<   2010年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 31日
FC東京VS名古屋
ナビスコ初戦。
東京2-2名古屋。
重松健太郎が同点ゴール。
a0165316_1249262.jpg

by tamakentaro | 2010-03-31 23:07 | 【その他】 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 30日
なにこれ珍百景1
町のリフォーム工事では珍百景によく出会います。
今日は押入内のUBでした。

a0165316_9575587.jpg

by tamakentaro | 2010-03-30 23:51 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 28日
昭和の風景
空き地で野球をして、近所の家にボールが・・・。
昭和。

a0165316_23405287.jpg

by tamakentaro | 2010-03-28 23:38 | 【休日】 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 26日
第6回打合せ F案
「下高井戸の家」のF案が提示されました。
迷い込んでいた基本計画も、ようやく糸口が見つかり出しています。

これからは架構の話もどんどん煮詰めていかないと行けません。
しかし、設計N氏と自分とは、そこらへん(伝統構法含む)の共通の言語がまだ少ない点があり、
そこをもっと(大工、構造家を含め)議論打合せしていきたいです。
同時に、N氏の現代的デザインを理解しながら進めていく事が大事です。

今日は、他の物件の打合せを含め、N氏とは朝9時から夜11時まで一緒でしたが、
夜は大久保のタイ料理屋の老舗クンメーで激辛汗だくでした。

a0165316_1138594.jpg

by tamakentaro | 2010-03-26 23:21 | 【下高井戸の家】 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 25日
社内勉強会1
社内で勉強会を開きました。

第1回目は、大工YDによる「住宅に関する新しい制度の再確認」です。
基準法、瑕疵担保、長期優良、省エネ改正、そしてエコポイントなど。

次回からは施工レベルで、そこらへんを勉強していきたいと思います。
皆で勉強していって、より技術力の高い工務店を目標にしたいです。

そして、勉強会の後は、
王将餃子、ドミノピザ、桜寿司、ヤマネの焼き鳥などなど満腹になるまで食べました。

a0165316_10474799.jpga0165316_10475735.jpg

by tamakentaro | 2010-03-25 23:35 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 24日
弊串(へいごし)
大工KWが本格的な弊串(へいごし)のミニチュアを作りました。

弊串とは、上棟式の日に棟木に取付ける飾りで、その家や家族の幸福や厄除けを願う物です。
種類も多く、地方によっても形は異なるそうです。

五色の紙は「五行思想」というのが起源で、
青色が木を、赤色が火を、黄色が土を、白色が金を、黒が水を現しているそうです。

a0165316_1121724.jpga0165316_1122419.jpg


当社の新築工事では必ずこの弊串を上棟した建物の棟木に取り付けています。
こういう伝統的な風習も大事にして行きたいと思っています。
ちなみに、下の写真は去年、新築工事の弊串を作っているところです。
a0165316_1171986.jpg

by tamakentaro | 2010-03-24 23:50 | 【その他】 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 23日
防火規制と木について
20日(土曜)に、
「近山スクール」(という木造住宅の勉強会)の最終講義に参加してきました。
安井昇先生という「防火」のスペシャリストによる講義でした。

都市部の防火規制の中で、いかに積極的に木を使って住宅を作るかがテーマです。
・軒裏を木の現しにするには?
・木造3階建(準耐火造)で木の梁現しの建築を作るには?
・木製格子を付けたAWは、防火的にいいのか、悪いのか?
 などなど

おさらいですが、都市部(ここでは準防火地域とする)の木造住宅はだいたい以下の2つになると思います。
【防火構造建築】
・準防火地域の(500m2以下の)2階建ては、延焼部(外壁、軒裏)を『防火構造』とする防火構造建築物とする
・つまり防火構造建築は周囲の屋外火災に抵抗する構造
【準耐火建築】
・準防火地域の3階建ては、主要構造部を『準耐火構造』とする準耐火建築物とする
・準耐火造建築は屋外火災+屋内火災に抵抗する構造

a0165316_9231417.jpg


↓↓↓
まず軒裏の件ですが、結果として、30mm以上の野地板、45mm以上の面戸を使えば木現しでOKです。
(「下高井戸の家」は、垂木、野地板、面戸を無垢材の表しでやりたいと思っています。)
ここらへんは木組ゼミでも勉強済だったんですが、今回の講義で改めて技術的な根拠が分かりました。
また、木造3階建でも、JAS材を使った「燃えしろ設計」により、柱梁を木現しにできる。
木製格子があったほうが周囲の火災時に室内への熱を遮る事が実験では確証済、しかし役所は認めてくれない。
などなど大変為になりました。

また、火気使用室の内装制限が去年の4月に変わったんですが、そこらへんの詳しい仕様も確認できました。
垂れ壁H500ってもう不要なんですね・・。

安井先生の次は、高橋昌巳先生の講義でした。
土壁による内外真壁造の伝統構法を、都市部の防火規制の中で設計をされている方でした。
その実作の防火のポイントを写真で解説してもらえました。

何をいまさらと思われるかたもいると思いますが、
木造の防火の話って奥が深くて面白いですね。
とにかく土曜の午後は、勉強になりました。

by tamakentaro | 2010-03-23 23:20 | 【仕事】 | Trackback | Comments(2)
2010年 03月 22日
結婚式
結婚式に行ってきました。
素敵な式でした。

しかし、
ウイスキー、ワイン、シャンパン、BEER,日本酒・・・・DOWNしてました。

a0165316_1710345.jpg

by tamakentaro | 2010-03-22 23:06 | 【休日】 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 21日
コブシ
近所の公園のコブシが満開でした。

「下高井戸の家」に植える植栽をひとりで結構考えています。
コブシは当確です。

あと、
モクレン、サルスベリ、ニセアカシア、ハナミズキ、ヒメシャラ、ヤマボウシ。。
ちょっと早いですが、植栽のドラフト会議が始まります。

※写真はコブシ
a0165316_172183.jpg

by tamakentaro | 2010-03-21 23:57 | 【休日】 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 18日
彫込引手
リノベーション工事で使う木製建具の引手部分の検討を
杉材でやってみました。
実際は大手も引手もチークを使います。

夕方、設計のN氏にも確認してもらいました。
若干の変更はありそうですが、概ね方向性はいい感じです。

a0165316_14385050.jpg


by tamakentaro | 2010-03-18 23:34 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)