2017年 06月 14日
樟脳のかほりのするカウンター
今日の下小屋。


中野の家の、
トイレ手洗いカウンターを製作中。

天板はクスノキです。
防虫性のある樟脳の香りがします。
a0165316_17031365.jpg

下の箱を製作中の親方。
a0165316_17031447.jpg

天板と箱を合体。
明日、現場に設置します!
a0165316_17031398.jpg

_____

2階では、
白山の家のテーブルが完成しました。
a0165316_17044948.jpg
新築時から使っていたテーブルを
再生させたものです。
a0165316_17044895.jpg
次代へ受け継がれました。


_________


下小屋の荷受コーナー。

気づけば
かなり前の現場の残材や、
どこの現場かさえわからないようなものまで
整頓されずに置かれていました。


ルールを守ります。

・材料にはしっかり現場名を明記する。
・終了した工事の材料は片付ける。


だらしないので、
すこし整理をしました。
a0165316_17101355.jpg



# by tamakentaro | 2017-06-14 17:13 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 13日
2階から床張りスタート
梅雨入りしている東京。
今日は朝から雨、今はどんより曇りです。
______


善福寺川の家リフォーム工事。

杉床を張り始めました。
2階から。

a0165316_10303243.jpg
今回は捨て貼り無し。
根太上、直に30mm杉を張ります。
a0165316_10303302.jpg

______



中野の家リフォーム工事 3期。

円盤に漆喰を塗っています。
a0165316_10303337.jpg
杉の赤身の板なので、
漆喰のアクがついてしまいます。
アクの抜き取りも行います。



【メモ】
今回、この円盤漆喰工程に限っては
安全に注意しながらヘルメットを外すことをOKしました。


# by tamakentaro | 2017-06-13 10:39 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日
飯田さんの田代山
タマケンひとり山岳部:番外編!

弊社監督の飯田さんが、
週末に田代山に登ってきました。

田代山は、
福島県南会津にある標高1.971mの山です。

彼女は数年前から、この地域の集落で
茅刈り等の手伝いを行ってきました。

自然豊かな南会津を代表する山のひとつ
田代山にはいつか登ろうと考えていたそうです。

________


ちなみに、
開山式から参加した彼女。
東北では御榊が自生しなく、
玉串はヒバを使うんだとか。
a0165316_16385558.jpg
樹林帯を越えると、
a0165316_16453864.jpg


田代山の核心部である田代山湿原!
広大で平坦な頂上部の湿原です。
a0165316_16473881.jpg


前方に顔を出す雪山は、
会津駒ヶ岳!!
a0165316_16473944.jpg


大きな池塘。
a0165316_16473788.jpg



見頃まではあと少しですが、
ワタスゲがキレイに咲いていました。
a0165316_16523070.jpg


無事に山頂に到着です。
a0165316_16525700.jpg
彼女が持っているタオル。
左端に「タマケン」の文字があるのが
わかりますか?
自分で描いてくれました!



帝釈山方面へは、
アイゼンが無くていけなかったそうですが、
下山は結構疲れたそうです。


______


素敵な山行。美しい湿原。

送ってもらった写真を見ていると、
自分も行きたくて登りたくて、
もうたまらなくなりました。
小嫉妬(笑)。



今後も、
タマケン山岳部レポート(飯田編)をお楽しみに!





# by tamakentaro | 2017-06-11 23:59 | ★山行記録一覧★ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 09日
残雪の乗鞍岳
タマケンひとり山岳部。

5月最後の日曜日。
北アルプス:乗鞍岳に登りました。
a0165316_13212489.jpg


北アルプスの南端にある乗鞍岳。
標高は3.026m。
百名山の一座です。


3.000m峰ではありますが、
登山口(畳平)がすでに標高2.702m。
最もイージーでお手軽な3.000m峰という評判。

半ば観光的な山でもあるので、
シーズン前:残雪期に登る事にしました。



以下、乗鞍岳の記録です。
__________


早朝(夜中)に家を出発。
岐阜県高山にある「ほうのき平」へ。

ほうのき平からは、
マイカー規制の為、バスに乗り換えます。
a0165316_13235335.jpg


登山口(畳平)の情報。
a0165316_13235429.jpg


始発便(6:50発)に乗れました。
a0165316_13235469.jpg
寝不足なので、
バス内で寝るつもりでしたが、
久々の北アルプスに興奮。。
寝れませんでした。




畳平に到着(7:30)。
まだ御店は営業前。
a0165316_13235410.jpg
トイレだけ済ませてすぐに出発です。


スタート地点にある鶴ヶ池。
ブルーの濃淡がキレイでした。
a0165316_13235533.jpg


鶴ヶ池を背にして登ります。
a0165316_13244287.jpg
思ってたよりも寒く、
風もありました。



背景は北アルプスの名峰たち。
a0165316_13235667.jpg
槍ヶ岳や奥穂高岳。




すぐに最初のピーク:富士見岳。
a0165316_13235298.jpg
正面奥に見える尖ったピークが剣ヶ峰。
乗鞍岳の最高峰です。


あの剣ヶ峰を目指します。
a0165316_13251858.jpg

※ちなみに。
乗鞍岳という名前のピークはありません。
「乗鞍岳」とは、
最高峰:剣ヶ峰を含めた23の峰々の総称です。
(八ヶ岳や那須岳と同じ、よくあるパターン)。



雪道に変わったところで、
アイゼンを装着しました。
a0165316_13251964.jpg


摩利支天岳の東面をトラバース。
a0165316_13251988.jpg
a0165316_13252083.jpg


転んだら、下まで滑って行きそうです。
a0165316_13252048.jpg



そして雷鳥に遭遇。
a0165316_13252176.jpg

我々を見るなり走り去って、
a0165316_13252200.jpg
飛んでいきました(耐空時間はわずか)。
a0165316_13252258.jpg




山小屋:肩の小屋が見えました。
(この時期まだ営業していません。)
a0165316_13251869.jpg
ここから剣ヶ峰の山頂へは1時間ほど。

進みます。
a0165316_13263047.jpg



ハイマツ帯で、
再び雷鳥に会いました。
a0165316_13262991.jpg
a0165316_13263005.jpg


いつも通り、登りに弱い妻。
直登にヘトヘトになっていましたが、
がんばります。
a0165316_13263192.jpg
a0165316_08293559.jpg


背後には再び、
オールスターズが現れました。
a0165316_13263266.jpg
振り返っては何度も写真を撮りました。



それにしても青い空。
白い雪と黄ザックが映えます。
a0165316_13263383.jpg



進みます。
a0165316_13262807.jpg


蚕玉岳(こだまだけ)という小ピークに着。
a0165316_13275719.jpg

ここから剣ヶ峰山頂はすぐです。
a0165316_13275886.jpg



山頂直下の小屋。
その脇を通ります。
a0165316_13275909.jpg


最後の登り。
a0165316_13275970.jpg


鳥居をくぐると、
a0165316_13280025.jpg


乗鞍岳:剣ヶ峰の山頂です。
標高3.026m!!
a0165316_13280145.jpg
(左後ろに見えるのは御嶽山。)



山頂にある奥宮。
a0165316_13280055.jpg
この時期は閉まっていますが、
夏には宮司さんがいらっしゃるそうです。


風があったので、
奥宮の軒下で隠れて休憩。
チーズやパンを食べましたが、
寒さで指が痛くなり始めたので下山開始。
a0165316_13285357.jpg


____


帰りのバスは1時間に一本。
タイミングよくバスに乗れるよう、
ダッシュで下山しました。
a0165316_13285375.jpg


が、鶴ヶ池が見えた時点で
バス発車まであと5分・・・。
a0165316_13285457.jpg
あきらめずバス停まで走りましたが、
バスは目の前で走り去って行きました。


結局、畳平で1時間の道草。
御土産を買ったり散歩をして時間を潰しました。


魔王岳の下の青い池。
a0165316_13285525.jpg




1時間後のバスで、
ほうのき平へ帰りました。
a0165316_13285295.jpg



________





乗鞍岳。
これで百名山36座クリアです。
a0165316_13292615.jpg


# by tamakentaro | 2017-06-09 23:45 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 08日
スプラトゥーン
善福寺川の家リフォーム工事。

今週は大工:安田も加わっています。
a0165316_08491678.jpg
1階の野縁組も終了。
玄関土間の下地CON打設も行いました。


______________



中野の家リフォーム工事 3期。

左官屋の土田さんがやってきました。

各壁のほとんどの出隅はRです。
漆喰前のファイバーテープ。
a0165316_08491542.jpg



天井円盤にも漆喰。
a0165316_08491520.jpg


天井目透しの目地部分の漆喰が
大変そうです。
a0165316_08491197.jpg

______



任天堂のゲームソフト:スプラトゥーン。
その第2段が、7月に発売されるそうです。

欲しくて欲しくてしょうがない三男。
スプラトゥーンの武器や防具を工作して
コスプレを始めました。
a0165316_09022309.jpg



# by tamakentaro | 2017-06-08 23:46 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 06日
シャクナゲ天城山
タマケンひとり山岳部。

シャクナゲが咲く5月。
天城山に登りました。
a0165316_17163815.jpg
ヒメシャラ、
アセビ、
ブナ、
新緑の木々と、
シャクナゲの花が最高でした。


以下、天城山の記録です。
_________________


※天城山とは、
伊豆半島に連なる山々の総称です。
最高峰は万三郎岳。
百名山のひとつでもあります。


___________


天城山の登山口は、
天城高原ゴルフ場にあります。

登山者用の駐車場に車を止め、
朝7時ちょうど、登山スタートです。
a0165316_17172900.jpg


Fresh green(新緑)。
a0165316_17172982.jpg



最初のピーク:万二郎岳への登り。
a0165316_17173020.jpg



あっという間で、
最初のピーク:万二郎の山頂です。
標高:1.299m。
a0165316_17173088.jpg
展望なき山頂。
スルーして進みます。



少し進んだところで、
木々の隙間に展望を見つけました。
a0165316_17173234.jpg

奥に見えるピークが最高峰:万三郎岳。
a0165316_17173179.jpg



馬の背と呼ばれる尾根道を歩いて、
万三郎岳へ向かいます。
a0165316_17173291.jpg
つるりとした赤褐色の樹皮の木々は、
ヒメシャラです。



進行方向左手に海が見えました。
伊豆の海。
a0165316_17173344.jpg



馬酔木(アセビ)のトンネルが続きます。
a0165316_17173365.jpg
残念ながら花は終わっていました。
花の時期はすごそうです。



ちょっとした岩場はありますが、
危険箇所の無いやさしい山です。
a0165316_17172823.jpg



ブナの原生林に入りました。
a0165316_17210319.jpg


新緑のブナの森に癒されます。
a0165316_17210405.jpg
a0165316_17210573.jpg




そして。。
今日のお目当てが登場。

シャクナゲです。
a0165316_17210330.jpg



天城山に生息する固有種で、
アマギシャクナゲという名前があります。
花の見頃は、5月中頃~6月中頃。
a0165316_17210635.jpg



この日はまだ満開とは言えませんでしたが、
鮮やかな花の色、大きさ、数(群生)、
素晴らしかったです。
(花に感動するオジサンです。)
a0165316_17210802.jpg
a0165316_17210637.jpg
a0165316_17210750.jpg

漢字で書くと「石楠花」。
a0165316_17224261.jpg



ちなみに、シャクナゲの花は、
年によって当たりハズレが大きいそうです。
ネットの情報だと、2017年は
10年に1回くらいの当たり年だとか。
a0165316_17210743.jpg



シャクナゲ群生地帯を過ぎると、
山頂はあと少しです。
a0165316_17210258.jpg



万三郎岳山頂へ。
a0165316_17224332.jpg


標高1.405m。
a0165316_17224369.jpg
がしかし、万二郎岳と同じで
展望はありませんでした。
森林限界を越えない山なので、
それは仕方がないです。




休憩。
そして再出発。


天城峠まで縦走したい気持ちもありますが、
それでは、スタート地点へは戻れません。
(マイカー登山派の宿命)。



万三郎岳、万二郎岳の北側を
ぐるっと廻って下山します。
a0165316_17224480.jpg



新緑が、本当キレイでした。
a0165316_17224535.jpg
a0165316_17224529.jpg
a0165316_17224727.jpg
a0165316_17224147.jpg
a0165316_17224884.jpg



ヒメシャラ群生地もありました。
a0165316_17244203.jpg
a0165316_10241708.jpg
タマケンで行った屋久島旅行。
屋久島の原生林にもヒメシャラの巨木が
たくさんありました。

ちなみに。
ヒメシャラは、床柱等の造作材で使う事が
あるそうです(自分は経験ありません)。
ただ、銘木図鑑やネットで調べてみましたが、
実例が出てきませんでした。



苔むす土砂止め。
マインクラフトのキャラの顔にみえます。
a0165316_17244370.jpg




無事に下山。
a0165316_17244437.jpg
あまり期待していなかった天城山でしたが、
さすがは百名山。
高得点な山行ができました。




_____


昼食は、三島に寄りました。
設計Nさんと十数年前に行ったお店へ。
鰻屋:「うなよし」さん。

行列待ち、そして相席でしたが、
久々の鰻に大満腹。
a0165316_17244589.jpg
a0165316_10223934.jpg


帰りの東名は渋滞なしでした。




# by tamakentaro | 2017-06-06 06:06 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)