人気ブログランキング |
2019年 09月 19日
宝登山~蝋梅と長瀞岩畳
タマケン山岳部

1月末。
秩父の宝登山(ほとさん)に登りました。
a0165316_16174436.jpg



3年ぶり2度目の宝登山。
今回も蝋梅(ロウバイ)の花を眺めに。



************


1月27日(日)

秩父鉄道:野上駅。
a0165316_16162713.jpg
駅の駐車場に車を止めました。


ローカルでレトロな駅。
a0165316_16162764.jpg



登山口までは、
民家や畑の中を歩いて向かいます。
a0165316_16162826.jpg


15分程歩けば登山口。
a0165316_16162875.jpg


3年前は積雪の中を歩きましたが、
今年は雪が全くありません。
a0165316_16162847.jpg
防寒のアウターは、
すぐに脱ぎました。


里山的な小さな山々、
その尾根を歩きます。
a0165316_16162962.jpg
長瀞アルプスといわれる尾根道。
a0165316_16162989.jpg

葉の落ちた明るい広葉樹林帯を過ぎ、
薄暗い針葉樹林の森に入ったら、
長い急登な階段が始まります。
a0165316_16162774.jpg


ゼエゼエ息を切らしながら
その階段を登りきると、
a0165316_16172573.jpg
宝登山の山頂です!
a0165316_16205062.jpg
標高:497.1m。

低山ですが、
奥秩父方面の展望が素晴らしい!



梅と武甲山。
a0165316_16174450.jpg



両神山。
a0165316_16174342.jpg



甲武信ヶ岳。
a0165316_16174441.jpg


そして蝋梅(ロウバイ)!
a0165316_16174436.jpg
まだ満開とは言えませんでしたが
一帯が甘い香りに包まれていました。
a0165316_16174486.jpg



梅もたくさん咲いていて
a0165316_16174421.jpg
イロトリドリな山頂。
a0165316_16185883.jpg




帰りは長瀞方面に下ります。
a0165316_16185872.jpg



宝登山神社。
a0165316_16185884.jpg


長瀞駅を過ぎて
岩畳まで歩きました。
a0165316_16185939.jpg

有名なライン下りは冬期休業中。
a0165316_16185956.jpg
代わりに冬季限定の
こたつ舟に乗りました。
a0165316_16185965.jpg
a0165316_16185946.jpg
a0165316_16185910.jpg




岩畳を散策。
a0165316_16190016.jpg



長瀞駅から野上駅へは
秩父鉄道で戻りました。
a0165316_16190064.jpg


# by tamakentaro | 2019-09-19 23:49 | Trackback | Comments(0)
2019年 09月 18日
北横岳から

タマケン山岳部

1月に登った北横岳。

a0165316_15141176.jpg

3年ぶり2度目の北横岳。
2019年本当の山初めは、
雪山入門的なこの山で!



***********


1月13日(日)


蓼科の森に入ると、
野生のシカのお出迎え。

a0165316_15141194.jpg


ピラタス蓼科に到着。

a0165316_15141155.jpg


天気は晴れ。

a0165316_15140940.jpg


始発のロープウェイ。

a0165316_15141005.jpg
今年は
雪が少ないと聞いていましたが
本当だいぶ少ない印象です。


坪庭に到着。

a0165316_15141092.jpg
登山者とスノーボーダーは
50:50くらい。



ひさしぶり、
12本爪アイゼン。

a0165316_15141086.jpg


慣れないアイゼンで、
雪の少ない坪庭を進みます。

a0165316_15141037.jpg


ウサギの足跡。

a0165316_15155588.jpg


樹林帯の登りに入りました。

a0165316_15155697.jpg
やはり雪は少ないです。
a0165316_15155592.jpg


45分ほどで北横岳ヒュッテ。

a0165316_15155449.jpg


ヒュッテ前の広場で休憩。

a0165316_15155445.jpg



さあ、
山頂への最後の登り。

a0165316_15155415.jpg

汗だく笑。

a0165316_15155516.jpg
a0165316_15155534.jpg



そして。

樹林帯を過ぎたら
景色がぱっと開けて、

a0165316_15170311.jpg

北横岳の山頂(南峰)に到着!
標高:2.471m_

a0165316_15170352.jpg


イージーな山頂ですが、
大展望が目の前に現れます!


南八ヶ岳のオールスターズ

a0165316_15170373.jpg
右奥には南アルプスの山々。


北アルプスもくっきり。

a0165316_15170219.jpg



そのまま、
もうひとつのピーク:北峰へ。

a0165316_15170251.jpg


そして北横岳:北峰!

a0165316_15170280.jpg






しばらく北峰で休憩して、
南峰へ戻ります。

a0165316_15170281.jpg


再びの北横岳:南峰。

a0165316_15170393.jpg


下山。

a0165316_15185044.jpg
正面に八ヶ岳の山々を眺めながら、
来た道を戻ります。


途中、
七ツ池に寄ってみました。

a0165316_15185964.jpg

凍った池の上を
恐る恐る歩きます。

a0165316_15190950.jpg


それからまた樹林帯を下り、

a0165316_15191513.jpg
a0165316_15193649.jpg

坪庭を歩いて、
a0165316_15194413.jpg


無事に戻ってこれました。

a0165316_15195407.jpg


下りのロープウェイ。

a0165316_15200438.jpg
a0165316_15201204.jpg


車窓から見た北アルプス。

a0165316_15201278.jpg


ピラタスの駐車場は
満車状態になっていました。

a0165316_15201294.jpg


帰りは、
蓼科の共同浴場で汗を流し、

a0165316_15201249.jpg


茅野のお蕎麦屋さんへ。

a0165316_15203828.jpg
馬モツ。
a0165316_15203851.jpg


渋滞の無い冬の中央道。

a0165316_15203888.jpg



# by tamakentaro | 2019-09-18 23:13 | Trackback | Comments(0)
2019年 09月 14日
登り初めは比叡山!
タマケン山岳部。

2019年の登り初めは
京都の比叡山でした。
a0165316_15224499.jpg


********



1月3日、
AM京都着。

ホテルに荷物を預けたら、
出町柳駅へ。
a0165316_15255938.jpg
比叡電鉄に乗りました。


比叡山口駅で下車して、
向ったケーブルカーの駅。
a0165316_15255972.jpg


翌日から休業予定のケーブルカー。
a0165316_15260073.jpg


ケーブルカー終点駅を降りると、
ロープウェイの駅が現れます。が、
a0165316_15260003.jpg
ここからは山歩きです!
a0165316_15260022.jpg


家族三人とも軽装。
登山靴も履いてません。
a0165316_15263447.jpg
大丈夫でしょうか。



少し登っただけで、
完全な雪道になりました。
a0165316_15260128.jpg


琵琶湖が見えます。
a0165316_15260079.jpg
滋賀県側からも
比叡山へアプローチできます。




40分ほど登ると、、
a0165316_15255929.jpg

比叡山の最高点に到着!
大比叡という名のピークです。
a0165316_15270641.jpg
標高は848m、
展望なき小さなピークでした。
a0165316_15270642.jpg




延暦寺へ向かいます。


下りが続きます。
a0165316_15270648.jpg
登山靴でさえ
軽アイゼンが欲しい下り。
a0165316_15270581.jpg


滑りまくるスニーカー。
恐怖を感じました。
a0165316_15270524.jpg
誰もいない寂しい正月の山中での
楽しい思い出です。
a0165316_15270573.jpg
a0165316_15270583.jpg




そして、
延暦寺が近づきました。
a0165316_15275937.jpg


延暦寺は、
広大な寺域をもつ天台宗の御寺で、
比叡山山中に東塔、西塔、横川という
3つの寺域があります。

今回は、東塔エリアへ。

東塔エリアの本堂である
根本中堂を見学してきました。
a0165316_15280066.jpg
根本中堂は現在外装改修中。
a0165316_15280072.jpg
a0165316_15280036.jpg
屋根の葺き替え(とち葺き)の状況を
見る事ができました。
a0165316_15280034.jpg
a0165316_15280185.jpg

内部は写真NGでしたが、
暗く荘厳な空間に心打たれました。


外は雪が降っていました。
a0165316_15280199.jpg
a0165316_15275968.jpg



帰りも雪道。
a0165316_15285187.jpg


雲の隙間から、
京都の町に差し込む陽の光。
a0165316_15285188.jpg



それから京都市街へ。
錦市場でつまみ食いして、
a0165316_15285151.jpg

先斗町で夕食。
a0165316_15285050.jpg


そして界隈を散歩。
a0165316_15285082.jpg
一日よく歩きました。



********
【2日目】

快晴



賀茂御祖神社(下鴨神社)。
a0165316_15285003.jpg




銀閣寺へ。
a0165316_15285093.jpg
a0165316_15285184.jpg
きれいな苔の庭園。
a0165316_15295598.jpg
a0165316_15295581.jpg
こけら葺き(さわら)の屋根は
陽の光を浴びていっせいに
湯気を出していました。
a0165316_15295634.jpg




哲学の道を歩いて南へ
a0165316_15295686.jpg




よーじや、でお茶。
a0165316_15295653.jpg
a0165316_15295674.jpg




南禅寺に到着。

大スケールの三門。
a0165316_15295661.jpg
a0165316_15295566.jpg
登ってみました。
a0165316_15310553.jpg
「絶景かな 絶景かな」、ここで
石川五右衛門が呟いたとか。
a0165316_15310515.jpg


南禅寺の奥には
アーチ型橋脚の水路閣。
明治21年完成。
a0165316_15310659.jpg
ポン・デュ・ガール!
a0165316_15310456.jpg

今も現役というのもすごい。
a0165316_15310307.jpg


南禅寺方丈。
a0165316_15310543.jpg
a0165316_15310442.jpg



京都でよく見かけた門松。
a0165316_15310447.jpg




南禅寺近くの、
ブルーボトルコーヒー。
a0165316_15315811.jpg
a0165316_15322480.jpg
a0165316_15315809.jpg





宇治へ。


平等院鳳凰堂。
a0165316_15315801.jpg
a0165316_15315932.jpg


宇治川を渡って、
a0165316_15315988.jpg


宇治上神社。
a0165316_15315929.jpg
小さく静かで地味ですが、
貴重な世界遺産です。




京都市街に戻って
a0165316_15315743.jpg
再び先斗町へ。
a0165316_15331102.jpg
a0165316_15331054.jpg
a0165316_15331221.jpg






静かな花見小路。
a0165316_15331006.jpg



祇園白川。
a0165316_15331062.jpg
a0165316_15331167.jpg
a0165316_15331117.jpg
a0165316_15341301.jpg



鴨川。
a0165316_15341302.jpg




********
【3日目】

ホテル近くの護王神社。
今年の干支:イノシシを祀る神社です。
a0165316_15341419.jpg
狛犬じゃなくて狛猪。


手水舎も猪!
a0165316_15341416.jpg
a0165316_15341440.jpg
誓う猪突猛進2019!
a0165316_15341464.jpg




二条城。
a0165316_15341590.jpg
a0165316_15341580.jpg



京都御所。
a0165316_15341683.jpg
a0165316_15341659.jpg



蛤御門。
禁門の変の弾痕を発見!
a0165316_15353741.jpg







2019年はじまりの京都でした。




# by tamakentaro | 2019-09-14 23:59 | Trackback | Comments(0)
2019年 09月 10日
タマケン山岳部~山行記録一覧
タマケンひとり山岳部。
2019年9月現在の山行記録です


2019.09/ 白山
(快晴登山~青すぎる火口湖)
a0165316_10153642.jpg
a0165316_10153701.jpg
a0165316_10153646.jpg
a0165316_10153636.jpg




2019.08/ 白馬三山縦走
(白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳)
a0165316_16215123.jpg
a0165316_16215115.jpg
a0165316_16215122.jpg
a0165316_16215080.jpg
a0165316_16215040.jpg




2019.08/ 瑞牆山
(原点の山で再出発)
a0165316_14002159.jpg



2019.07/ 高尾山
(体調不良&膝痛リハビリ)
a0165316_15261106.jpg



2019.06/ 藻岩山
(札幌山頂聖地)
a0165316_13213520.jpg
a0165316_13213121.jpg



2019.05/ 皇海山と鋸山
(快晴夏日の皇海ブルー)
a0165316_09223917.jpg
a0165316_09223918.jpg
a0165316_09223961.jpg



2019.05/ カチカチ山(天上山)
(GW富士編)
a0165316_14315319.jpg




2019.04/ 卯辰山
(GW金沢編)
a0165316_14250870.jpg
a0165316_14250897.jpg





2019.04/ 荒島岳
(GW福井編)
a0165316_14185204.jpg
a0165316_14185209.jpg



2019.03/ ミツバ岳
(満開のミツマタハイキング)
a0165316_08260400.jpg



2019.03/ 肉山
(吉祥寺の名峰にやっと登れました)
a0165316_08270236.jpg




2019.02/ 谷川岳(4回目)
(快晴無風汗だくの雪山登山)
a0165316_14574250.jpg
a0165316_14574209.jpg
a0165316_14574289.jpg




2019.02/ 金冠山と達磨山
(霧氷の稜線と三島うなぎ)
a0165316_08353841.jpg
a0165316_08353836.jpg
a0165316_08353804.jpg



【記号】
◎日本百名山(現在48座クリア)
♪子連れ登山
#山泊
(2)数字は回数
**********


★2019年★

09月 白山◎♪
08月 白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳◎♪
08月 瑞牆山◎(3)
07月 高尾山
06月 藻岩山(札幌)
 
05月 皇海山~鋸山◎
05月 カチカチ山(天上山)♪
04月 卯辰山 ♪
04月 荒島岳◎
03月 ミツバ岳
03月 肉山(吉祥寺)
02月 谷川岳◎(4)
02月 金冠山+達磨山

★2018年★
10月 焼岳
09月 燧ケ岳◎# 
09月 三頭山(2)
08月 薬師岳◎# ♪
06月 伊吹山
06月 乾徳山(2)
05月 荒船山
03月 鷹ノ巣山
03月 四阿屋山
02月 川苔山(2)
01月 蓼科山◎(2)


★2017年★

12月 谷川岳◎(3)
12月 御前山
12月 松島の大高森 ♪
11月 蛭ヶ岳 +丹沢山◎(2)
10月 伊予ヶ岳 ♪
10月 苗場山
09月 槍ヶ岳◎#
08月 五色ヶ原 ♪#
08月 白馬岳◎♪#
07月 仙丈ヶ岳
06月 金峰山◎(2)
05月 乗鞍岳
05月 安達太良山◎ ♪
04月 硫黄岳(八ヶ岳)
04月 瑞牆山◎(2)
04月 鎌倉アルプス ♪
03月 大岳山
01月 霧ヶ峰◎♪
01月 雲取山◎(2)


★2016年★

11月 岩櫃山
11月 釈迦ヶ岳
10月 日光白根山
09月 日和田山~巾着田 ♪
09月 北岳+間ノ岳 ◎◎#
08月 巻機山
08月 立山(別山から雄山)◎♪#
07月 富士山◎
07月 鳳凰三山(薬師・観音・地蔵岳)◎#
07月 草津白根山◎
06月 燕岳 ♪#
05月 甲武信ヶ岳◎
05月 眉山 ♪
05月 飯野山(讃岐富士)
05月 剣山◎
05月 石鎚山◎ ♪
04月 男体山◎
04月 那須岳(朝日・三本槍・茶臼岳)
04月 檜洞丸
03月 三毳山 ♪
03月 縞枯山+茶臼山(八ヶ岳) ♪
02月 上州武尊山◎
02月 木曽駒ヶ岳◎(2)
02月 宝登山 ♪
01月 北横岳+三ッ岳(八ヶ岳)
01月 石老山
01月 今熊山
01月 谷川岳◎(2)


★2015年★

12月 蓼科山◎
12月 高尾山+景信山+陣馬山 ♪
11月 塔ノ岳+丹沢山◎
11月 四阿山+根子岳◎
11月 厄王山+菊花山 ♪
10月 金時山 ♪
10月 至仏山◎ ♪
10月 雲取山◎
09月 甲斐駒ヶ岳◎
09月 木曽駒ヶ岳◎ ♪#
09月 赤城山(黒檜山+駒ヶ岳)◎ ♪
08月 浄土山 ♪#
08月 奥大日岳 ♪#
08月 剱岳◎#
07月 立山(雄山.大汝山.真砂岳.別山)◎#
07月 岩殿山(2)
07月 赤岳+横岳(八ヶ岳)◎
06月 茅ヶ岳+金ヶ岳 
06月 谷川岳◎ ♪
05月 美し森~天女山 ♪
05月 三頭山 ♪
05月 石割山
05月 両神山◎
04月 棒ノ折山 ♪
04月 日向山 ♪
04月 ココヘッド(ハワイ) ♪
03月 ダイヤモンドヘッド(ハワイ) ♪
03月 金峰山◎
03月 箱根山
02月 黒斑山
02月 飯盛山(悪天により撤退)
02月 美ヶ原◎ ♪
01月 入笠山 ♪
01月 筑波山◎ ♪
01月 川苔山


★2014年★

12月 高尾山 ♪
11月 乾徳山
10月 瑞牆山◎
10月 高水三山 ♪
09月 岩殿山 ♪
09月 御岳山 ♪
08月 大菩薩嶺◎ ♪
08月 タマケンひとり山岳部発足
08月 立山◎


★2013年以前★

2013.08 立山◎ ♪
2012.08 立山◎ ♪
2011.08 立山◎ ♪
2010.09 霧ヶ峰◎ ♪
2010.08 立山◎ ♪
2010.04 屋久島(縄文杉トレック)

2009.08 立山◎ ♪
2008.08 立山◎ ♪
2007.08 立山◎ ♪
2006.08 富士山◎





# by tamakentaro | 2019-09-10 05:59 | ★山行記録一覧★ | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 15日
男坂!~伊豆ヶ岳
タマケンひとり山岳部


奥武蔵にある
伊豆ヶ岳に登りました。
a0165316_09315313.jpg
クリスマスイブ。
2018年最後の登山でした。


**************

朝7時30分、
西武秩父線:正丸駅の駐車場に
車を止めました。
a0165316_09320657.jpg


駅から20分ほど歩いて
伊豆ヶ岳の登山口に到着。
a0165316_09320751.jpg


クリスマスイブ&年の瀬。
寂しい山中。
a0165316_09320758.jpg



低山ですが、
なかなかの急登で始まりました。
a0165316_09320721.jpg
運動不足の家族三人、
ともに辛いスタート。



陽の差し込む樹林帯。
a0165316_09320803.jpg
がんばる三男。
a0165316_09320760.jpg




1時間ほどで、
核心部に到着。


男坂!
伊豆ヶ岳の名所です。
a0165316_09320830.jpg
トラロープが張られ、
通行止な雰囲気があります。
でも、『禁止』とは書かれていません。

ここまで来たら、
行かないのはもったいない!

自己責任で男坂に挑戦です。
(※妻と三男は迂回路(女坂)へ)



長さ50mの鎖場。
a0165316_09320821.jpg
ホールドはしっかりしてますが、
50mの長さ&高度感は思った以上です。


一番下が見えなくなるほどの勾配。
a0165316_09320849.jpg
落ちたら死ぬんだぞ、と集中。
油断しないで着実に登りました。
a0165316_09320691.jpg
鎖場の難易度は、
石鎚山(愛媛)に比べたら易しく、
乾徳山(山梨)の鳳岩と同じ位でしょうか。


男坂を登り切って、
伊豆ヶ岳の山頂に到着!
a0165316_09334971.jpg
標高851m。
女坂を登った二人も合流。




**********


休憩して
再び歩き始めました。
a0165316_09334987.jpg
今日は周回ルート。
古御岳、高畑山を経由して
子ノ権現から西吾野へ下山します。
a0165316_09334932.jpg
a0165316_09335075.jpg


ゆるやかではありますが、
登り下りの繰り返し。


古御岳の山頂/830m。
a0165316_09335160.jpg


高畑山山頂/695m。
a0165316_09335136.jpg


ひさびさ登山の三男、
さすがにもうすぐ5年生、
だいぶ脚力も上がっていました。
a0165316_09335141.jpg
a0165316_09335188.jpg
a0165316_09335208.jpg
a0165316_09334888.jpg


小さな祠。
a0165316_09345697.jpg



鐘の音が近づけば、
すぐに子ノ権現(ねのごんげん)。
a0165316_09345714.jpg


天台宗の御寺で、
足腰の守護の神様だそうです。
a0165316_09345789.jpg

日本一大きい鉄わらじ。
a0165316_09345770.jpg


福寿草。
a0165316_09345774.jpg


オレンジな仁王像がいる参道を
下ります。
a0165316_09345847.jpg
a0165316_09345898.jpg


子ノ権現から西吾野までは
道が荒れていて分かりづらく、
迷って引き返しもありました。
a0165316_09345855.jpg
a0165316_09345876.jpg






ようやくたどり着いた国道。
a0165316_09345630.jpg




西吾野駅まで歩きました。
a0165316_09355758.jpg
(正丸駅へ秩父線で戻ります)




吾野駅へ向かう途中、
小さな食堂で買ったカレーパン。
a0165316_09355782.jpg
注文してから揚げてくれました。
自分史上ベストなカレーパンでした。


# by tamakentaro | 2019-07-15 06:30 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 07日
明神ヶ岳と明星ヶ岳
タマケンひとり山岳部

2018年12月。

箱根にある
明神ヶ岳&明星ヶ岳に登りました。
a0165316_17070862.jpg

*********


金時山の公時神社から
千石原方面へ少し歩くと、
明神ヶ岳の入口があります。
a0165316_17072588.jpg



別荘地帯を抜けて
山登りがはじまります。
a0165316_17072555.jpg



7時を過ぎて
森がパッと明るくなりました。
a0165316_17072600.jpg
曇り予報だったので、
まさかの晴れ?に、ニヤリ。



笹(竹?)の道が続きます。
a0165316_17072623.jpg
笹と竹の違いについて、
ちょっと調べてみました。

どちらもイネ科タケ亜科。
一般的には、背の高いのを竹、
背の低いのを笹とよぶそうです。
(専門的にはいろいろ違うそうですが。)
a0165316_17072629.jpg


竹のトンネル。
a0165316_17072792.jpg



途中通過した火打石岳。
a0165316_17072783.jpg



尾根道を進みます。
a0165316_17072710.jpg



ところどころ、
サックサクの霜柱。
a0165316_17072735.jpg



気づけば厚い雲に覆われていました。
天気予報通り。
a0165316_17072583.jpg



不思議な石。
a0165316_17122582.jpg



ゆるやかな稜線歩き。
a0165316_17122653.jpg


右手には箱根山。
噴煙を上げる大涌谷が見えます。
a0165316_17122505.jpg


正面には
海が見えました。
a0165316_17122545.jpg



そして、
a0165316_17122667.jpg
明神ヶ岳の山頂に到着!
a0165316_17122614.jpg
霜柱の絨毯が敷かれていました。




風が強くなり、
気温も氷点下。
カーキの防寒着を装着。
a0165316_17122776.jpg



小田原の海が近くに見えます。
a0165316_17122773.jpg


大涌谷のロープウェイも。
a0165316_17122727.jpg



雨が降りだしました。
a0165316_17153681.jpg
ペースを速めます。


ようやく。
明星ヶ岳のピーク付近に来ましたが、
山頂の標識が見つかりません。
a0165316_17153767.jpg
GPSが示す位置に違うようでした。


同じく迷っていた御夫婦さんから
「ありましたよー!」と声をかけてもらい
ようやく明星ヶ岳のピークに到着!
a0165316_17153751.jpg


雨降る
寂しすぎる12月の森を下ります。
a0165316_17153785.jpg



強羅に下山。
TAXIで公時神社へ戻りました。



# by tamakentaro | 2019-07-07 07:07 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 01日
のんびり高水三山!
タマケンひとり山岳部


2018年11月24日、
奥多摩の高水三山に登りました。
a0165316_14595096.jpg


高水三山はこれが2度目。
2014年ぶりです。。



やさしい奥多摩ハイキング、
高水三山の登山記録です。

**************


青梅線は軍畑駅からスタート。
a0165316_15000821.jpg
車は川沿いの駐車場に止めました。



しばらくは山村歩き。
a0165316_15000825.jpg



やがて針葉樹の森に入ります。
a0165316_15000881.jpg



奥多摩の広葉樹の紅葉は、
この頃がピークだったでしょうか。
a0165316_15000956.jpg




そして最初のピーク、高水山。
標高759m。
a0165316_15000999.jpg
とくに眺望はありません。


山頂の祠に手を合わせたら、
休まず進みます。
a0165316_15001059.jpg



一度下って、
a0165316_15001074.jpg



登り返す杉林の斜面。
a0165316_15001013.jpg



空がぱっと広がり、
a0165316_15001095.jpg



ふたつめのピーク、岩茸石山。
標高793m。
a0165316_15001141.jpg
高水三山でもっとも展望がある山頂。


色づいた棒ノ折山方面の山々。
a0165316_15011461.jpg




次の惣岳山へ向かいます。
a0165316_15013372.jpg


おだやかな樹林帯の途中、
ひときわ明るい場所がありました。
a0165316_15013358.jpg
伐採されて裸になった南斜面。
a0165316_15013352.jpg


丸太を組んで作った揚重機。
a0165316_15013177.jpg



山頂直下のちょっとした岩場。
a0165316_15013174.jpg
a0165316_15013140.jpg



そして。
最後のピーク:惣岳山。
標高756m。
a0165316_15013274.jpg
青渭神社奥ノ院があります。
a0165316_15013287.jpg
まだ時刻は朝の10時前、
山頂でパンを食べました。



のんびり下山。

杉の巨木の結界。
a0165316_15013227.jpg


帰りは沢井駅へ向かいます。
のどかな山村歩き。
a0165316_15013212.jpg
a0165316_15023415.jpg
a0165316_15023404.jpg
a0165316_15023532.jpg



沢井にある小澤酒造へ。
a0165316_15023564.jpg
奥多摩登山では、
自分たちの定番立寄スポット。


澤乃井を飲んで、
もつ煮を食べました。
a0165316_15023553.jpg
a0165316_15023516.jpg
※駐車場のある軍畑までは歩いて戻りました。




車での帰り道。
初めて「つるつる温泉」に寄りました。
a0165316_15023617.jpg
激混みでしたが、
肌が本当つるつるになりました。


# by tamakentaro | 2019-06-01 15:04 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 26日
榛名山(榛名富士.烏帽子~掃部ヶ岳)
タマケンひとり山岳部

2018年11月4日、
榛名山に登りました。
a0165316_08284519.jpg


ちなみに、
榛名山という名前の山はありません。

榛名山とは、
榛名湖のまわり一帯の山々の総称です。

今回は、榛名富士と烏帽子ヶ岳、
そして最高峰の掃部ヶ岳。
3つの山に登りました。


*************



関越は渋川伊香保ICで下り、
伊香保温泉を通過して、
榛名湖へ向かいました。

朝6時少し前、
朝霧に包まれたメロディライン。
a0165316_08290635.jpg
幻想的な光景でした。
a0165316_08290605.jpg



榛名湖湖畔に車を止めて
まずは榛名富士へ向かいます。
a0165316_08290762.jpg
霧の榛名富士。


写真だと分かり難いのですが、
湖面に白い虹が架かっています。
a0165316_08290767.jpg
a0165316_08290778.jpg



明るくなるにつれ、
紅葉にも気づき始めます。
a0165316_08290734.jpg



榛名富士山頂に向けての登り。
a0165316_08290799.jpg



榛名湖に漂う霧。
a0165316_08290890.jpg



笹の道を進むと、
a0165316_08305266.jpg
正面に太陽。
a0165316_08290849.jpg



ロープウェイの山頂駅。
a0165316_08310725.jpg
もちろん営業前。
ひとっこひとりいません。
a0165316_08310785.jpg


山頂はすぐそこです。
a0165316_08310833.jpg



榛名富士の山頂!
標高1.390m。
小さな神社がありました。
a0165316_08310886.jpg



榛名富士からの眺望。
a0165316_08310898.jpg
看板どおりの山々が見えます。
a0165316_08310817.jpg



榛名富士で
ウォーミングアップ終了!


*****


榛名富士の北側を下ります。
a0165316_08310985.jpg
a0165316_08310959.jpg



あの山が烏帽子ヶ岳!
これから登る山です。
a0165316_08310986.jpg
まさに烏帽子の形。



地上に出て横移動。
a0165316_08310938.jpg


紅葉ピークな道。
a0165316_08331657.jpg



鳥居が見えたら、
a0165316_08331677.jpg
烏帽子ヶ岳の登山口。
a0165316_08331663.jpg



連なる赤い鳥居を潜って
a0165316_08331789.jpg

狐さんを過ぎれば登山路に。
a0165316_08331712.jpg
a0165316_08331747.jpg


山中にも鳥居と岩窟。
a0165316_08331856.jpg



ちょっとした急登があり、
a0165316_08331872.jpg
笹に覆われた道を進むと
a0165316_08331894.jpg


烏帽子ヶ岳の山頂です。
標高1.363m。
a0165316_08331822.jpg
尖った山容からは
想像できない広い山頂でした。

残念ながら眺望はありません。



********



烏帽子ヶ岳を下ったら、
榛名湖畔を歩きました。
a0165316_08342686.jpg



逆さ榛名富士。
a0165316_08342659.jpg



眩しいモミジ。
a0165316_08342660.jpg



そして。
榛名山の最高峰である
掃部ヶ岳(かもんがたけ)へ!
a0165316_08342742.jpg



まずは、硯岩(すずりいわ)という
眺望スポットへ向かいます。
a0165316_08342700.jpg



ここが硯岩。
a0165316_08342777.jpg
岩の先は断崖。。こわいっ・・。
石の上に立つ妻を見て
自分が失神しそうでした。


さきほど登った2つの山。
榛名富士と烏帽子ヶ岳がよく見えます。
a0165316_08342834.jpg




掃部ヶ岳の山頂へは
延々と続くしんどい木製階段。
a0165316_08342801.jpg
なかなか疲れました。


そして階段が終わり
a0165316_08342892.jpg
掃部ヶ岳の山頂に到着!
標高1.449m。
a0165316_08352529.jpg


空はもう雲に覆われていました。
朝の快晴はどこにやら。
a0165316_08352630.jpg



そそくさと下山。
a0165316_08352602.jpg


途中、猛烈な腹痛。

キジ打ちを試みますが
絶えない登山者さんたち。
顔面蒼白。


そして_。
a0165316_08352696.jpg
ぎりぎりの生還。




湖畔を歩いて、
駐車場へ戻りました。
a0165316_08352628.jpg
榛名湖を一周しました。


今日登った3つの山。
a0165316_08352716.jpg


ちなみに、
榛名湖にも
ホタルいるんですね。
a0165316_08352707.jpg





*******



帰り道。
伊香保温泉に立ち寄って、
a0165316_08352769.jpg


石段の湯で汗を流しました。
a0165316_08352710.jpg


# by tamakentaro | 2019-05-26 23:26 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 14日
初冠雪の浅間山(前掛山)!
タマケンひとり山岳部


2018年10月、
浅間山(前掛山)に登りました!
a0165316_11363167.jpg


この2ヵ月前(2018年8月)、
浅間山は噴火警戒レベルが、
2から1に引き下げられました。

その結果、浅間山登山は、
前掛山まで行けるようになりました!
※レベル2では、黒斑山や蛇骨岳までしか
登れませんでした。


**************


登山口:浅間山荘天狗温泉に
到着したのは朝5時30分。
a0165316_11364472.jpg



ブタのお出迎え。
a0165316_11364527.jpg
a0165316_11364506.jpg



噴火警戒レベル1。
前掛山まで登れます。
a0165316_11364524.jpg


とは言え、
噴火は前兆なく起こります。
登山は自己責任です。
a0165316_11364550.jpg



5時50分、登山スタート!
樹林帯から。
a0165316_11364662.jpg



一ノ鳥居。
a0165316_11364664.jpg

沢をわたると、
a0165316_11364751.jpg


不動の滝が見えました。
a0165316_11364437.jpg




滝から20分程進むと、
a0165316_11375902.jpg


カモシカ平。
a0165316_11375903.jpg



黒斑山や蛇骨岳、
仙人岳や鋸岳が姿を見せました。
a0165316_11375911.jpg
朝日に輝く外輪山たち。

昨年の山行(黒斑山~Jバンド)は
ガスガスで最悪の天気でした。
今日の快晴は、そのリベンジ。




そして。
目指す浅間山が見えました。。
a0165316_11380077.jpg




火山館に到着。
a0165316_11380070.jpg
ベランダの下には、
シェルターがあります。
a0165316_11380079.jpg
トイレを済ませたらすぐに出発。
a0165316_11380078.jpg



黄金に輝くカラマツ地帯。
a0165316_11380150.jpg



首なし地蔵さま。
a0165316_11380187.jpg



日陰では霜が降りていました。
a0165316_11375860.jpg
a0165316_11391324.jpg



_______


浅間山(前掛山)への入口。
a0165316_11391355.jpg
噴火警戒レベル2の時は、
ここから先が立入禁止でした。




カラマツの森の先に、
浅間山が見えます。
a0165316_11391368.jpg



しんどい登りが始まりました。
a0165316_11391390.jpg



陽の当たらない北斜面。
風が強くて、
動いていても震える寒さ。
a0165316_11391446.jpg
a0165316_11391462.jpg


この積もった雪。
初冠雪のものでした。
a0165316_11391443.jpg
昨晩降り積もったそうです。




やがて北斜面にも
太陽の光が届きました。
a0165316_11391494.jpg


一気に明るくなった登山路。
温かさを感じます。
a0165316_11391523.jpg
a0165316_11402065.jpg





浅間山山頂(火口)方面へは立入禁止。
a0165316_11391231.jpg




今日の目的地が見えました。
あの噴火口の縁(ふち)、
そのピークが前掛山です!
a0165316_11403588.jpg



手前には
噴火時のシェルターが2基。
a0165316_11403576.jpg
a0165316_11403520.jpg




いよいよ前掛山山頂へ。
快晴のビクトリーロード!
a0165316_11403606.jpg


左手、
火口の先には浅間山山頂。
a0165316_11403641.jpg
噴煙を上げています。
a0165316_11403672.jpg



初冠雪の雪を踏みながら
一歩一歩進みました。
a0165316_11403668.jpg



そして。
前掛山の山頂に到着!
a0165316_11403703.jpg
a0165316_11413895.jpg
a0165316_11415380.jpg



正面にはドカーンと、
浅間山ピークが見えます。
a0165316_11420790.jpg


ところで、
浅間山ピーク付近に見える白い筋。
あれは何なのでしょう?
a0165316_11413869.jpg
立入禁止なので登山道では無いはず。
自然にできたものにも思えません。
特別な観測用の道でしょうか?
調べたけどわかりませんでした。




******


最高の山頂を後にして下山。
a0165316_11413960.jpg


振り返って見た前掛山ピーク。
a0165316_11413915.jpg



この下山路、
大勢の登りの方とすれ違いましたが、
a0165316_11413934.jpg

その為、締め固められた雪はツルッツルで、
歩き難く、かなり苦戦しました。
a0165316_11413940.jpg



黄金に輝くカラマツの紅葉。
a0165316_11414031.jpg
a0165316_11430708.jpg
a0165316_11430781.jpg



紅葉の樹林帯を下りました。
a0165316_11430813.jpg

a0165316_11452757.jpg
a0165316_11430812.jpg
a0165316_11430888.jpg

a0165316_11430991.jpg






無事に下山完了!
a0165316_11430998.jpg


馬に下山報告!
a0165316_11442467.jpg



浅間山荘天狗温泉さん。
a0165316_11442463.jpg
入浴させてもらいました。
驚くほど赤く濁ったお湯。
a0165316_11442432.jpg
※誰もいなかったので写真撮影してしまいました。




帰り道は、
横川で釜めし食べて。
a0165316_11442588.jpg


# by tamakentaro | 2019-05-14 23:35 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 07日
焼岳最高!
タマケンひとり山岳部


2018年10月、
焼岳に登りました。
a0165316_16581460.jpg

************


深夜に自宅を出発。


朝4時、
上高地の玄関口の
沢渡(さわんど)に到着。

そこからタクシーに乗って、
焼岳の登山口へ向かいました。
a0165316_17042650.jpg



新中の湯ルート登山口。
a0165316_17042669.jpg



ヘッドライトの灯りを頼りに
登山スタート。
a0165316_17042780.jpg



すぐに空は白み始めました。
a0165316_17042719.jpg


笹の道を進みます。
a0165316_17042758.jpg



5時半過ぎ、
朝陽に照らされて輝く木々。
a0165316_17042856.jpg



1時間ほど進むと、
a0165316_17042861.jpg


黄金色に紅葉したダケカンバ、
その奥に焼岳。
a0165316_17042840.jpg



休まず進みます。
a0165316_17042656.jpg

紅葉の見頃を迎えた
ダケカンバとナナカマドたち。
a0165316_17064800.jpg
a0165316_17064942.jpg


すばらしい紅葉登山日。
a0165316_17064934.jpg
a0165316_17064976.jpg
a0165316_17065094.jpg



a0165316_17065103.jpg
a0165316_17065042.jpg
a0165316_17065018.jpg



あれが焼岳の山頂。
a0165316_17064855.jpg
噴煙を上げています。
a0165316_17084898.jpg


ヘルメットを装着。
a0165316_17084814.jpg



白い岩の世界へ。
a0165316_17084955.jpg
スーパーマリオでいうと、
クッパの城にやって来た感じ。
a0165316_17084931.jpg



たなびく噴煙。
a0165316_17084963.jpg
落石に怯え恐る恐る。
a0165316_17084906.jpg



そして最後の登り。
a0165316_17085059.jpg



焼岳の山頂に到着!
a0165316_17085074.jpg
45座目の日本百名山です。



北アルプスで唯一の活火山。
a0165316_17110462.jpg
a0165316_17110460.jpg



岩の割目から
熱い蒸気が出ています。
a0165316_17110503.jpg



見下ろす火山湖。
a0165316_17110483.jpg




大快晴!!
大パノラマ!!
a0165316_17085024.jpg


穂高の山々、
a0165316_17110583.jpg

槍、
a0165316_17084882.jpg

笠ヶ岳
a0165316_17110346.jpg




************


帰りは、
上高地へ下るルート。
a0165316_17110594.jpg



落石が怖くて
歩くペースを速めます。
a0165316_17110608.jpg


それでも
北アルプスの山々が美しすぎて。
何度も立ち止まっては
景色を眺めました。
a0165316_17110311.jpg
a0165316_17132468.jpg



緑の絨毯のような
苔むす地帯。
a0165316_17130023.jpg
a0165316_17130106.jpg



振り返れば焼岳。
a0165316_17130127.jpg



焼岳小屋を過ぎれば
進路は西へ変わります。
a0165316_17130159.jpg


紅葉の樹林帯に入ると、
a0165316_17130175.jpg


鎖と梯子が現れました。
a0165316_17130296.jpg
スリル&デンジャラス。
a0165316_17130230.jpg
a0165316_17130204.jpg
a0165316_17144765.jpg


緊張感のある楽しい下り。
a0165316_17145856.jpg
a0165316_17145836.jpg
a0165316_17145858.jpg
a0165316_17145816.jpg



上高地へ続くフラットな森。
a0165316_17145997.jpg



梓川。
a0165316_17145918.jpg


清流沿いを歩きます。
a0165316_17145926.jpg



梓川の奥に焼岳。
a0165316_17145902.jpg



河童橋が見えました。
ようやく上高地に到着。
a0165316_17150026.jpg


ランチを食べてから、
混雑したバスターミナルへ。
a0165316_17145761.jpg



バスで沢渡へ戻りました。
a0165316_17155695.jpg





****


焼岳最高!
a0165316_17160713.jpg



# by tamakentaro | 2019-05-07 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 18日
養蜂しています
日曜日

巣箱を2段増設しました
(4+2段で計6段になりました)
a0165316_10383136.jpg


# by tamakentaro | 2019-02-18 10:48 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 03日
燧ケ岳!

タマケンひとり山岳部


9月末、初秋。

燧ケ岳に登りました。

a0165316_17034746.jpg



**********


1日目】


AM10時、

桧枝岐の御池に到着。

a0165316_17042870.jpg



マイカー規制の為、

御池でバスに乗り換え。

a0165316_17042959.jpg




車窓にブナの森。

a0165316_17042928.jpg




終点:沼山峠

a0165316_17042957.jpg




沼田街道を歩きます。

a0165316_17042914.jpg

江戸時代、

会津と沼田を結んだ道。

a0165316_17042954.jpg




樹林帯を過ぎると、

a0165316_17043003.jpg




湿原が現れました。

a0165316_17043067.jpg

尾瀬の風景!

a0165316_17043015.jpg




イワナ。

a0165316_17052155.jpg




燧ケ岳が見えました。

a0165316_17042835.jpg

チャレンジは明日。




今日は準備日。

山小屋で過ごします。

a0165316_17052203.jpg




尾瀬沼東岸の長蔵小屋。

a0165316_17052219.jpg

a0165316_17052125.jpg
a0165316_17063300.jpg





個室が多い尾瀬の山小屋ですが、

今回はあいにくの相部屋・・・。

a0165316_17052200.jpg





明日に備え、

のんびり過ごす午後。

a0165316_17052249.jpg




別館でランチ。

山小屋と思えぬ雰囲気。

a0165316_17052391.jpg

a0165316_17052332.jpg




尾瀬沼歩き。

a0165316_17070930.jpg

a0165316_17052338.jpg





9月下旬。

夕刻はもう寒く、

ストーブが炊かれました。

a0165316_17071055.jpg




小屋の夕飯。

a0165316_17071023.jpg




消灯はPM9時。

a0165316_17071197.jpg




別館で酒。

a0165316_17071136.jpg




沼田街道の

歴史ゼミに参加。

a0165316_17071138.jpg




明日の予報は晴れ。

a0165316_17071044.jpg

就寝。






__________


【2日目】


朝食後、

5時半に小屋を出発。

a0165316_17071179.jpg

a0165316_17082131.jpg




雲に覆われた燧ケ岳の頂。

a0165316_17070852.jpg





尾瀬沼の岸辺を

1時間程歩けば沼尻。

a0165316_17082100.jpg



沼尻から北へ。

a0165316_17082249.jpg




いよいよ登りが始まります。

「ナデッ窪」という荒れた直登。

a0165316_17082280.jpg




木の幹に頭を強打して、

悶絶する妻。

a0165316_17082250.jpg




急登が続きます。

a0165316_17082291.jpg

a0165316_17082345.jpg




振り返れば尾瀬沼。

a0165316_17082318.jpg



沼岸のキレイなグラデーション。

a0165316_17082304.jpg




ガスに覆われていました。

a0165316_17082187.jpg


せっかくの遠征、

快晴の山頂に立ちたい・・。

a0165316_17093718.jpg






願いは叶います。

a0165316_17093816.jpg




風に流され、ガスが

瞬く間に晴れていきます。

a0165316_17093756.jpg




青空が現れ、

目の前に俎嵓(マナイタグラ)!

a0165316_17093780.jpg




もうひとつのピーク、

柴安嵓も現れました。

a0165316_17093896.jpg




最高すぎて、

泣きそうでした。。

a0165316_17093885.jpg

a0165316_17093866.jpg






そして。

俎嵓のピークに到着。

a0165316_17093882.jpg

標高2.346m。





続いて

柴安嵓へ向かいます。

a0165316_17093990.jpg




俎嵓から柴安嵓へは、

20分程で行けます。

a0165316_17093749.jpg




845分_

燧ケ岳の最高峰、

柴安嵓に到着しました!

a0165316_17110140.jpg



見渡す尾瀬ヶ原と至仏山。

a0165316_17110172.jpg

この絶景を眺めながら

しばらく休憩しました。






帰りは、

このまま御池まで下ります。

a0165316_17110101.jpg




熊沢田代という湿原を歩くこの

下山路が本当きれいで最高でした。

a0165316_17110235.jpg

a0165316_17110266.jpg




大きな池塘たち。

a0165316_17110290.jpg

a0165316_17110205.jpg

a0165316_17110331.jpg




振り返って燧ケ岳。

a0165316_17110378.jpg




広沢田代。

a0165316_17120999.jpg






その後、泥濘が続きました。

a0165316_17110000.jpg




後半は本当バテバテに・・

a0165316_17120938.jpg





御池に戻ってこれた時は、

本当ほっとしました。

a0165316_17120972.jpg

疲労困憊。





満車の御池駐車場。

a0165316_17151988.jpg






帰路、桧枝岐へ。

「燧の湯」で二日分の汗を流し。

a0165316_17121058.jpg




裁ちそばを食べて帰りました。

a0165316_17121062.jpg

a0165316_17121078.jpg


a0165316_17120994.jpg



# by tamakentaro | 2019-02-03 04:13 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 16日
社内周知会
年明けから、
下小屋では刻みが始まっています。

駒込の家。
平屋の新築工事です
a0165316_13494140.jpg
a0165316_13494133.jpg

昨日は夕刻から社内周知会。
a0165316_13520209.jpg
軸組模型を前に、
品質から安全&工程を確認しました。


明日は、建主さんを招いて
墨付と手刻を見て頂く会を行います。



# by tamakentaro | 2019-01-16 13:57 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 08日
新国立競技場
千駄ヶ谷に、
棚板を配達してきました。

目の前に新国立競技場。
a0165316_15455242.jpg
オリンピック、もう来年なんですね。
カウントダウンが始まったような気がしました。




# by tamakentaro | 2019-01-08 15:55 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 07日
刻みからのスタート
仕事始めの日から
新築工事の刻みがスタート!
a0165316_15524825.jpg
美しい自然乾燥の材料。
かっこいいタマケン大工。



縁起良いはじまりです。
気合がはいります。



# by tamakentaro | 2019-01-07 15:58 | Trackback | Comments(0)