カテゴリ:★ひとり山岳部★( 84 )

2011年 08月 18日
立山2011
2007年夏から家族で毎年、立山(雄山)に登っています。

2007・・・登頂(天気:快晴)
2008・・・途中リタイア(天気:濃霧+雨)
2009・・・登頂(天気:快晴)
2010・・・途中リタイア(天気:濃霧+雨)・・・・こちら

全ては天気次第。

そして今年は・・・・
a0165316_22563972.jpg

曇りで風が強い日でした。
でも時々、雨が降ったり、晴れたり。
気温は14度(室堂で)。

立山駅から室堂まではケーブルカー+バスで。
室堂からが足で歩く登山です。

登山。
室堂から一の越までは整備された道を歩きます(矢印Aが一の越)。
一の越から雄山頂上は半ばロッククライミング(矢印Bが雄山頂上)。
a0165316_2314038.jpg



a0165316_232018.jpg

一の越までは3歳の三男も頑張って歩きました。
途中には雪道。
a0165316_2355944.jpg



一の越から先は、長男+次男と。
a0165316_2333319.jpg

ふと我に返ると、恐怖さえ感じる岩登り。
(写真の下に見える小屋が「一の越山荘」)。

a0165316_2344189.jpg

a0165316_2351358.jpg


そして頂上!
a0165316_2365665.jpg

神社を参拝します。
a0165316_2374578.jpg

a0165316_2383727.jpg

登頂した人の証の札。

山を下りるのも結構危険。
a0165316_2310673.jpg



今年は雷鳥に8羽も遭遇。
一度に6羽の群れにも。
a0165316_23111324.jpg



チングルマという野草が群生しています。
a0165316_23115864.jpg



室堂というのは日本最古の山小屋の事です。
柱に金輪継がありました。
a0165316_23152371.jpg



いずれ、
大汝山、浄土山、そして剣岳にも登りたいなあと思います。





【立山アーカイブ】
■2007
a0165316_2320156.jpg


■2008
a0165316_23201719.jpg


■2009
a0165316_23203730.jpg

赤ん坊を背負って登りました。
a0165316_23205525.jpg






★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-08-18 23:22 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 16日
立山2010
毎年、家族で「立山」に登っています。

室堂まで高原バスで行き、そこから雄山頂上までの登山。
自分にとっては1年で最も楽しいイベントです。
でもそれは、天気が良ければの事。

今年は台風4号が通り過ぎた後、天気が不安定になり、北陸のお盆は曇りと雨の繰り返し。。。。
日本海から見た立山連峰はずっとこんな感じでした ↓ 。
a0165316_1725138.jpg


この日も、雨とは分かっていましたが、とりあえず室堂へ。
当然の雨、霧で前が見えないわ、寒いわで結局、登山は断念。
a0165316_17283117.jpg

a0165316_17284710.jpg

本当に悔しい。

ちなみに立山登山は「立山曼陀羅」という霊山ならではのサイドストーリーを勉強しとくと楽しさ倍増です。
a0165316_17452065.jpg

a0165316_17453861.jpg

by tamakentaro | 2010-08-16 23:09 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 29日
屋久島2
屋久島の事を再び。

往復22Kmのトレッキングは旅行2日目の朝4時起きで始まりました。
前日の酒が残り登山口で嘔吐という状態でのスタートで。。。
(22Kmというと東京駅から吉祥寺駅まで歩く距離だそうです。)

最初はトロッコの軌道を延々8Km歩きます。
欄干のない橋を渡り、テンションが上がります。
a0165316_2149359.jpg


鹿が普通に出没したり
a0165316_21495333.jpg


食虫花が咲き乱れる道。
a0165316_21504076.jpg


樹齢1000年以上の杉を屋久杉と言います。
そんな屋久杉が生い茂り薄暗くなった頃、トロッコ道が終わり
険しい山道に変わります。
a0165316_2205824.jpg

a0165316_2212879.jpg

a0165316_2215913.jpg


屋久島では、樹木の上に落ちた他の種子が芽を出して育っています。
着生という現象で、寄生とは違うそうです。
a0165316_2261297.jpg


屋久杉と言っても樹種としては他の杉と同じで、
育った環境によって他の杉と違いが現れるんだそうです。

屋久島は実は花崗岩の固まりです。
屋久杉は、そんな水をたくわえる事ができず栄養の少ない岩の上で育ちます。
また、たくさんの樹木が光を奪い合う状態です。
そんな環境下では、成長が大変遅くなります。

その成長の遅さが、逆に年輪の幅が狭い=年輪が詰まった、だから樹脂がぎっしり詰まり
腐りにくい杉になる要因なんだそうです。
そして、腐りにくければ、長生きして巨木になる。




樹齢2100年とも、7200年とも言われる縄文杉の他にも、
スター級の屋久杉がたくさんあります。
そんな中、切り株のくせに圧倒的存在感を示すのが「ウィルソン株」です。
豊臣秀吉時代に伐採されたそうです。。
切り株の中は、タタミ8畳分あり、泉が湧き祠まで祭られています。
↓ウィルソン株の前で記念撮影。
a0165316_222255.jpg

株の中から空を見上げるとハートが現れます。。。
a0165316_22233033.jpg


そして・・ついに縄文杉に逢えて。
a0165316_22333253.jpg

a0165316_22335642.jpg

仮に樹齢2100年だとしても、キリストよりも前に生まれてるわけで。
その何がすごいかも理解できないんですが、荘厳さに圧倒されます本当。

そして帰路。延々TOTAL・22Kmを歩くとトレッキングが終わります。
↓ガイドさん2人と一緒に記念撮影。
a0165316_2245347.jpg

屋久島、また行きます。


ちなみに、海はハワイのようにキレイです。
a0165316_2246249.jpg




タマケンブログです。
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します。

  ↓    
 
下の写真をクリックしてください。
(ポイントが加算されます。)
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2010-04-29 23:32 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(2)
2010年 04月 26日
屋久島
屋久島へ行ってきました。

a0165316_22505338.jpg

往復10時間以上かけ、22Kmの山道を歩き、縄文杉に逢いに行くトレッキング。
「もののけ姫」の世界がありました。

本当素晴らしい場所で、早くもリピートしたい気持ちでいっぱいです。
詳細は追ってUPします!

by tamakentaro | 2010-04-26 22:46 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(4)