2017年 10月 08日
白馬岳〜憧れの大雪渓へ
タマケンひとり山岳部。

8月の夏季休暇中、
白馬岳に登りました。


憧れの白馬大雪渓へ。
a0165316_20053538.jpg



以下、白馬岳の記録です。

____________



仕事が終わって、
家に帰ったらすぐに寝て、
ほとんど仮眠でAM1時に起床。


いざ白馬へ出発っ!と思ったら、
デジカメを会社に置き忘れたのに気づき、
会社(新宿)に戻ってロス1時間。
a0165316_20063219.jpg



関越~上信越道を過ぎ、
長野:大町街道は霧の中。
雨も降り出して絶望的な気分に。
a0165316_20063211.jpg



それが白馬の麓に到着した頃。
雲はすっと消えていきました。一転歓喜。
a0165316_20063337.jpg
白馬三山がよく見えます。
左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳。


_______


6:00
八方の第三駐車場に車を停めて、
a0165316_20063381.jpg
タクシーで猿倉へ向かいました。
a0165316_20072587.jpg



登山口:猿倉にある猿倉荘。
a0165316_20063382.jpg
ここで登山届を提出。



_______

6:40
歩き始めます。
a0165316_20080959.jpg
最初は樹林帯から。
a0165316_20080981.jpg



目指す白馬岳が見えます。
a0165316_20081027.jpg



あちこち咲いていた山アジサイ。
a0165316_20081008.jpg



三男は、
GWの安達太良山以来の登山。
三男のペースでゆっくり登ります。
a0165316_20081191.jpg



マルバタケブキと蝶々。
a0165316_20085350.jpg



大雪渓が近づき、
空気がヒンヤリしてきました。
a0165316_20085377.jpg



出発からちょうど1時間。
白馬尻山荘に到着しました。
a0165316_20085461.jpg
ここで一休憩。



白馬尻から10分くらい歩くと、
a0165316_20085458.jpg



大雪渓が現れました。
a0165316_20095161.jpg



______



チェーンスパイクを装着。
a0165316_20085539.jpg



大雪渓歩きスタートです。
a0165316_20085555.jpg
これから約2時間、
この雪渓をひたすら登ります。



ここで怖いのが落石。
a0165316_20085706.jpg
雪の上にある石は全て落石です。
妻と三男はヘルメットを被ります。



こんな巨大な石もあちこちに。
a0165316_20085636.jpg
ヘルメット被っていても、
これはアウトです。



大きなクレバスも。
a0165316_20085673.jpg
落ちないように迂回します。



ひたすら続く大雪渓。
雪の白、空の青、夏の緑。
ほんとう最高でした。
a0165316_20110430.jpg
空気もヒンヤリで気持ちよく、
テンションも上がりっ放しで疲れません。
a0165316_20110500.jpg



ベンガラで赤くなった雪。
a0165316_20110409.jpg
落石多発箇所に近寄らないよう、
ガス発生時に道迷いしないよう、
ルートが色付けされています。



そして、
ようやく雪渓も終わりが見えました。
a0165316_20110553.jpg



_______


チェーンスパイクを外して、
ここから山小屋までは2時間の登り。
a0165316_20110534.jpg


角材+合板の橋で川を渡ります。
a0165316_20110621.jpg
この橋。じつは前々日の雨で流され、
今朝復旧したばかりでした。

滑らないように慎重に。
a0165316_20110640.jpg



振り返ると、雪渓を登る大行列。
a0165316_20110708.jpg



頑張る三男。
a0165316_20110710.jpg



_______


白馬岳は高山植物の宝庫。
花だらけでした。


クルマユリ
a0165316_20110788.jpg



初遭遇!
ミヤマオダマキ
a0165316_20130281.jpg
キレイです。



定番ハクサンフウロ。
a0165316_20130357.jpg



_______


じわじわと発生したガスで
青空が消えていきました。
a0165316_20130257.jpg


三男はもうバテバテ。
最後の登りで何度もへこたれました。
a0165316_20130338.jpg



12:40
登り始めて6時間40分で、
ようやく山小屋に到着。
a0165316_20130328.jpg
白馬岳頂上宿舎です。


売店で速攻BEER。
a0165316_20130455.jpg
三男はカレー&ケーキ。


部屋は個室を予約済でした。
a0165316_20130404.jpg
部屋名:ウルップ草。


布団の上で横になると、
三男はすぐに寝てしまいました。



_______


三男の爆睡中、
ふたりで白馬岳ピークハントへ。


天気はもう最悪。
ガスッガスの中を行きます。
a0165316_20130553.jpg



山頂直下には、
もうひとつの山小屋があります。
a0165316_20130551.jpg
白馬山荘。
きれいなカフェもあり、大人気な山小屋です。


この白馬山荘の脇には県境表示。
a0165316_20130507.jpg




時折、
一瞬だけ青空が見えましたが、
a0165316_20142806.jpg


真っ白な山頂一帯。
a0165316_20142988.jpg




花はたくさん見えれました。

イブキジャコウソウ
a0165316_20142922.jpg



イワツメクサ
a0165316_20142909.jpg



イワギキョウ
a0165316_20143187.jpg



コマクサも発見。
a0165316_20142856.jpg




そして15時ちょうど、
白馬岳山頂に到着!
a0165316_20143037.jpg
標高:2.932m、
38座目の百名山です。



奇跡の晴れを期待して、
しばらく山頂で粘りましたがダメでした。

下写真の時がMAX晴れた一瞬です。
a0165316_20143012.jpg
晴れていたら大絶景が見れたのですが。



頂上宿舎へ戻る途中、
ますますガスは濃くなっていきました。
a0165316_20143147.jpg


ウルップ草。
a0165316_20143156.jpg


_____


宿舎では、
救助隊や医大生さんたちによる
山岳講座がありました。
a0165316_20160243.jpg


夕食は、
嬉しいバイキング(朝食も)。
a0165316_20161075.jpg



睡眠不足のおかげで、
19時頃には寝てしまいました。


_____



朝。窓の外は雨。
ガスに包まれたままでした。
天気予報も一日ガス。

本当は、もう1泊して
杓子岳&白馬鑓ヶ岳へ縦走する
計画でしたが、中止を決めました。

ちなみに、この日は8月11日。
山の日でした。





レインウェアを着て、
a0165316_20160241.jpg


下山。
a0165316_20160361.jpg



幸い雨は上がりましたが、
ガスはそのまま。
a0165316_20160414.jpg



イワオウギ。
a0165316_20160355.jpg



初遭遇、
ミヤマクワガタ。
a0165316_20160324.jpg
すごい名前です。



大雪渓を下ります。
a0165316_20160470.jpg
ガスの中で怖いのは、
落石に気がつかない事。
a0165316_20160452.jpg
早くこの大雪渓を抜けたいと思い、
スピードアップして下りました。


ただ、ガスの大雪渓は、
これはこれで幻想的な感じ、素敵でした。
a0165316_20160530.jpg



大きなクレバス。
a0165316_20180432.jpg


そして大雪渓も終わり。
a0165316_20182006.jpg


おつかれさん。
a0165316_20182035.jpg



______



樹林帯で撮ったキレイナ蝶々。
a0165316_20182189.jpg


下山開始から4時間半。
猿倉に無事帰還。
a0165316_20182122.jpg
がんばった三男。



タクシーで八方に戻って、温泉へ。
a0165316_20190476.jpg


______



このまま東京へは帰らず。
富山へ向かいます。

大糸線と並行して走る千国街道。
a0165316_20182250.jpg



北陸道を経て、
富山の入善へ着きました。
a0165316_20182489.jpg



イルカの頭蓋骨。
a0165316_20194762.jpg



新しく出来た御店「入善牡蠣の星」で
牡蠣を食べに来ました。
a0165316_20182389.jpg
魚津や入善の岩牡蠣。
a0165316_20182309.jpg



北陸新幹線が開通して
キレイになった富山駅。
a0165316_20201821.jpg



富山駅前で一泊。
a0165316_20201838.jpg




翌朝、岩瀬浜へ。
a0165316_20201947.jpg


海水浴して、
a0165316_20201927.jpg


蟹を捕まえました。
a0165316_20201908.jpg




それから、立山へ向かいました。




# by tamakentaro | 2017-10-08 20:31 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 07日
暦の上ではSeptember中頃から
またしばらく、
ブログを空けてしまいました。。

9月中旬からの事をまとめて書きます。
乱文で。

********


◆百人町の家リフォーム工事。
1階住居部分を、
美容室+住居+アパートに改修しています。

美容室部分。
スギをメインに造作。
a0165316_13522458.jpg

洗髪台の上はスギ羽目板。
a0165316_13522421.jpg

美容室エントランス部分。
住居の玄関を経由する美容室アプローチ。
面白いです。
a0165316_13522326.jpg
上框のナラ取付。



キレイナ現場タマケン。
a0165316_13522422.jpg



アパート部分は、若林が担当しています。
a0165316_13522543.jpg

***********

浴室改修工事が続きました。

◆百合丘の家:浴室リフォーム。
長い年月の愛着深いお風呂をついに解体、
ユニットバスを入れました。
腐朽している構造体も入れ替え。

脱衣室は増築も行い、
床はスギ、天井は青森ヒバを使用しました。
a0165316_14063019.jpg


◆新宿6丁目の家:浴室リフォーム。
こちらも古い在来浴室を、
ユニットバスへ更新いたしました。

浴室と脱衣室の間仕切を移動し、
より大きなユニットバスを入れました。
a0165316_14103194.jpg
建主さんから頂いた六花亭のボンボン。
キレイで食べるのがもったいない程。
a0165316_14120276.jpg


***********


◆墨田の家:屋根リフォーム。

古い瓦を撤去して、
銅板の屋根に改修いたします。

瓦撤去では、
建主さんをはじめ、ご近所の方々にも、
駐車場をお借し下さる等のご協力頂きました。
本当ありがとうございました。
a0165316_14151772.jpg


トントンまで撤去した後、
新規垂木を(既存バタ板を挟んで)
既存垂木の上に取り付けました。
a0165316_14202827.jpg
※新規垂木間には断熱材を挿入。
屋根通気もとります。



屋根改修は防水が完了するまでは、
工事後の雨養生が大変です。しっかりと。
a0165316_14202869.jpg




瓦の撤去工事を行ったいっぽうで、
タマケンのすぐ近くで瓦の修繕工事を行いました。
ベテラン瓦屋さんと。
a0165316_14244016.jpg

*********


十五夜の月を撮りました。
雲がキレイでした。
a0165316_14264576.jpg



9月は我が家の近所でも、
たくさんのお祭りがありました。
三男は初めて「カタヌキ」に挑戦しました。
a0165316_14292597.jpg
私も子供の頃にハマったカタヌキ。
一度も成功した事がありません。
成功した人を見た事もありません(笑)。




9月、10月は運動会の季節。
タマケンのお父さん大工も皆、
仕事を休んで運動会の応援へ。

私も三男の運動会へ。
a0165316_14333280.jpg
祝!ビリ脱却。



******

タマケン山岳部は9月中旬以降、
2つの山に登りました。

念願だった槍ヶ岳!
a0165316_14361953.jpg

広大な山頂台地がある苗場山!
a0165316_14371667.jpg
どちらも天気に恵まれて最高でした。
(いずれ山岳ブログでUPします)


************

毎週金曜の夜は会議を行います。
来週の全体予定を皆で確認しあい、
その他問題や意見を言いあう場です。

昨晩。
その週会議の場に、
いつもお世話になっているお客さまから
美味しいお鮨の差し入れが届きました!!
a0165316_14504332.jpg
週会議後、ひさしぶりに皆が揃って
飲んで語って貴重な時間ができました。
I社長、本当にありがとうございました!

最後。大工:依田から「一致団結していこう」と
締めの言葉。
10月も頑張って行きましょう。
a0165316_14570109.jpg
*********


週明けからは港区で、
寺院の観音堂&山門の工事が本格化します。
a0165316_15001136.jpg
緊張。




********


来年。
新しい大工さんが入社する予定です。
年齢は、私÷2。
楽しみです。



********


何故かタイミングが重なって、
9月中頃から同級生、同期とよく会いました。

その為、食べすぎ。太りました。

高校の同級生たちと
仙川のタイ料理屋。
a0165316_15113096.jpg


久しぶり。
青森から大学同期がやって来ました。
新宿:肉寿司。
a0165316_15113082.jpg


高校の同級生に、
住所や電話番号も秘密な
紹介制の御店に連れてってもらいました。
a0165316_15113114.jpg


ゼネコン同期と新宿:鳥茂。
おめでとう。
a0165316_15112931.jpg



******


9月の末、
某ビル工事で大失敗をしました。

全フロアのトイレ便座を
ウォシュレットに交換する工事。

いざ、工事を始めたら
トイレに電源がありませんでした。
心臓がとまりました。

恥ずかしい失敗です。
コンセント設置工事からさせて頂きます。
申し訳ありませんでした。



# by tamakentaro | 2017-10-07 08:44 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 20日
台風一過の御神輿!
今年も、
御神輿を担ぎました!

台風一過
真夏日の御神輿でした。
タマケンのある新宿:大久保~歌舞伎町界隈を
大きな掛け声と共に練り歩きました!
a0165316_12233491.jpg
a0165316_12233371.jpg

一同記念写真!
a0165316_12233505.jpg

御神輿の後、
みなで食べ放題のお鮨屋さんへ。


糖質制限を忘れて米を食べすぎました。。




_______

そして。

いよいよ始まります。
御寺の工事。

a0165316_12233353.jpg
a0165316_12233462.jpg



# by tamakentaro | 2017-09-20 12:26 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 19日
実績紹介に3物件を追加しました。
タマケンのホームページの実績紹介に、
この夏に竣工したリフォーム工事3物件をUPいたしました。

http://www.tamaken.info/works/
a0165316_18011724.jpg
よろしくお願い致します。


# by tamakentaro | 2017-09-19 18:04 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 13日
阿弥陀岳!
タマケンひとり山岳部。

7月17日(日)

八ヶ岳の阿弥陀岳に登りました。
a0165316_17521043.jpg



_________


夜明け前の八ヶ岳ズームライン。
雲多めな八ヶ岳が見えました。
a0165316_17525245.jpg



美濃戸口からは凸凹オフロード。
a0165316_17525297.jpg
車体下部を何度も擦りました。




やまのこ村の駐車場に車を停めて、
AM5時05分:歩き始めました。
a0165316_17525340.jpg



南沢コースを行きます。
2015年:赤岳&横岳の時と同じ道です。
a0165316_17525390.jpg
(⇒2015:赤岳&横岳の記録



沢沿いの道。
小さな渡渉も。
a0165316_17525341.jpg


オダマキ。
a0165316_17525444.jpg



ガスに覆われだした樹林帯。。
気持ちが凹みます。
a0165316_17525426.jpg



白河原に出ました。
a0165316_17525503.jpg
ほんとなら、
ここで赤岳がドカーンと現れるんですが。



行者小屋でいったん休憩。
オニギリを食べたら再出発。
a0165316_17525550.jpg
テント場の脇を通り、
文三郎尾根ルート方面へ。


_________


阿弥陀岳への分岐。
a0165316_17525227.jpg
ここからは人がいなくなりました。
a0165316_17535625.jpg
小雨も降り始め、
だんだん心細くなってきます。



満開のハクサンシャクナゲ。
a0165316_17535628.jpg
a0165316_17535747.jpg


調べても名前が分からなかった花。
a0165316_17535743.jpg



傾斜を増していくダートな登り。
a0165316_17535732.jpg



_______


登り始めてから3時間。
阿弥陀岳と中岳のコル(鞍部)に到着。
a0165316_17535862.jpg


ガスの為、全貌は分かりませんが、
ここから阿弥陀岳山頂までは、
急斜&浮石多数なガレ場との事。

妻にはヘルメットを装着させ、
ザックはデポしてのアタックです。
a0165316_17535813.jpg


垂直の梯子からスタート。
a0165316_17535916.jpg
ほんとに浮石だらけ、
落石に怯えながら登りました。
a0165316_17535933.jpg
a0165316_17535528.jpg


そして8時35分。
阿弥陀岳山頂に到着!
標高2.805m
a0165316_17550292.jpg


展望は全くありませんでした。
ガスガスの白い世界。


花はたくさん咲いていました。

ミヤマダイコンソウ。
a0165316_17550211.jpg

ミヤマシオガマ。
a0165316_17550344.jpg




_____


そして下り。

途中から、
ガスが少しづつとれ始めます。
a0165316_17550424.jpg



薄っすら赤岳も見えてきました。
a0165316_17550317.jpg
ウォオオオオオ!
嬉しくて自然に声が出ました。


最後の梯子を下りて無事に、
中岳のコルに戻る事ができました。
a0165316_17550404.jpg


______


これで下山する予定でしたが、
ガスがとれはじめたので、
このまま赤岳に登りたくなりました。
でも妻は嫌がります。

なので、
「中岳だけ登らせて」とお願いしました。

______



中岳へ_。
a0165316_17550577.jpg
背後には、
ガスがとれて全貌を現した阿弥陀岳。


さきほど上り下りした岩の斜面。
遠くから見ると、よりデンジャラスに見えます。
a0165316_17550449.jpg


陽射しも出てきて、
気温も上がりだしました。
a0165316_17550509.jpg


そして中岳に到着!
a0165316_17550123.jpg
手で8の字を表現した妻。
これで八ヶ岳のメジャーピークは
ほぼほぼ登り終えました。

【我々が登った八ヶ岳のピーク】
赤岳、横岳、硫黄岳、阿弥陀岳、中岳、
権現岳、編笠山、三ッ頭、天狗岳、
北横岳、三ッ岳、縞枯山、茶臼岳、蓼科山。

※根石岳とか雨池山とか、まだまだ
未踏の小さなピークはたくさんありますが。


______


中岳からは、
赤岳がぐっと近づいて見えます。
a0165316_17562082.jpg


文三郎尾根で下山するので、
もう少し赤岳方面へ向かいます。
a0165316_17562131.jpg


途中、
コマクサに出会えた幸運。
a0165316_17562098.jpg
a0165316_17562010.jpg



文三郎尾根への分岐点。
赤岳の上に日暈(ハロ)が見えました。
a0165316_17562105.jpg


振り返れば、
阿弥陀岳と中岳!
a0165316_17562268.jpg


やっぱりまだ、
赤岳に登りたかったんですが、
すでに妻の体力はほぼ限界。
あきらめて下山します。
a0165316_17562361.jpg


横岳や硫黄岳、
そして北八ヶ岳の山々を眺めながら
マムート階段を下りました。
a0165316_17562356.jpg
マムートのロゴが刻印された階段です。



行者小屋で水を補給。
a0165316_17561952.jpg


白河原のヘリポート。
a0165316_17573368.jpg


シロバナヘビイチゴ。
a0165316_17573385.jpg


往きと同じ南沢の樹林帯。
a0165316_17573466.jpg
a0165316_17573493.jpg



ギンリョウソウも見つける事ができました。
a0165316_17573739.jpg



12時10分。
登山口まで戻ってこれました。
a0165316_17573588.jpg


美濃戸山荘の前に、
オダマキが群生していました。
a0165316_17573767.jpg


帰りの中央道からは、
もうすっかり晴れた八ヶ岳が見えました。
a0165316_17573201.jpg


この後、
泣きたいくらいの渋滞にはまりました。



# by tamakentaro | 2017-09-13 23:51 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 09日
タマガケン
今週。
大工:若林&スタッフ:小林は、
玉掛け資格の講習に参加していました。
(今日は最終日:実技です)

______


■百人町の家リフォーム工事。
 耐力壁や床下地工事中です。
a0165316_12001017.jpg
a0165316_12001023.jpg
a0165316_12001197.jpg
a0165316_12001151.jpg

_________


■百合丘の家リフォーム工事。
 来週早々にユニットバスの組立です。
 工程通りに行くようガンバっています。
a0165316_12001111.jpg


# by tamakentaro | 2017-09-09 12:03 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 07日
チャドクガに刺される
9月5日(火)

朝。
善福寺川の家リフォーム工事の
竣工写真を撮影させて頂きました。
a0165316_08571572.jpg
a0165316_08595692.jpg
杉とチークと白い壁。
既存の構造材も、
積極的に現しにしています。

階段室からの光が明るくて素敵です。


近々、
弊社のHPに掲載させて頂く予定です。

___________

竣工写真撮影後の行動~


■墨田区の現場で御近隣挨拶。
また業者さんと打合せ。


■そして、池袋方面へ。
階段室の内装解体現場を確認。


■それから、
某設計事務所さんへ。


■夜は、
ゼネコン同期と「風の蔵」
a0165316_08571646.jpg
定番:ムサカ。



■帰宅後は、
酔っ払って着替えずに寝ました。


______


、朝起きると、
腕に蕁麻疹

特に右腕がひどい。



昨日の何が原因なんだろう。。

ストレスか?
変なもの食べてしまったか?
解体現場の埃か?
それとも病気か?


夕方になると益々、
範囲と痒みが増してきたので、
たまらず病院へ。

結果。
蕁麻疹じゃなく、
外的なアレルギー反応だと言われました。


ステロイド外用剤や
ヒスタミン薬を処方されました。

夜中は痒くて何度も目が覚めました。



で。
今日分かったんですが、
おそらく原因はチャドクガです。
某設計事務所さんに車を停めた際、
となりの垣根に体を擦ってたのを思い出しました。
その垣根はツバキだったようです!!

ツバキにはこの時期、
チャドクガの幼虫がいるみたいです。

googleの画像検索で調べると、
湿疹の見た目がチャドクガの症状そのものでした。
a0165316_08572905.jpg
恐るべしチャドクガ。


湿疹はますます拡大中。
隠すため長袖を着ました。
a0165316_09305747.jpg
痒いです。

チャドクガの湿疹&痒みは、
2週間以上残るそうです。



# by tamakentaro | 2017-09-07 07:54 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 31日
タマケン夏の記録~オーガスト!
気が付けば、
夏が終わってしまった感じです。


以下、
慌ただしく過ぎ去って行った
タマケンと私の「8月」の記録です。

______

①中野の家リフォーム工事 3期。

8月初旬、
竣工写真を撮影させて頂きました。

関わったタマケン大工皆も見学に。
a0165316_14463887.jpg


カメラマンは設計部:福本。
a0165316_14463826.jpg
撮影した写真は近々、
弊社HPに掲載させて頂く予定です。


*******


②恵比寿の家リフォーム工事。
無事に御引渡し!

「新しくしたいけど、
 愛着ある古い部分も残したい」。
そんな建主さんの思いを積極的に
表現していきました。。

浴室。
【BEFORE】
a0165316_14533940.jpg
ユニットバスは絶対に嫌。
古い木製建具も残したい。

【AFTER】
以下、完成した姿です。
a0165316_14542271.jpg
a0165316_14542234.jpg

天井には青森ヒバを張りました。
a0165316_14542184.jpg

その他、耐震補強。
また各所、無垢材で内装更新。

廊下の床は杉30mmを張りました。
a0165316_14590748.jpg


天井と床をチークで仕上げたお部屋。
a0165316_14590775.jpg
照明器具は全て、奥様が選ばれました。
素敵すぎます。


解体時、
納屋で見つけた古い椅子。
a0165316_15015434.jpg

せっかくなので、
リニューアルさせて頂きました!
(もちろん無垢の木を使って。)
a0165316_15015524.jpg
a0165316_15015517.jpg
a0165316_15015591.jpg


完成しました!!
(左:スギ、右:イチョウ)
a0165316_15015484.jpg
とても喜んで頂く事ができました。


昔からお世話になっている
設計の吉田先生から御指名頂いた工事。
先生、
本当にありがとうございました!!



*******



③善福寺川の家リフォーム工事。

御引き渡し後、
建主さん&設計者さんが自ら塗装工事を
行われていた現場。

その完成した姿を見学に(小工事を兼ねて)、
久しぶりに御邪魔してきました。


や、セルフ塗装すごい上手で驚きです
しかも色もカッコいい!
a0165316_15112212.jpg


スチール黒皮のキッチンフレーム。
a0165316_15112273.jpg
天板(石)の孔明け加工や、
建具の吊り込みなどをさせて頂きました。



*******


④百人町の家リフォーム工事。
お盆が明けてすぐに始まりました。

1階部分に、
住居、店舗、アパートを併設する計画。

タマケン大工による丁寧な解体。
a0165316_15202440.jpg
a0165316_15202462.jpg
a0165316_15202490.jpg


タマケン大工による基礎工事。
配筋、型枠からCON打設も行います。

今回、新しいバイブレーターが登場。
だいぶ振動しています!!
a0165316_15210386.jpg
密実でキレイなコンクリートを打ちます!



そしていよいよ木工事も開始。
a0165316_15210229.jpg

梁や柱の架替えを含め、
手刻みする技術はこんなリフォーム工事でも
発揮されています。


*******



⑤百合丘の家リフォーム工事。

お話しを頂いてから、
永らくお待たせしてしまいましたが
ようやく今週から工事がスタート!

浴室&脱衣室の改修工事です。
a0165316_15334166.jpg
脱衣室の床は杉、
天井はヒバの予定です。





*******



我が家の子供たち。
彼らの夏休みも終わりました。


■長男の8月。

3年生のほとんどが引退したサッカー部。
けれど、うちの長男は引退せず、
ずっと練習に参加し続けていました。
(受験生なのに、レギュラーでも無いのに)

そしてこの8月、最後の公式戦。
負けたら引退の試合。

応援に行ってきました。
a0165316_15485739.jpg

とは言え、レギュラーでは無く
当然のベンチスタート。

後半開始後も出場できず、
ひたすらピッチ外でアップをする長男。
a0165316_15485803.jpg
監督の思いやりでか、
後半も残り10分のところでようやくピッチへ。
母親涙。。

よくここまで辞めずに頑張りました。


夏休み後半は、
建築コンペや課題に集中。
a0165316_15485675.jpg

五箇山の合掌造りや、
ホタルイカの光など富山県の特徴を
いろいろ表現したそうです。
a0165316_15485800.jpg
8月の最後は、
締切に間に合わせる為、徹夜続きでした。




そんな長男と、
ミスチルのライブに行ってきました。
サンクスギビング25。
a0165316_15485779.jpg

________


■次男の8月。

ほぼアメフト部の練習漬けの毎日。
だいぶゴツクなりました。
a0165316_16084807.jpg

次男の読んでいた小説:
『君の膵臓をたべたい』
a0165316_16084819.jpg

映画化されたので、
私も見に行ってきたのですが、
や、良すぎました。
いまだ余韻が抜けません。。


_______


■三男の8月。

一緒に山へ行きました。

*白馬岳(1泊2日)。
大雪渓を登りました。
a0165316_16175111.jpg
山頂に着いた頃はガスッガス、
翌日も雨まじり。
少し残念でしたが、いい思い出になりました。
a0165316_16175136.jpg


*室堂から五色ヶ原へ(1泊2日)
a0165316_16220132.jpg
立山の室堂から五色ヶ原まで歩きました。

途中、
鬼岳や獅子岳、ザラ峠など、
3男には少し危険なエリアも通過しました。
a0165316_16175102.jpg


五色ヶ原。
a0165316_16220213.jpg

朝焼け。
a0165316_16220150.jpg

今年も雷鳥に出会いました。
なので、
学校の自由研究は「雷鳥」をテーマに。
a0165316_16262619.jpg
紙粘土で実物大の模型も作りました。


______


■わたし

この8月。
ほぼ毎日、
スモモ系を食べ続けました。
(ほぼ主食でした。)
a0165316_16294063.jpg



養蜂箱を継箱しました。
(だいぶ重くなってきました。)
a0165316_16302375.jpg


ロシアW杯の出場決定の瞬間を
見ることができました!
a0165316_16322335.jpg
歓喜の8月31日。



_________


9月も、
引き続きよろしく願い致します!


# by tamakentaro | 2017-08-31 23:59 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 26日
仙丈ヶ岳!
タマケンひとり山岳部。

7月9日(日)

南アルプスの女王と呼ばれる山、
仙丈ヶ岳に登ってきました。
a0165316_11435502.jpg
標高3.033m。
日本百名山の一座です。

______

AM2時45分に家を出発。

北岳や甲斐駒と同じ、スタートは芦安。
朝4:30に到着しました。

芦安から先はマイカー規制の為、
指定されたバスを利用します。
始発便(5時発)に乗れました。
a0165316_11442849.jpg


1時間で広河原に着。
ここでバスを乗り換え。
a0165316_11442859.jpg


広河原から、
30分程で北沢峠に到着。
a0165316_11455618.jpg
(2015年9月:甲斐駒以来です。)



トイレを済ませて、
6時50分、いよいよ登山スタート。
a0165316_11442904.jpg



長い樹林帯が始まります。
a0165316_11442980.jpg
6月はほとんど山へ行けず、
今日は1ヵ月ぶりの登山。
このブランクが影響しました。

足の筋肉が落ちています。
すぐに分かりました、足がぶれる感じ。
私以上に、妻がダメダメでした。
初めからバテてています。。
a0165316_11443071.jpg


_____


スタートの北沢峠から、
山頂までの標高差は、1.003m。
樹林帯では、それなりの登りが続きます。
a0165316_11443150.jpg
ダメかと思っていた自分の体調でしたが、
途中から調子が上がっていきました。
まさかのベストコンディションレベルです。
ただし、妻の調子が上がりません。
a0165316_11443144.jpg

_____



1時間と少しで大滝頭に到着。
a0165316_11443287.jpg



ここで一休憩。
おにぎりで糖質を摂取します。
a0165316_11443331.jpg
新しいSWANSのサングラス。
自分は視力矯正を行ってから初の登山。
裸眼だと紫外線が怖いので、
私もサングラスをする事にしました。



小仙丈ヶ岳を目指します。
a0165316_11442747.jpg
一気に標高を上げていきます。




ようやく展望が開き始めます。
a0165316_11461923.jpg



後ろに甲斐駒ヶ岳も現れました!
a0165316_11461853.jpg
カッコよすぎな甲斐駒ヶ岳。
いまだに過去の山行ベスト盤入りする山です。



甲斐駒を背景に、
何枚も写真を撮りました。
a0165316_11462029.jpg




すでに森林限界を越えました。
気持ちいい稜線歩き。
ハイマツ帯を進みます。
a0165316_11462059.jpg
前方に見えているピークが小仙丈ヶ岳です。




進みます。
a0165316_11462115.jpg



稜線上は、
コイワカガミが咲き乱れていました。
a0165316_11462273.jpg
a0165316_11462284.jpg



そして。
小仙丈ヶ岳山頂!
a0165316_11462316.jpg
仙丈ヶ岳の前衛の山ではありますが、
すでに標高:2.864m!



北岳と間ノ岳も見えました。
a0165316_11461791.jpg



小仙丈で小休憩。
a0165316_11474662.jpg



イワウメ。
a0165316_11474743.jpg




目指す仙丈ヶ岳が姿を現しました。
a0165316_11474795.jpg



南アルプスの女王と称される所以、
穏やかな稜線が見えます。
a0165316_11474844.jpg



キバナシャクナゲ。
a0165316_11474897.jpg



ちょっとした岩場もあります。
a0165316_11474983.jpg




そして妻。
過去最高のグロッキー状態に。。。
頭痛も始まり、前へ進むのもやっとでした。
「高山病」になっていたはずです。
a0165316_11474960.jpg
10歩歩いて立ち止まるの繰り返し。
ご高齢な登山者さんにも抜かされる始末。



引き返そうとも思いましたが、
仙丈ヶ岳山頂はあと少しなので、
ゆっくりゆっくり進みました。
a0165316_12292098.jpg




進行方向右手には、
藪沢カールが広がっています。
a0165316_11474678.jpg
山頂が近づくにつれ、
花の数も種類も増えていきました。


ミヤマシオガマ
a0165316_11474519.jpg



オヤマノエンドウ
a0165316_11475098.jpg



ミヤマキンバイ
a0165316_11490689.jpg




山頂まであと少し。
a0165316_11490731.jpg
a0165316_11490882.jpg




そしてようやく山頂へ!
a0165316_11490853.jpg



10時29分。
仙丈ヶ岳の山頂に到着しました。
標高:3.033m!
a0165316_11490846.jpg
到着したとたん、
妻は倒れ込みました(笑)。




ガスに覆われ始めた山頂で、
20分くらい休憩。
a0165316_11490914.jpg



山頂で咲いていたイワツメクサ。
a0165316_11491091.jpg



休憩してやっと少し回復。
a0165316_11490999.jpg


_______



下山します。
a0165316_11490626.jpg



仙丈小屋を経由するルートには、
まだ雪がありました。
a0165316_11502053.jpg



仙丈小屋で休憩。
a0165316_11502177.jpg



小仙丈への登り返し。
a0165316_11502151.jpg



ナナカマドの花。
a0165316_11502247.jpg



ハクサンイチゲ。
a0165316_11502235.jpg



そしてまた長い樹林帯。
a0165316_11502329.jpg



キバナノコマノツメ。
a0165316_11502461.jpg



長い樹林帯を休憩する事無く
ビュンビュン飛ばしました。

そして。
北沢峠に戻れた時、
ちょうどバスがやって来て、
待ち時間なく乗車できました。
a0165316_11502015.jpg

※この後、
中央道の大渋滞に巻き込まれました。



_______



南アルプスの女王:仙丈ヶ岳。
3000m峰ではありますが、
すごく登りやすい山だと思います。
(体調さえよければ)


これで百名山37座目クリアです。





# by tamakentaro | 2017-08-26 12:29 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 24日
懐かしいふたりがタマケンにやってきました。
お盆明けから多忙を極め、
なかなかブログアップさえできていません。。

せっかく工事をご依頼頂いたのに、
なかなか着工出来ずご迷惑おかけしている皆さま、
申し訳ありません・・。

御見積も滞っていて、
ご迷惑をお掛けしている皆さま、
お許しください・・。


順番に一生懸命頑張っています。
引き続き、よろしくお願い申し上げます。

________


お盆明けから、
百人町の家リフォーム工事がスタートしました。

まずは解体工事。
タマケン大工総出で行っています。
a0165316_14490463.jpg
ワンフロア内に、
店舗+住居+アパートを併設する計画です。
a0165316_14490373.jpg
解体する箇所、しない箇所。
丁寧な解体作業が求められます。


__________

今日は、
会社に珍しいお客さんが2人。


①引退した大工:山泉さん。

自宅用の俎板(まないた)を作りにやってきました。
タマケンTシャツを着てくれています。
a0165316_14520793.jpg
もう引退されてからだいぶ経ちましたが、
下小屋にいるシーンは違和感ゼロです。



②実家を継いだ大工:松本さん!
(元タマケンの大工さんです。)

嬉しい報告を聞けました。
頑張っているようです。
a0165316_14520895.jpg

_______



8月初旬以降の工事内容や、
その他出来事。

落ち着いたらブログで報告する予定です。



# by tamakentaro | 2017-08-24 14:56 | Trackback | Comments(0)