<   2011年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2011年 07月 31日
このアオダモに決めた。 木育の家~木に触れて育つ。
下高井戸の家。

今朝、某造園屋さんの庭を訪ね、計画している植栽を実際に見て選ばせて頂きました。
(こうやって実際に、見て選ばせてくれる造園屋さんは、東京では少ないのでは。)
キレイに管理された広大な庭に、1本1本丁寧に育てられた樹木が並んでいました。
造園屋Kさんの的確なアドバイスを頂きながらの植栽選びは、ずっと見ていたいと思うほど楽しかったです。
ヤマボウシやジューンベリー、イロハモミジ、ソヨゴなどなどを選び、
最後に今回のシンボルツリーとなる【アオダモ】に出逢いました。

これが、そのアオダモ! 早く下高井戸で再会したいと思います!
a0165316_21562172.jpg

8本の株立ち。樹形も本当キレイ。

帰り道、近所の蕎麦の名所にて。
a0165316_21573054.jpg




現場にて~子供たちが裸足で無垢の木と戯れています。
a0165316_22181641.jpg

a0165316_21594969.jpg

無垢の木に触れて育つ・・まさに「木育」というやつです。
地方は除き、今時の住宅内で無垢の木に触れて育つ子供って本当に本当に少ない筈です。
もっともっと無垢の木材を使った家づくりがあればいいと思います。

当社はいつも、無垢材をふんだんに取り入れた家づくりを行っています。

明日から、収納用の建具の吊込も始まります。
スタンバイしている無垢材で作った扉たち。
a0165316_226569.jpg



映画「ライフ イズ ビューティフル」を12年ぶりに、今度は家族でDVDで見た。
やっぱし よすぎる! 

★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-31 22:06 | 【下高井戸の家】 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 30日
雷雨の予報で生コン中止したら晴れた・・・トラウマ
貫井北町の家。

今日は基礎立上CON打設の予定でした。。。
午前中に型枠とアンカーボルトを纏めて、午後打設の予定。

しかし天気予報では、午後からは雨!雷雨の可能性も!!。
(御存知の通り、新潟や福島では豪雨による大きな被害が起こっています。)

今回は基礎断熱ですし、基礎立上天端の管理は非常に重要だ・・。
いろいろ考え・・・今日は打設中止!!とAM11時に決定しました。

しかし・・・その後、青空が現れ、眩しい晴れ。。。。
夕方多少、小雨もありましたが・・・・・・・、本当ハズレちゃいました。



ゼネコンにいたころ、入社2年目の博多駅前のビル工事でコンクリート担当だった自分は、
雨予報50%の日に所長に「大丈夫だから打たせてほしい」と頼み、打設しました。
たしか8階のスラブだったでしょうか。
半分を打ったところで大雨警報発令しちゃうほどの激しい雨。。
しかし、打継ぎを作っちゃいけない構造だったのでその中で最後まで打ちました。
(梁とスラブのCON強度も変えながら打つという難しいCON打ちでした。)
結果、ノロがすべて下階まで流れ落ち、結果大問題になった経験があります。
現場ではしばらくその後始末に追われ、、所長からはしばらく無視され・・・。
あの経験が、今日もトラウマ的に蘇ります。

もし今日、打設していたら結果、何事もなくウマくいったのでしょう。
工程も変更なく。
ああ、心が痛い。
a0165316_19312128.jpg




下小屋には、名古屋から設計の中澤さんが、刻み状況を視察に来てくれました。
a0165316_1932232.jpg





下高井戸の家。

O亭さんありがとうございました。
a0165316_1933595.jpg





★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-30 19:33 | 【貫井北町の家】 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 29日
薪ストーブ(ピキャンオーブン)設置! 本畳敷き!
下高井戸の家。

ついに今日、薪ストーブを設置しました!

薪ストーブは、オーストラリアのネクター社:ピキャンオーブンです。
上部が火室、下部がオーブンになっている暖房兼調理用の薪ストーブです。
料理好きな妻が最終的に選びました。

工事は、「東京ストーブ」さん。
現場から歩いて5分程のところにあるので、今後のメンテも安心です。
a0165316_1913127.jpg

a0165316_19133432.jpg

涼しくなったら、早く火を灯したいです。今は暑くてとても・・。

朝9時から休憩無しで2時過ぎまで作業、その後すぐに軽井沢へ薪ストーブ設置工事へ向かう忙しさ。
東京ストーブさんごくろうさま!



また、今日は和室の畳敷も行いました。

畳敷きは松村畳店さん。
畳床は「ワラ床の本畳」、畳表は熊本八代のイ草。
機械を使わず全て手作業で作ってもらいました。
a0165316_19241449.jpg

a0165316_19242619.jpg

畳のいい香りが家中に広がりました。




貫井北町の家。

現場では基礎立上の設備配管のスリーブ設置。
下小屋では刻み。こちらはもうマトメの段階。
来週末には、土台敷の予定です!!


★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-29 19:31 | 【下高井戸の家】 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 28日
気象庁からのGOサイン~耐圧盤CON 
貫井北町の家。

「午後は雷雨が降るでしょう」という朝の天気予報。
ああ今日、CON打設しないと工程がだいぶズレてしまうな・・・・と悩む。

現場では朝から外周部型枠組と、瑕疵担保の配筋検査。
その間も、どうしようか・・午後から打とうか打たぬべきか・・・。

そんな時は、大手町の気象庁に直接電話してしまいましょう!
ゼネコン時からよく利用していた方法です。
※気象庁の担当者は親切に、リアルタイムでピンポイントな情報を教えてくれます。
 インターネットの天気情報とはけっこう違う内容だったり。

結果、GOサイン!
午後から打設しました。

打設前には必ず受入検査!
a0165316_1936199.jpg

スランプや空気量などを確認してから打設します。

近隣の方の外壁や車を汚さないように、当社の石井、山泉がガードをします。
a0165316_19375584.jpg


無事打設は完了。
a0165316_19382045.jpg


前面道路の清掃をしっかりと。
a0165316_19385528.jpg




★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-28 19:51 | 【貫井北町の家】 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 26日
基礎配筋ほぼ終了。 木塀と薪ストーブ。
貫井北町の家。

基礎配筋がほぼ終了しました。
a0165316_19425187.jpg

当社の配筋検査も実施。
外周部型枠とHDをセットして、木曜日に耐圧盤CON打設です!

下小屋では刻みが大詰め。
a0165316_19442894.jpg




下高井戸の家。

西側の木塀工事が進みました。
a0165316_19451269.jpg


薪ストーブを今週末に設置します。
今日はダミー薪ストーブ(木製)を使って、mm単位の最終位置を決めました。
a0165316_194652.jpg




★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-26 19:46 | 【貫井北町の家】 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 25日
配筋が始まる。 木塀+NEWGATEの時計。
貫井北町の家。

今日から配筋がスタート。
a0165316_19255884.jpg

今日は、足場とAWの打合せを、それぞれ加藤組、YKKと行いました。
刻みも順調です。


下高井戸の家。

既に加工してあった木塀ですが、今日から一部組立。
a0165316_1928271.jpg

杉です。スリット30mm。

内部では、木部の塗装残りなど。

ずいぶん前に買っておいた、憧れのNEWGATE社製の時計。
今日、壁に設置しました。
a0165316_19311226.jpg

無骨でシンプルなところが、この家にマッチしていると思います。




★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-25 19:53 | 【貫井北町の家】 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 24日
1階の無垢カウンターカタログ  黒板書き初め
下高井戸の家。

当社は工務店であって、材木屋です。
材木屋ですから、無垢の木材をふんだんに使う事ができます。

1階で使った無垢カウンターを紹介します。
(2階のカウンターはこちら⇒2階無垢カウンターカタログ)。

リビングのニッチ:屋久杉。
a0165316_2135995.jpg

昨年、社員旅行で屋久島の縄文杉を見に行きました。

玄関の下足箱カウンター:チーク
a0165316_2153825.jpg

玄関ドアもチークです。

トイレの手洗カウンター:杉
a0165316_2163621.jpg

余った材料を有効利用しました。

トイレのペーパーホルダー用カウンター:栃(トチ)
a0165316_2173016.jpg

こちらも2階の化粧台カウンターの余りで作りました。

洗面所のカウンター:イチョウ
a0165316_2193182.jpg

お寿司屋さんのカウンターでよく使う材料です。

キッチンのカウンター:栗
a0165316_21112450.jpg

私が一番好きなのが栗です。

ダイニングのカウンター:ウォールナット
a0165316_21131429.jpg

少々反ってしまってますが許します。これが無垢なんだと。

ダイニングとリビングの間のカウンター:桜
a0165316_21221022.jpg

欅の大黒柱と取り合います。

ダイニングのテーブル:脂松
a0165316_21153055.jpg

長男が塾の宿題をしています。



玄関納戸の扉は黒板になっています。
今日,チョークで書き初め。
a0165316_211635.jpg



東京ストーブの松田さんたちと、本日現場で最終打合せ。
東京ストーブさんのBLOG
来週中に薪ストーブを設置します!




★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-24 21:30 | 【下高井戸の家】 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 23日
捨CONまで終了!
貫井北町の家。

厚100mm:山砂を被せてサーマスラブを保護をします。
a0165316_22111969.jpg

山砂はプレートで転圧⇒その上に砕石敷+転圧⇒防湿フィルム敷⇒捨CON。
段取りよくこの工程を一日で終えました。
a0165316_22145324.jpg

来週中に耐圧盤CON,立上CONを打設します。
そして盆休みまでに「上棟+屋根断熱+ルーフィング」という工程です。




夜、近所で地区の子供会。
うちの子供3人も水鉄砲や花火,シャボン玉などで遊んできたようです。
a0165316_22242323.jpg





★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-23 22:58 | 【貫井北町の家】 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 23日
土壌蓄熱式輻射床暖房システム敷込。 高橋と樋口。
貫井北町の家。

7月22日。
現場では、土壌蓄熱式輻射床暖房システム『サーマスラブ』の敷込を行いました。
a0165316_21464010.jpg

a0165316_2147512.jpg

施工性は非常によかった。


下小屋では引き続き、墨付け刻み。
a0165316_21472018.jpg

a0165316_21473787.jpg




久々に某大手ゼネコンさんの元同期と会いました。
歌舞伎町のカサベリアというスペイン料理屋さん(高校時代の友人の店)でサングリアを
飲みすぎ、2件目の居酒屋でUUUPPSS。
a0165316_21513234.jpg

樋口と高橋です。
ゼネコン12年戦士たちとの会話は、リフレッシュ&エネルギー補給になりました。
しかし、家に帰れず。



★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-23 21:56 | 【貫井北町の家】 | Trackback | Comments(6)
2011年 07月 21日
鎮物を埋めました! 刻み刻み刻み! 産廃を燃料に!
貫井北町の家。

台風がようやく過ぎ去り、午後から基礎工事を再開!!
a0165316_193031.jpg

当物件は耐圧盤の下に土壌蓄熱式輻射暖房サーマスラブを設置します。

サーマスラブが熱容量の高いコンクリート基礎を暖め、その輻射熱で家全体を暖めるというシステムです。
耐圧盤の上に暖房器具を設置し、床吹き出し口から家全体を暖める方式はよくありますが、
このサーマスラブの設置は耐圧盤の下!!。
とても興味深く楽しみな工事です。

今日は床付完了~サーマスラブ下の砂敷きまで。

床付完了時、「鎮物」を地中に埋めました。
a0165316_199663.jpg

この家を守って頂きます。

下小屋では墨付けと刻み。
a0165316_19102666.jpg

a0165316_19103738.jpg

a0165316_19104898.jpg

鑿を叩く音、ノコギリ(時折丸ノコ)の刃の音がリズムよく鳴り響いています。




下高井戸の家。

薪ストーブの炉台は大谷石。
その大谷石の表面処理(吸水防止)を行うのは、東和石材:平井さん。
a0165316_19142559.jpg

a0165316_19144224.jpg

今月中(真夏)に薪ストーブを設置します。

産廃(有料)になってしまう無垢材端材などを、無料で燃料として活かす!というテーマ。
経費削減+カーボンニュートラルだっ!



★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-07-21 19:36 | 【貫井北町の家】 | Trackback | Comments(0)