<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2016年 05月 31日
四国遠征① 石鎚山!
タマケンひとり山岳部。

ゴールデンウイーク。
四国へ遠征してきました。
_________

まずは、
愛媛にある石鎚山。
日本百名山のひとつです。

西日本最高峰。
a0165316_17452234.jpg


ハードな鎖場がある山としても有名です。
a0165316_17453290.jpg




以下、石鎚山の記録です。
***********

四国滞在2日目の朝6時30分、
石鎚山の登山口駐車場に到着。

レトロを越え、
廃墟感さえ漂うロープウェイ入口へ。
a0165316_17454277.jpg


a0165316_17455049.jpg


階段を上がると、大勢の神仏がお出迎え。
a0165316_17455813.jpg


石鎚山は山岳信仰の山。
日本七霊山のひとつでもあります。
この日も、多くの修験者さんが登っていました。

ロープウェイは7時40分始発ですが、
さすがゴールデンウイーク。
その40分前に出発してくれました。
a0165316_17461053.jpg


a0165316_1746196.jpg


快晴!
けれど、ずっと強風が吹き荒れた一日でした。

※この日は全国的に風が強く、
東京ではタマケンスタッフが、朝から
現場巡視&足場点検をしてくれていました。
感謝。


ロープウェイは8分で「成就駅」に到着。
ここから登山が始まります。
a0165316_17463370.jpg


20分ほど行くと石鎚山中宮成就社。
ここで今日の安全祈願を。
a0165316_17464286.jpg


祭壇奥の硝子越しに、
これから登る石鎚山が姿を見せました。
a0165316_17464977.jpg


素敵な演出です。


ひさしぶりの家族5人での登山。
2年前の「立山」以来です。
a0165316_17465952.jpg


子供は3人ともサッカー部。
長男&次男は、すでに私の背を抜きました(涙)。
a0165316_1747926.jpg




アケボノツツジは花の見頃。
a0165316_17471799.jpg


四国と紀伊半島に分布しているそうです。
(関東の山でよく見る「アカヤシオ」にそっくりですが、ミクロの部分で微妙に違うそうです。)

そして。
最初に現れる鎖場:「試しの鎖」。
a0165316_17472981.jpg


登らなくても、
ルート上は全く問題の無い鎖場です。

もちろん三男は登れませんから、
妻と一緒に迂回路を行かせました。

さあ、私と長男&次男で、
「試しの鎖」に挑戦です。
a0165316_1747394.jpg



息子たちにとっては、初の鎖場です。
でも、さすがは高校中学のサッカー部、
元気にグングン登り始めました。
a0165316_17475241.jpg


a0165316_1748207.jpg


しかし石鎚山の鎖場は、
予想していたよりもずっとハードでした・・・!
a0165316_17482887.jpg


濡れた岩壁。
少ない足場。
太い鎖。
今まで経験してきた鎖場と比べても、
難易度はかなり高めです!

足場が無いところもあり、
そこは腕の力に頼るしかありません。
a0165316_1748374.jpg


この「試しの鎖」は長さ74m。
20階以上のビル外壁を登る高度感です。
a0165316_17484811.jpg


下を見るとほんと怖いです。

登り切ったピークからは、
迂回路を歩く妻と三男が小さく見えました。
a0165316_17485777.jpg


強風がずっと吹いています。

下りもハードです。
ほとんど垂直。
a0165316_1749964.jpg


そして。
三人とも、「試しの鎖」を無事にクリア。
先に進みます。

前方には、全貌を現した石鎚山。
a0165316_17491894.jpg


夜明し峠で、
妻と三男に追いつきました。
a0165316_17492586.jpg



次の鎖場:「一の鎖」が現れます。
今度は、妻も登ります。
a0165316_17493465.jpg


(三男は、次男と迂回路へ。)
a0165316_17494188.jpg


一の鎖の長さは33m。
石鎚山の鎖の中では最も短いですが、
それでもやはり気は抜けません。
a0165316_17495044.jpg


※全ての鎖場に迂回路が用意されています。
自信の無い方は、
絶対に迂回路を進むべきだと思います。


一の鎖を終え、
またすぐに次の鎖場:「二の鎖」。
a0165316_1750313.jpg


(三男は、今度は長男と迂回路へ。)
a0165316_17501996.jpg


二の鎖の長さは65m。
a0165316_17502819.jpg


途中、足場が無い場所で、
妻がフリーズ。
落ちたら確実に死ぬ緊張感にハラハラしました。
(そんな核心部では写真はとれませんでした)。


そして、最後の「三の鎖」。

もう妻と子供は嫌がりました(笑)。
なので、自分だけで行く事にしました。
a0165316_17504831.jpg


しかし、
私が鎖を持って上がり始めた頃。
上から大きな声。
「ひとり滑落した!上がって来ないで!」。
「スリングで今から降ろす!」
血の気が引きます。。

(幸いにも、下にいた方が受け止めて、
擦り傷程度で助かったそうです。)

この事もあり、鎖場は渋滞。
私は三の鎖をリタイヤする事にしました。
(内心、ホッとしながら。)


迂回路で山頂を目指します。
a0165316_17505869.jpg


そして、最後の階段を上り、
a0165316_1751599.jpg


石鎚神社頂上社のある山頂に到着です。
a0165316_17511244.jpg


さきほどの「三の鎖」を上から覗いてみます。
やはり「止めといてよかった」と思いました・・。
a0165316_17512135.jpg



さて。
この石鎚神社頂上社のある山頂ですが、
実は、石鎚山:弥山(みせん)のピークです。

看板には1.982mとありますが、
この弥山の標高は1.974m。
a0165316_17513014.jpg



その最高点1.982mは、
もうひとつのピーク:天狗岳にあります。
これがその天狗岳。
a0165316_17513911.jpg


すごい迫力に圧倒されます。

あの天狗岳山頂を目指します!
ザックと子供3人をデポして、
妻と二人でアタック。
a0165316_17514949.jpg


a0165316_175294.jpg


切れ落ちたナイフリッジ。。
すごい強風の中を進みます。
a0165316_17521749.jpg


や、結構こわかったです。
(途中、リタイヤする人もいました。)
a0165316_17522670.jpg


下から見たこの天狗岳稜線。
a0165316_17523519.jpg



そして、AM10:30。
石鎚山:天狗岳の山頂に辿り着きました!
a0165316_17524490.jpg


ほんと小さなピークなので、
すぐにリターン。
a0165316_1753142.jpg


a0165316_1753974.jpg


a0165316_17531644.jpg



弥山に戻り、
そして下山。

下山ルートは、鎖場ではなく迂回路を歩きます。
a0165316_17533043.jpg


振り返れば石鎚山。
a0165316_17533953.jpg


三男は何度も転んでは、
長男&次男にに八つ当たり。
a0165316_1754090.jpg


a0165316_17541885.jpg


a0165316_17542848.jpg


ブナの巨木。
a0165316_17543713.jpg



スリリングなところもありましたが、
とても楽しい家族5人の登山ができました。。
a0165316_17544769.jpg


a0165316_17545616.jpg



明日は、徳島県の剣山に登ります。





ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-31 19:40 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 29日
青春の嗚咽。
日曜日、山には登らず、
次男のサッカー試合観戦へ。
中学3年、最後の大会がはじまりました。

a0165316_1314598.jpg


昨年秋、新チーム結成後の大会では、
上位まで勝ち進み好成績を納めたチーム!

今日の試合は余裕で勝つだろう。。
(決勝トーナメント進出を決めるだろう)。

そんな予想(期待)は、見事に打ち砕かれ。
まさかの惨敗。

予想もしなかった5月中の敗退・・、3年生は引退となってしまいました。

最後、保護者席まで駆け寄り、
「保護者の皆さん、3年間ありがとうございました・・・・」と
大きな声で挨拶し、その瞬間泣き崩れ嗚咽した3年生たち。。。。
a0165316_1319844.jpg

や、こんなもの目の前で見せられたら、
こっちが泣いてしまうかと思いました。

次男も、副部長としてよくがんばっていました。
昨年秋の大会では、チーム得点王として活躍しただけに、
今回の大会ノーゴールは本当に悔しいはず。。



でも一生懸命がんばって泣けたのは
ほんと素敵な経験になったと思います。

これからは受験勉強
(たぶん)がんばるでしょう(笑)。




ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-29 23:54 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 28日
すぐに床養生。
豊島の家。

床の杉板(30mm)張りもだいぶ進んでいます。
終わったところからすぐに養生していきますので、
なかなか全体像をお見せできませんので、チラ見せ。
a0165316_15493074.jpg

床を張ったに材料を置くときは、
養生の上にさらに養生して置いていきます。
a0165316_1551559.jpg


桧の階段も、既に養生済み。
a0165316_1552330.jpg

美しい桧が見たくて、
たまに養生をメクリたい衝動に駆られます。


現場は「キレイナ現場」を貫徹しています。
a0165316_1653520.jpg



下小屋では、カウンター材や棚板の鉋仕上げの真っ最中です。
a0165316_1553596.jpg

(今回、多くのカウンター、棚は、「栗」を採用しました。)

今回、カウンター材や棚板の前加工は、
私の大学同期が経営する会社さんに依頼しました。
大きな無垢板からの加工はかなり大変だったと思いますが、
板接ぎや反り止め補強など、とても丁寧にしてくれました。
a0165316_1559037.jpg

久保田製作所さん、ありがとうございます!


*********

墨田の家リノベーション工事。
打合せスタートから1年半が過ぎ、
いよいよ工事着工までたどり着きました。

本日、御近隣挨拶。
そして、大工:依田と現場確認。
a0165316_162303.jpg

古い日本家屋のテイストをうまく残していくリノベーション工事が
いよいよ始まります。


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-28 17:44 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 21日
親方の階段。
豊島の家。

階段を組立てています。
a0165316_1519035.jpg

今回の階段は、手摺壁を
出来るだけ薄く(けれど丈夫に)するのがテーマ。
__

階段の組立は、
必ずその工事の「親方」が行うのが
タマケンの伝統。

腕を振るう親方:小島。
a0165316_15205815.jpg


階段板は蹴込も含め、全て無垢のヒノキです。
a0165316_15222088.jpg

下小屋で仕上げてきた材料です。

どの板をどう配置しようか・・。
現場で一枚一枚を並べ、
木の表情を真剣に見つめます。
a0165316_15243110.jpg

完成が楽しみです。

収納建具枠を組立てる大工:依田。
a0165316_15265224.jpg



洗面脱衣室の天井は、青森ヒバ!
タマケンの定番(見せ所)です。
a0165316_1527474.jpg



床フローリング(杉:厚み30mm)。
現場に到着。
a0165316_15284139.jpg



2階は、天井羽目板工事が終了。
a0165316_15304678.jpg



外壁サイディング張り(2階部分)も大詰め。
a0165316_1531485.jpg

外壁1階部分は、杉の下見板。
下見板は今回、
ダーク色な保護塗料を下小屋で塗りました。
a0165316_15333487.jpg



*****

タマケン元施工保育園の修繕&リニューアル。
園児さんのいない土曜日限定の工事です。

この保育園に工事で訪れるたび、
「やっぱ、無垢の木っていいな・・」
って、いつも思います。
a0165316_15365151.jpg

a0165316_1537025.jpg

a0165316_1537692.jpg


a0165316_15372824.jpg

今日は、ウッドデッキの修繕も。
デッキ下でキレイに咲いているカタバミさん。
抜かせて頂きます。。
a0165316_15381776.jpg

ごめんなさい。


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-21 17:14 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 17日
バルコニーを将来交換できるように
豊島の家。

バルコニーの梁受け用の金物を設置しました。
ステンレス製で、タマケンオリジナル。
プレートの天端は雨勾配もつけました。
a0165316_1832770.jpg

バルコニー自体は杉材で作ります。
目の詰まった赤身のよい杉を使いますので、腐りづらいですが、
もし数十年後にバルコニーを交換するとなったら、
本体構造と別れているので容易に施工可能となります。


内部はいよいよ木工事:仕上編へ。

2階天井:杉羽目板張り。
a0165316_1863347.jpg

1階の(和室的な要素をもった)お部屋の造作。
a0165316_1873430.jpg

そして親方:小島は、階段に取りかかりました。
a0165316_1881127.jpg




ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-17 18:59 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 15日
吸い葛
我が家のスイカズラ。
藤と連合。

いよいよ旺盛、
バルコニー手摺壁を占拠し始めました。
a0165316_2213741.jpg

スイカズラの花は、すごく甘い香り。
a0165316_2215843.jpg

スイカズラ=吸い葛。

渋谷のクアトロ。
溜まったストレスを発散します。
a0165316_151435100.jpg



ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-15 01:59 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 14日
アーモンド
豊島の家。

2階天井断熱&気密シート張り。
そして貫通部の気密処理。
a0165316_16573020.jpg

並行して下小屋で造作材の加工。
a0165316_1658541.jpg

こちら、外壁下見板のコーナー見切。
a0165316_16583633.jpg


*****
弊社が元施工な保育園。
内装は、全て無垢の杉材を使っています。

今日は新しい棚や家具の設置など。
a0165316_165429100.jpg

新人大工:若林も家具を設置します!
a0165316_16543981.jpg

無垢の床で走り回る園児たちがうらやましい。
a0165316_1656263.jpg


*****
墨田の家リフォーム工事。
アーモンドも実り、
いよいよ工事が決定しました。
a0165316_1715038.jpg

着工に向けてはもうひと踏ん張り!
*****
RCマンション、スケルトン解体終了。
a0165316_1701710.jpg





ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-14 17:51 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 12日
霧氷の男体山!
タマケンひとり山岳部。

日光の男体山。
日本百名山の1つです。

独立峰で標高2.468m。
登山口から山頂までの標高差1.200m。

その標高差をただひたすら登り続けるという点で、
登山ブログ等のレポートでは、
「体力勝負の山!」と言われる事が多い山です。
a0165316_132989.jpg



4/29(祝):ゴールデンウイーク初日。
そんな日光男体山に満を持して登ってきました。
a0165316_1322739.jpg



以下、日光男体山の記録です。
************

朝7時、二荒山神社で登拝の受付。
入山料は、ひとり500円。
a0165316_1323746.jpg


登拝の御守りがもらえます。
a0165316_1324693.jpg


例年5月5日に山開きが行われる男体山。
(閉山は10月25日。)

けれど今年だけは、
「山の日(8/11)」の制定を祝して、
特別に4月23日から登拝可能になりました。
(閉山は、11月11日。)

一般的な山の場合、
「山開き」は単なる儀式で、
山開き前の登山は禁止されていません。。

けれど男体山に限っては、二荒山神社の私有地!
山自体が御神体ということもあり、
原則として開山期間中しか登れません。
なので、
4月の男体山に登るというのは、貴重な体験です。


7時15分。
鳥居を潜って登拝スタート。
a0165316_1325787.jpg


安全を祈願してから。
a0165316_1331175.jpg


まずは階段。
a0165316_1332010.jpg



階段を登り切ったところで、「一合目」。
a0165316_1333346.jpg


三合目までは、樹林帯をひたすら登り続けます。
分かりにくいと思いますが、なかなか急勾配です。
a0165316_1334257.jpg


ちなみに。
この日はとても寒くて、
登山中ずっと細かい雪が降っていました。
(写真には写らないくらい細かい雪です。)


三合目に到着(7:40)。
ここから四合目までは舗装された道になります。
a0165316_1335224.jpg


勾配は緩やか。
しばしホッとする時間。
ここまでで上がった息を整えます。
a0165316_134483.jpg


カメラで撮影する事はできませんでしたが、
青い羽の鳥をたくさん目撃しました。


そして四合目(8:01)。
舗装された道が終わり、ここからが本番です!
a0165316_1341446.jpg


さあ、ガンガン登ります。
中禅寺湖を背にして。
a0165316_1342392.jpg




五合目(8:19)。
a0165316_134329.jpg


a0165316_1344138.jpg


陽射しはありますが、気温は低い!
こんな氷柱があちこちに。
(細かい雪も降っています。)
a0165316_1345085.jpg


少しづつ岩が多くなってきました。
a0165316_1345862.jpg



六合目(8:31)。
a0165316_1351399.jpg


いよいよ本格的に岩場突入。
a0165316_1352127.jpg


a0165316_1353132.jpg


a0165316_1354068.jpg


こういう岩場では、
ストックは邪魔になるので、いったん収納するのが普通です。
けれど、うちの妻はストックを絶対に離しません。
言っても聞きません(笑)。
ストックが無いと登れないそうです。。

ちなみに自分は、
(雪山以外では)ほとんどストックを使いません。
a0165316_135542.jpg


a0165316_1361582.jpg


自分も妻も、今日は絶好調。
休まずガンガン登っていけました。
a0165316_1362385.jpg




七合目(8:54)。
a0165316_1363182.jpg


急登な岩場が続きます。
a0165316_136407.jpg


a0165316_1365031.jpg


途中、鎖が何箇所かありましたが、
使う必要はありませんでした。。
すれ違った年配の登山者に教わりましたが、
明治期の鍛冶屋さんが作った鎖で、
当時の登山ルートでは必要だったそうです。

大きな鎖です。
a0165316_150306.jpg


避難小屋が見えました。
a0165316_137080.jpg


ここが八合目(9:13)。
瀧尾神社があります。
a0165316_137973.jpg



振り返れば、中禅寺湖が一望。
a0165316_1371940.jpg


a0165316_1372726.jpg


しばらくすると岩場が終わります。
霜柱ゾーン。
a0165316_1505577.jpg


そして残雪ゾーン。
a0165316_1375096.jpg


凍っています。
滑らないよう慎重に進みます。
(チェーンスパイクも準備していましたが、
使うほどではありません。)
a0165316_1375957.jpg



そしていよいよ九合目(9:31)。
a0165316_1381087.jpg



しばらく、こんな階段状の道を進みます。
a0165316_1382098.jpg


a0165316_1383022.jpg


そしてこの階段を登り終える頃、
森林限界を越えました。
再び中禅寺湖を眺めます。
a0165316_1384110.jpg


溶岩で出来た赤い土。
a0165316_139786.jpg



森林限界を越えた事で、
風を遮るものが無くなりました。
強風が吹きつけます。

雲はビュンビュン流れ、
太陽は顔を出したり隠れたり。

とにかく寒い!!
a0165316_1391636.jpg


そして、まさかの霧氷!
a0165316_1392381.jpg


強風に体を煽られながら前に進みます。
(本当に寒い。)
a0165316_1393242.jpg



そして。
鳥居を潜って、いよいよ山頂へ!!
a0165316_1394080.jpg


勝利の鐘を鳴らします。
a0165316_139489.jpg



最後の鳥居の先。
あれが、本当の山頂のようです。
a0165316_1395786.jpg


9:55。
男体山の山頂に立ちました(標高:2.486m)。
剣にタッチ!
(すごい強風で、妻は立っていられないほど。)
a0165316_1310933.jpg


凍っています。
氷の剣!
a0165316_13101570.jpg



山頂一帯、霧氷がすごくキレイ。
先日の那須岳でも思いましたが、
この時期の霧氷は「満開の桜」のように見えます。
a0165316_13102586.jpg


美しい!
a0165316_13103371.jpg


※写真では分かりませんが、相変わらず細かい雪が降っています。

強風を避ける為、
山頂にある避難小屋の陰で少し休憩。
パンやおにぎりを食べてエネルギーを補給します。

あまりの寒さに手の指先が痛い。。。

二荒山大神像に下山の安全をお願いしてから、
a0165316_13104441.jpg


早々に下山開始です(10:22)。
a0165316_13105197.jpg


帰りは、前方に中禅寺湖を眺めながら歩きます。
a0165316_13105872.jpg


a0165316_1311923.jpg


a0165316_13112565.jpg


a0165316_1311352.jpg


そして、
a0165316_13114372.jpg


12時20分、二荒山神社に戻って来れました。
a0165316_1311521.jpg


休憩を含め5時間05分。
自画自賛なコースタイムです!

神さまに無事を御礼。
a0165316_1312213.jpg



帰路。
中善寺金谷ホテルの温泉に入りました。
いろは坂では、群生するミツバツツジを見ました。
a0165316_13123960.jpg




******
4月の男体山。

寒かったですが、
霧氷も見る事ができて素敵な山行になりました。

「ハードな山!体力勝負の山!」とか、
聞いていたわりに、意外と楽勝だった感じです。
(心の準備があったからかもしれません。)

※登山を始めたばかりの人には、絶対にハードだと思います。

これで、
日本百名山、21座目をクリアです!


そしてゴールデンウイーク。
この後、登山目的で四国へ行く事になります。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-12 22:45 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 09日
レトロな絵本
タマケン。
本日から平常営業(全員集合)です。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。
*******

今年のゴールデンウイーク。
東京は5月4日、台風並みに強い風が吹きました。
あいにく私は東京にいなかったのですが、
監督の飯田が朝6時に私に連絡をくれて、
現場に直行してくれました。

幸いにも、そのおかげで何も被害は無く済みました。
a0165316_1716843.jpg

休み中も現場の事を考えて行動してくれるスタッフに本当感謝。


**************

リフォーム工事予定の御宅。
処分するとの事で持ち帰ってきた絵本。
昭和40年代?くらいのものでしょうか。
a0165316_17183760.jpg

昔の絵本の色使い、すごく素敵です。
会社の壁に飾る事にしました。
a0165316_17204449.jpg



**************

ゴールデンウイーク。
私は、初めての四国に行ってきました。
a0165316_17231649.jpg

うどん&登山目的でした。
(追ってまたレポートいたします。)


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-09 17:25 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 01日
那須岳(朝日岳、三本槍岳、茶臼岳)!
タマケンひとり山岳部。

那須岳に登ってきました。
日本百名山の1つです。
a0165316_15175761.jpg


ちなみに、「那須岳」という名前の山は存在せず、
那須連山3つの山(茶臼岳、朝日岳、三本槍岳)をまとめて、那須岳と呼ぶそうです。
今回は、その3座全てのピークを踏みに行きます!
a0165316_1518779.jpg


以下、那須岳の登山記録です。
**************

朝日の東北道。
a0165316_15181722.jpg



登山口駐車場(峠の茶屋駐車場)に到着したのは
6時ちょうど。
4月も中旬だというのにかなり寒いです。。

6時30分。
登山届を提出し、
a0165316_15182574.jpg


那須岳登山口の鳥居を潜って出発です。
a0165316_15183351.jpg




樹林帯はほんの少しだけ。
a0165316_151843100.jpg


森林限界が低く、樹林帯はすぐに終わります。
a0165316_15184968.jpg


快晴!
左手に見えるのが主峰:茶臼岳。
a0165316_15185776.jpg



まずは「峰の茶屋跡避難小屋」のある鞍部に向かいます。
a0165316_1519686.jpg


残雪のトラバース。
a0165316_15191488.jpg


峰の茶屋跡避難小屋。
a0165316_15192138.jpg


ここから左(南)へ向えば茶臼岳、
右(北)へ向かえば朝日岳、三本槍岳。


まずは、朝日岳、三本槍岳を目指します。
茶臼岳を背にして北へ。
a0165316_15193294.jpg


ちなみに、茶臼岳は活火山。

音を出して吹き上がる噴煙。
(噴火警戒レベル1)。
a0165316_1519468.jpg


これは、道中(北温泉分岐)で見つけた看板。
a0165316_15195919.jpg


いつ噴火してもおかしくないわけですね。。


朝日岳へ向かう途中、ひとつ難所があります。
結構急勾配な雪のトラバースです。
朝は凍っているのでとても危険。
事前にヤマレコ等でこの情報をキャッチしていたので、妻にはヘルメットとピッケルを準備させていました。
a0165316_15201584.jpg


ほんの短い距離ですが、緊張しました。


このトラバースを過ぎても、
落石危険地帯が続きます。
ヘルメットの持参は正解でしょう。
a0165316_1520241.jpg


(行った事ありませんが、)アメリカのテキサスのような雰囲気です。
そんな岩場を進みます。
a0165316_15203112.jpg


a0165316_15204054.jpg


霧氷に覆われて白くなった山肌が見えます。
茶色の世界の白、キレイです。
a0165316_15204844.jpg




岩場を進みます。
(背後に見えるのは茶臼岳。)
a0165316_15205785.jpg


a0165316_152173.jpg


鎖場も登場。
a0165316_15211549.jpg


凍っています。
a0165316_15212236.jpg



茶色い岩場をトラバース。
a0165316_1522970.jpg


a0165316_15221773.jpg


鎖があるので安心ですが、
この朝の時間帯、足元が凍っていて滑ります。
慎重に進みました。
a0165316_15223022.jpg




前方に現れる尖ったピーク。
あれが朝日岳です。
a0165316_1522398.jpg


進みます。
a0165316_15224667.jpg


サンゴのようにも見える霧氷。
思わず息を飲みました。
a0165316_1522547.jpg


山を覆う満開の桜にも見えますよね。
a0165316_1523330.jpg



そして、朝日岳のピークへ。
a0165316_15231016.jpg


標高1.896m!
a0165316_15231850.jpg


山頂から、茶臼岳の絶景を眺めました。
a0165316_15232786.jpg


妻V!
a0165316_15233452.jpg



朝日岳を背にして、さらに北へ進みます。
a0165316_15234230.jpg


三本槍岳を目指して。
a0165316_1523513.jpg


a0165316_1524076.jpg



清水平という湿地帯に入ります。
a0165316_1524922.jpg


足元には長い霜柱。
a0165316_15242392.jpg



ほんの少しだけ木道がありましたが、
a0165316_15243240.jpg


それ以外は本当歩きづらい道が続きました。
ズボズボ残雪に足が埋まり、たまに落ち。
a0165316_15245017.jpg


a0165316_15245951.jpg


ドウダンツツジなどの枝で道が塞がっています。
a0165316_152576.jpg



そんな歩きにくい道程ですが、
美しい景色に癒されます。
茶色い茶臼岳や朝日岳と全く異なる緑色。
桜が咲いているかのように見える霧氷。
a0165316_15251426.jpg


背後には朝日岳、その奥に茶臼岳。
a0165316_15252362.jpg




三本槍岳の山頂に向けて歩きます。
a0165316_15253217.jpg


a0165316_15253982.jpg


a0165316_15254710.jpg


a0165316_15255472.jpg


登り始めてちょうど3時間。
ようやく三本槍岳の山頂に到着しました。
a0165316_1526148.jpg


標高1.917m。
那須連山の中では最高峰です!
a0165316_1526994.jpg


三本槍岳山頂は栃木と福島の県境にあります。

穏やかな山容。
三本槍岳という名前からは程遠いイメージです。
もっと尖がった岩峰を想像していました。

山頂にその山名の由来が記してありました。
江戸時代、
会津藩、白河藩、黒羽藩の三藩がこの山頂に
槍を立てて藩の境界を確認した事が由来だという事です。

山頂で30分ほど休憩。
a0165316_15275849.jpg


フランスパンに、
チーズと生ハム、サーモン、そしてアボガドを挟んで食べました。
a0165316_15273641.jpg




さて休憩が終え、これから峰の茶屋跡避難小屋まで同じ道を戻り、
そこから最後の茶臼岳を目指します。

そして三本槍岳山頂を立つ時、
少しビックリ。
霧氷が融けて無くなっていました。
a0165316_15283025.jpg


今、この三本槍を目指して歩いている人たちは、
朝の霧氷の湿原を見れなかった思うと、少しの優越感(笑)。早起きしてよかった・・。

しかし、それにしても歩きにくい道。
a0165316_15284672.jpg


a0165316_1529594.jpg


雪や霜柱が融けて泥だらけ。
a0165316_15291587.jpg



a0165316_15292710.jpg


a0165316_15294058.jpg


a0165316_15295082.jpg


振り返る三本槍岳。
a0165316_1530075.jpg


気温もだいぶ上がってきました。
アウターシェルを脱ぎます。
a0165316_1530977.jpg



目指す茶臼岳が見えてきました。
a0165316_15301815.jpg


a0165316_15302732.jpg


a0165316_15303468.jpg


a0165316_1530428.jpg


a0165316_15305088.jpg


途中ビーム。
a0165316_15305974.jpg


a0165316_1531734.jpg


a0165316_15311532.jpg


もう1つビーム。
a0165316_15312482.jpg


a0165316_15314090.jpg


峰の茶屋跡避難小屋まで戻り、
いよいよ茶臼岳へ。
a0165316_15315096.jpg


飛行機の飛ぶような音とともに上がる噴煙。
a0165316_15315774.jpg


a0165316_153243.jpg


a0165316_15321025.jpg


a0165316_15321772.jpg


a0165316_15322415.jpg


a0165316_15323468.jpg


そして、茶臼岳の山頂に到着!
標高1.915m!
a0165316_15324299.jpg


那須岳(朝日岳、三本槍岳、茶臼岳)に登頂!
これで、20座目の百名山となりました!

山頂には小さな御宮(那須岳神社)と鳥居も。
a0165316_15324983.jpg


ところどころ岩の隙間から噴き出す蒸気。
(写真じゃ分かりにくいですが。)
a0165316_15325745.jpg




そして下山。
a0165316_1533530.jpg


と思ったら、ガスってきました。
あっという間。
a0165316_15331246.jpg


a0165316_15331933.jpg





那須岳。
素晴らしい山行になりました。

紅葉が凄いらしいので、また秋に行きたいです。


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     

クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村


     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2016-05-01 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)