険勧告。
a0165316_11183122.jpg
何だか怖くなりますが、
これは「ヌクビ沢・天狗屋根コース」の話。

我々ビギナーは、
メジャールート:井戸屋根コースを登ります。
a0165316_11183074.jpg

6時30分スタート。
a0165316_11183207.jpg

蒸し蒸し、暑い樹林帯。
汗が流れ出します。
a0165316_11183354.jpg

こんな土の道が多く、滑りやすい。
転ばぬよう注意して進みます。
a0165316_11193838.jpg

2時間程で樹林帯を越えます。
a0165316_11182636.jpg

晴れ予報はハズレ。
ガスに覆われます。
a0165316_11182788.jpg

なかなか急登な笹の道。
a0165316_11182813.jpg

9時15分。
「ニセ巻機山」という名のピークに到着。
a0165316_11182886.jpg

ニセ巻機山を過ぎると、また景色が一変。
ゆるやかな草原歩き。
a0165316_11182912.jpg

無人の避難小屋に到着。
a0165316_11183093.jpg

ここでしばらく休憩していると、
青空が少しだけ見えました。
a0165316_11204585.jpg
a0165316_11204637.jpg



池塘が現れました。
a0165316_11204734.jpg
「湿原の泥炭層にできる池沼」が池塘です。



またガスに覆われ始めた稜線。
a0165316_11204829.jpg

10時00分。
巻機山山頂に到着。
a0165316_11204970.jpg
ガスっていて展望の無い山頂。
残念です。

しばらく休んでいると。。
他の登山者さんが、
「本当の巻機山ピークは、もう少し奥にあるよ」
と、教えてくれました。

ではこの山頂標識はいったい何?
ニセ巻機山の後に、本当のニセ巻機山。


本当の巻機山山頂へ向けて進みます。
a0165316_11204951.jpg

そして。

このケルンが本当の山頂でした。
a0165316_11205036.jpg
とりあえず無事に巻機山は登頂できたものの、
何かモヤモヤしたものがあり。

次のピークである「牛ヶ岳」も登ってみる事にしました。

登るといっても、ゆるやかな草原の道。
a0165316_11205072.jpg
a0165316_11204451.jpg

たまに晴れ間。
a0165316_11221695.jpg


牛ヶ岳のピークが見えました。
a0165316_11221742.jpg

そして牛ヶ岳山頂。
a0165316_11221725.jpg
(牛のポーズ)。


イワショウブ。
a0165316_11221887.jpg


ハクサンフウロ。
a0165316_11221888.jpg


そしてリターン。
a0165316_11221966.jpg

復路を歩いていると、
だいぶ天気が回復してきました。
a0165316_11222058.jpg
a0165316_11222125.jpg
a0165316_11221577.jpg
この青空での草原歩きが、
巻機山の一番の醍醐味。



顔のような池塘。
a0165316_11364475.jpg


樹林帯に入った頃には
眩しい陽射し。
a0165316_11364595.jpg

明るいブナの林。
a0165316_11364633.jpg

13時45分。無事に下山。
a0165316_11364742.jpg


帰りみち。
南魚沼の車窓。
a0165316_11364971.jpg

やはり豪雪地帯な屋根たち。
a0165316_11364831.jpg
a0165316_11364846.jpg


by tamakentaro | 2016-11-03 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 17日
立山縦走2016
タマケンひとり山岳部。

夏休み。
家族で登る立山。
今年で10年連続です。

a0165316_09345879.jpg

以下、2016夏:立山の記録です。
***************

夏季休暇初日。
早朝に出発。
関越道~上信越道~北陸道を走り、
富山側から立山を目指しました。

AM10時30分に立山駅に到着。
a0165316_09353605.jpg

ケーブルカーに乗り、
まずは美女平へ向かいます。
a0165316_09353841.jpg

美女平から室堂までは高原バス。
a0165316_09354183.jpg
1時間と少しで、室堂に到着です。


快晴!
三男の夏の自由研究は、
この立山登山が題材です。
さっそく、写真を撮り始めました。
a0165316_09354373.jpg
宿泊地:雷鳥沢テント場へ向います。

みくりが池。
a0165316_09354589.jpg

立山地獄の世界では、
血の池だとされた褐色の池。
a0165316_09354748.jpg

地獄谷は立入禁止。
硫化水素で枯れたハイマツ。
a0165316_09355085.jpg

雷鳥沢への道、
UP&DOWNが多く、なかなか疲れます。
a0165316_09372814.jpg

テント場が見えてきました。
a0165316_09372889.jpg
今年もたくさんのテント。

我家は、モンベルのステラリッジ3型。
設営は、だいぶ慣れました。
10分もかかりません。
a0165316_09372919.jpg

時刻はまだ13時40分。
a0165316_09373082.jpg
初日はのんびり過ごします。

クロックスに履き替えて、
テント場近くの浄土沢へ。
a0165316_09373155.jpg
水が冷た過ぎ。
足も入れてられない程。
a0165316_09373072.jpg

まだ15時前ですが入浴。
ロッジ立山連峰の温泉を借りました。
a0165316_09373168.jpg
温泉後の楽しみ。
a0165316_09372771.jpg

しばらく散歩。
a0165316_09383825.jpg
チングルマ。
a0165316_09383945.jpg
ヨツバシオガマ。
a0165316_09383953.jpg

テントに戻り、
また飲んで昼寝。
a0165316_09384030.jpg

夕飯。
a0165316_09384049.jpg
アーベンロートな立山。
a0165316_09385389.jpg
そして日没。
a0165316_09385483.jpg
a0165316_09385324.jpg

満天の星。
何度も撮影を試みましたが、
コンデジじゃうまく撮れません。
一眼レフ買う決心をしました。
(第一候補: PENTAX KP-70)


翌朝。
朝5時20分に出発。
今日は登山
a0165316_09395062.jpg

最初は別山乗越に向かいます。
a0165316_09395091.jpg

後ろを振り返ると、
雷鳥沢、地獄谷、弥陀ヶ原。
そして遠くに日本海。
a0165316_09395166.jpg

昨年登った奥大日岳も。
a0165316_09395240.jpg

7時。
別山乗越に到着。
山小屋:剱御前小舎があります。
a0165316_09395339.jpg

この別山乗越で姿を現す剱岳。
a0165316_09395256.jpg

剱岳の奥には後立山連峰の山々。
a0165316_09395344.jpg
※今年、後立山連峰の鹿島槍ヶ岳や
五竜岳を縦走するつもりでしたが、
9月が天候不順で、計画が倒れました。


さあここから、
立山(雄山)への稜線歩きが始まります。
a0165316_09405432.jpg
a0165316_09405481.jpg

進行方向の左手には、
ずっと剱岳の勇姿があります。
ほんと威風堂々。
a0165316_09405528.jpg
昨年あの剱岳山頂に立ちました。
いまだベスト1な山行です。
http://tmkn.exblog.jp/21526057

しつこいくらい何度も、
立ち止まっては剱岳を眺めます。
a0165316_09405619.jpg

立山:雄山までの縦走路。
a0165316_09405771.jpg
もちろん三男は初めて。
a0165316_09405776.jpg

トウヤクリンドウ。
a0165316_09405635.jpg
よく咲いていました。


そして。
別山(南峰)に到着。
標高2.874m。

祠があります。
a0165316_09405840.jpg
チングルマの花。
a0165316_09422415.jpg

冬に降った雪が、
異常に少なかったからか、
いつもと違う立山を感じました。
・チングルマの花が少なかった事。
・小さい羽虫がたくさん飛んでいた事。
・そして、雪渓がほんとに少なかった事。
いつもはこの景色の中に、
雪の白がたくさんあります。
a0165316_09405583.jpg



今年、我々が雪渓を踏んだのは、
この別山山頂だけ。
a0165316_09422564.jpg

雪渓を過ぎると、雷鳥に遭遇。
a0165316_09422572.jpg
親子で計6匹。
a0165316_09423291.jpg
a0165316_09422658.jpg

別山の北峰山頂にも寄りました。
標高2.880m。
a0165316_09423375.jpg
ここからの剱岳の眺めが最高でした。
a0165316_09423548.jpg

剱岳からカラスが飛んできます。
さっきの雷鳥が心配。
a0165316_09423434.jpg

進みます。
a0165316_09423514.jpg
a0165316_09443097.jpg
a0165316_09443147.jpg
a0165316_09443211.jpg
a0165316_09443285.jpg
a0165316_09443322.jpg
a0165316_09443432.jpg

小学2年生には大変な道程。
疲れている様子。
がんばる後姿。
a0165316_09453290.jpg
a0165316_09453582.jpg

タカネツメクサ。
a0165316_09453392.jpg
チシマギキョウ。
a0165316_09453396.jpg
ミヤマアキノキリンソウ。
a0165316_09463145.jpg

内蔵助カールの雪渓も、
今年は異様に少ない。
a0165316_09453450.jpg

富士ノ折立への急登。
a0165316_09453400.jpg
a0165316_09453505.jpg

やっと大汝山の休憩所。
時刻は11時15分。
a0165316_09473330.jpg
ここでカレーを食べるつもりが、
団体客さんの為、
まさかのオーダーストップ。

ショックな三男。
空腹と疲れでヘトヘト状態。
a0165316_09473458.jpg

ようやく、
雄山山頂が見えました。
a0165316_09473492.jpg

雄山山頂は、
室堂から直接登ってきた人たちで大賑わい。
一気に都会な感じになります。
a0165316_09473733.jpg
三男は、雄山神社の売店で
カップラーメンを2杯食べました。

雄山神社に参拝。
a0165316_09473566.jpg
祝詞と御神酒。
a0165316_09473561.jpg

祠の後ろに見える、
今日歩いた稜線と剱岳。
a0165316_09473643.jpg

雄山神社を後にします。
a0165316_09473697.jpg

岩の割目に整列するチシマギキョウ。
a0165316_09473728.jpg

ほとんどの登山者が、
室堂~雄山の往復の為、
ここから室堂までは大混雑でした。
地元富山の小学校の遠足もあり。
a0165316_09485555.jpg
三男は地元小学生(5年生)よりも
自分のほうが早く歩けるんだと意気込み。
張りあいます。
a0165316_09485649.jpg
a0165316_09485717.jpg
a0165316_09485691.jpg

雄山を下り終え、
一ノ越から室堂までの道。
a0165316_09485762.jpg
いつもの雪は全くありませんでした。

トリカブト。
a0165316_09485819.jpg

14時30分に室堂に到着。
下写真の山、全て今日歩きました。
a0165316_09485928.jpg
a0165316_09485891.jpg

みくりが池で地獄ピザ。
a0165316_09485917.jpg

雷鳥沢のテント場へ戻り、
また温泉に入ってから夕食。
a0165316_09485976.jpg

この夜は、
テントを叩きつける激しい雨。
&強風。 目が覚めました。


翌朝。
この日は、
五色ヶ原方面へ向かう予定でしたが、
天気の崩れと体の疲れもあり、
下山を決めました。
a0165316_09523606.jpg
a0165316_09523715.jpg
a0165316_09523867.jpg

下山後。
芦峅寺の宿坊を見学。
a0165316_09523891.jpg
富山環水公園にある、
「世界で最も美しいスタバ」でコーヒー。
a0165316_09523941.jpg
夜は、氷見で魚を食べました。
a0165316_09523960.jpg

翌日は、氷見の松太枝海水浴場へ。
ここは遠浅でおススメ。
a0165316_09531773.jpg
a0165316_09531884.jpg

雨晴海岸から、
剱岳が見えました。
a0165316_09531863.jpg

夜は魚津で。
a0165316_09531950.jpg

翌朝、魚津の海へ行くと、
どこからか「猫の鳴き声」がします。
探してみると、
なんとテトラポットの中に子猫。
弱っていて、上がってこれない状態でした。
a0165316_09531988.jpg
a0165316_09531949.jpg
助けてやり、カマボコをあげました。
a0165316_09532022.jpg

帰路。
生地の港で牡蠣。
a0165316_09532197.jpg
三男にとっては、初の生牡蠣。
ペロッと食べました。
(妻と次男は牡蠣を食べれません)

************

9月、新学期。
小学校の廊下の壁に、
自由研究【立山2016】が張られました。
a0165316_09532115.jpg


by tamakentaro | 2016-10-17 09:54 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 09日
リベンジ富士山。
タマケンひとり山岳部。

富士山に登りました。
a0165316_15155829.jpg

ゼネコン社員だった頃、
同期といっしょに登った事がある富士山。
往復で12時間近くかかり、もうヘロヘロ。
ほんとに辛かった記憶しかなく、
「二度と登りたくない山」と当時は思いました。



あれからちょうど10年。
登山経験を少し積んでの、リベンジです。



以下、富士登山の記録です。
(山行日:7月24日(日))
****************




今回は、富士宮口から。


夏季マイカー規制中の為、
水ヶ塚駐車場でシャトルバスに乗り換え。
a0165316_15050615.jpg
始発(5:30)に乗れました。


40分ほどで、
富士宮口:五合目に到着。
五合目から見上げた富士山。
a0165316_15050614.jpg


6時18分、スタートです!
a0165316_15050670.jpg


五合目の標高でさえ、2.380m。
すでに瑞牆山や至仏山を越えています!
a0165316_15050631.jpg


進行方向正面に太陽。
眩しいスタートでした。
a0165316_15050620.jpg


6時32分、
六合目:雲海荘。
(各合目ごとに山小屋があります。)
a0165316_15050714.jpg
念の為、
小屋で酸素缶を購入した妻。

10年前の富士登山で苦労したのが、
山頂付近の空気の薄さでした。
富士山頂は気圧、酸素とも地上の2/3です。




すでに森林限界も越えており、
山頂までほとんど変化の無い斜面。
a0165316_15050773.jpg


7時04分、
新七合目:御来光山荘。
a0165316_15050644.jpg

休まず進みます。
a0165316_15081522.jpg


自分はハイペースで進み、
妻はマイペースで進む。
なので、ふたり別々で歩きます。
各合目で待ち合わせ、で、また一緒に進む。
その繰り返しでした。



7時45分、
元祖七合目:山口山荘に到着。
a0165316_15081648.jpg


標高は、3.000mを越えました。
a0165316_15081635.jpg



富士登山中に出会う植物。
この2種がほとんどです。

■オンダテ
a0165316_15081692.jpg

■イタドリ
a0165316_15082356.jpg

富士山の高山植物の種類が少ないのは、
富士山が氷河期以降に出来た山だから
というのが主の原因だとか。



8時を過ぎたところで、
下山する方々とのすれ違いが増えてきました。
御来光を見た人たちですね。
a0165316_15081638.jpg

時折、渋滞も発生しました。


余談ですが、
富士山を登っている人って、
他の山で出会う方々と比べると、
軽い装備の人の割合が高いです。。

ホーキンスやナイキの靴も普通ですし、
コンバースのオールスターの方も・・(笑)。
ソールが外れた登山靴で下る女性もいました。




8時30分、
八合目:池田館。
a0165316_15081785.jpg
ようやく座って休憩。
オニギリ補給。



標高は、3.200mを越えました。
a0165316_15081708.jpg


10年前にも見た「小銭の柱」。
a0165316_15081731.jpg
a0165316_15110867.jpg


9時07分、
九合目:萬年雪山荘。
a0165316_15110882.jpg


ちょうど、ラジオ体操の最中。
私もいっしょに体操しました。
a0165316_15110817.jpg


萬年雪山荘では、布団干しも始まりました。
a0165316_15110861.jpg
屋根上での布団投げ。
すごい技術です。



山頂はすぐ近くに感じます。
けれど、ここからが意外に長く、
標準タイムだと、ここからまだ80分。
a0165316_15110864.jpg


同じ景色の中を、ひたすら登ります。
a0165316_15110987.jpg
a0165316_15110955.jpg



九合目の次は、
九号5勺目:胸突山荘。
9時38分。
a0165316_15110767.jpg

トイレは各山小屋にあります。
完全な料金制で、
トイレ内に集金者がいる小屋もありました。
a0165316_15123844.jpg


天気が良いので、ここでも布団干し中でした。
a0165316_15123887.jpg


標高は、3.500mを越えました。
a0165316_15123990.jpg


空気が薄く感じ始めます。
妻、酸素補給。
a0165316_15123815.jpg
(ほんとに効果があるのか・・?)




いよいよ山頂へラストスパート。
a0165316_15123927.jpg
a0165316_15123967.jpg



10時18分。
浅間大社奥宮と売店がある山頂に到着。
a0165316_15123998.jpg
a0165316_15123934.jpg



スタートから、ぴったり4時間。
思ってた以上に、余裕の到着でした。
(10年前はこの時点でもうヘトヘトでした。)



ダイナミックな噴火口。
a0165316_15141261.jpg
a0165316_15141297.jpg
a0165316_15141256.jpg




そして、最高所:剣ヶ峰へ!
(10年前は、剣ヶ峰をパスしています。)
a0165316_15141202.jpg


「馬の背」と呼ばれる最後の道。
これが嫌なほど急登でした。
a0165316_15141340.jpg
a0165316_15141324.jpg




剣ヶ峰の最高点にある標柱前には、
記念撮影待ちの渋滞が起きていました。

その渋滞時間で、
初めて「ポケモンGO」をやりました(笑)。
(前に並んでいた外人さんもやっていました。)
a0165316_15141387.jpg



そして11時00分、
剣ヶ峰の最高点に立ちました!
標高:3775.5mです!
a0165316_15141465.jpg



なお。
この標柱より少し先に、
辺りで最も高い部分があり、
お賽銭が置かれています。
ここ↓。
a0165316_15155829.jpg



いつも、
どの山の山頂に立っても
富士山を探してしまいますが、
当たり前ながら今日は、
富士山は見つかりません。
a0165316_15155382.jpg



売店で500円の炭酸飲料を飲んでから、
a0165316_15155422.jpg



下山開始(11時35分)。
a0165316_15155405.jpg



下りはもう休憩なしで、
高速ダッシュ。(2度、転倒。)


そして、13時30分。
無事に五合目に到着。
a0165316_15155442.jpg



シャトルバスで駐車場まで戻ります。
a0165316_15155575.jpg



10年前の記憶のせいで、
「すごいハードな山」と思い続けていましたが、
今回はほんと大したことなく、
普通に登る事ができました。



翌日の筋肉痛もなし。
タマケン山岳部の成果を実感。

リベンジ成功。
a0165316_15375952.jpg


by tamakentaro | 2016-09-09 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 29日
鳳凰三山(薬師岳・観音岳・地蔵岳)
タマケンひとり山岳部

鳳凰三山に登ってきました。

鳳凰三山は、
山梨県の南アルプス北東部にある3つの山
薬師岳・観音岳・地蔵岳 の総称です。

花崗岩と白砂の稜線。
a0165316_22575812.jpg

地蔵岳にあるオベリスクの岩塔。
a0165316_2259574.jpg


ずっと憧れの山でしたが、
行程が長く日帰りにはハード。
なかなか登れずにいました。

ようやく今回、
テントを担いで挑む事ができました。


*************

今回の登山ルートです。
a0165316_2352965.jpg

★DAY1
夜叉神峠登山口 ⇒ 夜叉神峠 ⇒ 杖立峠
⇒ 苺平 ⇒ 南御室小屋 ⇒ 薬師岳 ⇒ 観音岳
⇒ 地蔵岳 ⇒ 鳳凰小屋(※テント泊)
※標準コースタイム:9h45min

★DAY2 
鳳凰小屋 ⇒ 地蔵岳 ⇒ 高嶺 ⇒ 白鳳峠
⇒ 白鳳峠入口 ⇒ 広河原
※標準コースタイム:6h40min



以下、鳳凰三山の登山記録です。
**************

★DAY1

5時30分。
夜叉神峠登山口の駐車場に到着。
a0165316_2371211.jpg


登山届を提出。
6時10分、出発です。
a0165316_2372434.jpg


今日は、標高差約1500mを登ります。
テント泊装備でこれだけ歩くのは初めて。
荷物は普段の倍以上です。
共用のものは二人で分担して担ぎました。
テント類と調理器具&水は、私。
食材は妻。
a0165316_23125968.jpg
寝袋や衣類は各自で。


スタート時から、
普段より重たいザックに、足取りも重い妻。

なんとか50分ほどで、
夜叉神峠に到着。
a0165316_23131270.jpg
白峰三山(しらねさんざん)がよく見えました。
右から北岳、間ノ岳、農鳥岳。

※意外と知らない人が多いと思いますが、
北岳は日本で2番目に高い山です。
(ちなみに、間ノ岳は4番目。)

延々と続く樹林帯。
途中、雲海が見えました。
a0165316_23132484.jpg



8時05分 杖立峠。
a0165316_23133479.jpg


展望なき樹林帯を進みます。
a0165316_23134799.jpg

ザックが重く、とてもスローな妻・・。
しかたなく妻のザックをさらに軽くします。
食料の一部も私のザックに移動。
a0165316_23135733.jpg



9時35分 苺平。
a0165316_23141234.jpg


シラビソの林の中を歩きます。
a0165316_23142859.jpg


途中ガスったり、また晴れたり。
a0165316_23143879.jpg


難しい比喩の看板。
a0165316_23144714.jpg



10時10分 南御室小屋(みなみおむろごや)。
a0165316_23145761.jpg


空になったペットボトルに水を補給します。
スタートから4時間が過ぎ、
すでに、ひとり1.5Lの水を消費していました。
a0165316_23151030.jpg



森林限界はもうすぐ。
a0165316_23153313.jpg



妻はもうヘトヘトでした。。。
a0165316_23154356.jpg


森林限界を抜け、
砂払岳山頂に着いた頃、
a0165316_2315536.jpg

ついに妻ダウン。
声も出なくなりました。。
a0165316_2316738.jpg

休息。
オニギリや饅頭で糖分を補給。

20分ほどして、ようやく回復した妻。
シャリバテ(糖分不足によるバテ)だったようです。
a0165316_2316188.jpg





さあいよいよ、
ここから稜線歩きが始まります。
a0165316_23163156.jpg

花崗岩と白砂の稜線。
a0165316_23164015.jpg

a0165316_23164847.jpg

キバナシャクナゲ。
a0165316_23165985.jpg




12時05分ようやく、
鳳凰三山最初のピーク:薬師岳山頂に到着!
a0165316_23171014.jpg

標高2.780m。
a0165316_23171865.jpg


薬師岳の山頂は広々としていました。
寝転んで一服。
a0165316_23184381.jpg


軽い昼食など20分ほど休憩してから
行動再開。
a0165316_23185363.jpg

ガスが濃くなっていく稜線。
a0165316_2319016.jpg

絶滅危惧種:タカネビランジ。
a0165316_23191381.jpg

ハイマツの赤い花。
a0165316_23191967.jpg



そして、
a0165316_23192730.jpg


12時50分 観音岳山頂に到着!
a0165316_23193787.jpg
標高2.841m。
観音岳は鳳凰三山の最高峰です。


石の上から、
雲の動き眺めます。
a0165316_2320030.jpg
次から次に発生する雲。
見ていて飽きません。



最後のピーク:地蔵岳へ向けて出発。
ここからの稜線歩きが、最高でした。
a0165316_23201556.jpg

a0165316_23202674.jpg

a0165316_23203395.jpg

a0165316_23204385.jpg

日暈を裂くヒコーキ雲。
a0165316_23205148.jpg

a0165316_23205845.jpg

a0165316_2321834.jpg

a0165316_23212084.jpg



そして。

雲の中から突如現れたのは、
地蔵岳のオベリスク!
a0165316_23213621.jpg
14時10分 地蔵岳山頂に到着です。。
鳳凰三山コンプリート!

あいにく、
すぐに山頂一帯はガスに覆われ、
オベリスクも姿を隠してしまいました。


幕営地を目指し、東側を下ります。
a0165316_23221074.jpg

砂の急斜面。
a0165316_2322188.jpg


樹林帯を下り、
a0165316_23222994.jpg

クルマユリの花を過ぎ、
a0165316_23223778.jpg

14時40分、やっと鳳凰小屋に到着。。
登山スタートから8時間30分。。
ザックも重かったし、なかなか疲れました。
もちろん速攻ビール。
a0165316_23224797.jpg


そして、すぐにテント組立。
a0165316_2322565.jpg

混雑するテント場と聞いていましたが、
この日はガラガラ。
a0165316_2323533.jpg


16時30分から夕食(自炊)。
a0165316_23231584.jpg
ハンバーグの後、
食べきれない程パスタを作ってしまい
吐きそうになりました。


前日の寝不足もあり、
夕食後はバタンキュー。
*************

★DAY2

翌日。
2時30分に起床。
(たっぷり7時間半寝ました。)

暗闇の中、
周囲の人を起こさぬよう静かにテント撤収。
空には満天の星。

3時ちょうど出発です。
再び、地蔵岳を目指します。
a0165316_23235836.jpg

ヘッデンの灯りが頼り。
a0165316_2324571.jpg

誰もいない樹林帯。
道迷いが不安だな、と思った矢先・・・、
a0165316_23241448.jpg
本当に道から外れていました。
遭難です(笑)。

来た道まで戻ろうとしても、
来た道がどこにあるのか分からくなりました(汗)。。
暗闇の中で右往左往。

最後はGPS頼み、進むべき方角へ_
とにかく草木をかき分け、
倒木を越えて汗だらだら。


やっと昨日の砂地に出る事ができました。
(ホッとしました。)
a0165316_23242694.jpg

a0165316_23243595.jpg


しかし、ほんと急斜な砂地獄。
歯をくいしばって登ります。
a0165316_23244548.jpg

道標は、オベリスクのシルエット。
a0165316_23245522.jpg


そして4時15分。
再びの地蔵岳!
a0165316_2325429.jpg

地蔵だけの地蔵岳。
a0165316_23251582.jpg


御来光を待ちます。
a0165316_2325274.jpg

風はありませんが、
寒いのでレインウェアを着ます。
a0165316_23253576.jpg
西の空も焼けています。



我々2人の他に誰もいない山頂で、
オベリスクを前にして御来光を待つ。
なんだかすごい幻想的な時間でした。
a0165316_23255179.jpg

そして、4時37分御来光!
a0165316_2326162.jpg

a0165316_23262671.jpg

完璧な御来光でした。
a0165316_23265253.jpg


遠くの雲海。
a0165316_2327355.jpg

八ヶ岳も。
a0165316_23271441.jpg

北岳、間ノ岳、農鳥岳。
a0165316_23272615.jpg



や、本当キレイでした。
a0165316_23273747.jpg





余韻に浸ったまま、
朝5時ちょうどに下山開始!
a0165316_23275150.jpg

白鳳峠を経由して、広河原を目指すルートです。
a0165316_2328189.jpg


太陽を背にして進みます。
a0165316_23281163.jpg

朝日に照らされたシャクナゲ。
a0165316_23282046.jpg

前方には甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳の絶景。
a0165316_2328321.jpg


5時40分、高嶺。
a0165316_2329389.jpg

今日はまだ、朝から誰とも会っていません。
貸切状態の絶景を歩きます。
(※下山まで誰にも会いませんでした。)
a0165316_23291148.jpg

a0165316_23291981.jpg

a0165316_232929100.jpg

a0165316_23293683.jpg


6時20分 白鳳峠。
a0165316_23294378.jpg

ここからゴーロ帯が続きます。
a0165316_23295271.jpg

本当歩きにくい。
a0165316_2330033.jpg

甲斐駒のゴーロ帯にもあった白い苔。
a0165316_2330976.jpg

40分以上続いたゴーロが終わると、
a0165316_23301949.jpg

苔むす樹林帯に突入。
a0165316_23302918.jpg

シラビソの深い森です。
a0165316_23303659.jpg

薄暗く荒れた急斜面を延々下ります。
a0165316_23304473.jpg

梯子が連続。
a0165316_23305193.jpg

鎖場も。
a0165316_2331150.jpg

そして林道に到着。
a0165316_2331911.jpg
白鳳峠からこの2時間の下りは、
ほんと疲れました・・。


広河原まではあと少し。
a0165316_23313377.jpg

a0165316_23314293.jpg



途中で、寄り道。
吊り橋を渡ってみました。
a0165316_2331521.jpg
前方に北岳が見えました。
近いうちに登ってやりましょう。


8時30分。
広河原に到着しました。
a0165316_233207.jpg
ここからすぐにバスに乗るつもりでしたが、
バスの始発がなんと、10時15分!。
(調べておけばよかった・・・。)


インフォメンションセンターで1時間半の時間潰し。
そこで見た掲示物の内要はショックでした。
a0165316_23321294.jpg
写真比較で見た「この十数年での森林の減少」、
特に「鹿害の影響」を知って気持ちが凹みました。



10時15分の始発バス。
a0165316_23322132.jpg
夜叉神峠登山口まで戻ります。



鳳凰三山。
ほんと、素晴らしい山行でした。
a0165316_14061045.jpg






by tamakentaro | 2016-08-29 23:34 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 31日
コマクサ群生の草津白根山
タマケンひとり山岳部。

草津白根山へ登ってきました。

山頂付近で、群生するコマクサに会えました。
a0165316_15404076.jpg

草津白根山は山頂付近まで、
車でもロープウェイでも行けてしまいます。

そんなお手軽な山:草津白根山ですが、
実は活火山

2014年6月に噴火警戒レベルが2まで上がり、
観光スポットな火口湖:「湯釜」周辺は、
いまだ立入禁止です。
a0165316_15405553.jpg

今回は、ロープウェイを使わず、
歩いて本白根山を目指しました。
(富貴原の池を経由するルートです。)


少し前。
7月3日の記録です。
***************


朝4時に雨の予報を確認、
山行中止を決めたのですが・・。

二度寝後に天気予報が少し回復。
「やはり行っちゃおう」と家を出たのは、8時30分。
今までの山行で最も遅い出発時間となりました。


ロープウェイ山麓駅に着いたのは11時。
普段なら山頂付近にいる時間です。
a0165316_1541169.jpg
小雨が降っていたので、
ロープウェイに乗る人も少なそうです。

ザックにレインカバーを装着してから出発。
殺生河原を歩きます。
a0165316_15412557.jpg

たちこめる硫化水素の臭い。
立入禁止エリアの脇を進んでいきます。
a0165316_15413721.jpg
あとから知りましたが、
昔、ここで硫化水素による死亡事故があったそうです。


小雨はすぐに止みました。
しかし、
登り始めの時間が遅かったからか?
みなロープウェイを利用するからか?
人のいない寂しすぎる登山道。
a0165316_15414317.jpg

a0165316_15415015.jpg

a0165316_15415857.jpg

ハイキング気分でいたら、
意外にも険しきアップダウン。
a0165316_1542812.jpg

a0165316_15421648.jpg

三男、汗だらだら、ふてくされます。
(「すごい楽な山だから」と伝えていたので。)
a0165316_15422678.jpg


1時間ほど歩くと、富貴原の池。
a0165316_15463878.jpg

静かな池です。
しばらく池沿いのフラットな道を歩きます。
a0165316_15477100.jpg

池を過ぎると樹林帯の中、
再び登りが続きます。
a0165316_15471697.jpg

a0165316_15472262.jpg

珍しい植物に遭遇しました。。
ギンリョウソウです。
初めて見ました。
a0165316_15473111.jpg

別名:ユウレイタケという名の通り、
白い幽霊のようにニョキニョキ立ち上がっています。
a0165316_15473827.jpg
森林限界に至るまでの間、
このギンリョウソウを何本も発見しました。

進みます。
a0165316_15474996.jpg

鏡池。
噴火口のひとつです。
a0165316_15475637.jpg

曇り空の中、
わずかに覗く青空は、より青く見えます。
a0165316_1548491.jpg


そしてようやく森林限界へ。
ハイマツ帯を抜けると、
a0165316_15481315.jpg

や、びっくりしました。
噴火口の広い荒原に、コマクサの大群生!
や、まさかこれほど咲いているとは。
(感動!)
a0165316_15482376.jpg

a0165316_15483125.jpg

a0165316_15483822.jpg

a0165316_15484671.jpg

以前、赤岳からの下りで
1株だけ見たことがあるのですが、
ここまで群生しているとは!

写真とりまくり。
それぞれ、微妙に色が違います。。
a0165316_1548561.jpg

a0165316_1549638.jpg

a0165316_1549187.jpg

a0165316_15492649.jpg

こういった厳しい環境で育って
風雪に耐え花を咲かせるコマクサ。
実は、戦後の盗掘によって絶滅寸前だったそうです。
(昭和53年以降、すこしずつ復元されていきました。)

ちなみに、盗掘された理由は、
コマクサが薬の原料となった為だったとか・・。
(現在は、コマクサを使った薬は無いそうです。)


そして、14:00。
a0165316_15493778.jpg

本白根山の展望所に到着!
(これで百名山25座目です。)
a0165316_15494527.jpg

ここでしばらく休憩。
四阿山や浅間山が見えました。
a0165316_1549558.jpg


下山。
a0165316_155051.jpg

中央火口(から釜)をぐるっと周ります。
a0165316_15501467.jpg

火口の下には、カモシカの親子がいました。
a0165316_15502285.jpg

ちなみにこの時、
足元を、野ウサギが走っていきました。
ピーターラビットみたいな野ウサギでしたが、
超スピード。写真はとれませんでした。。

a0165316_1550364.jpg

そして山頂駅に到着。
a0165316_15504754.jpg

ここから下りはロープウェイを利用しました。
a0165316_15505741.jpg

ロープウェイからもカモシカを発見。。

登山的には物足りない山でしたが、
ギンリョウソウ、コマクサ、カモシカ、野ウサギ・・
生き物にたくさん出会えて楽しめた山行になりました。



ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました


by tamakentaro | 2016-07-31 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)