2011年 10月 02日
ピキャンオーブンという薪ストーブに火を入れました
下高井戸の家。

だいぶ朝晩は涼しくなりまして。
ちょっと早いですが、薪ストーブに火を入れました。

最初だったので、東京ストーブの松田さんに来て頂いて再度火の入れ方を確認。
a0165316_20471475.jpg

教えてもらった通りに自分でやってみれば、とても簡単な事が分かりました。

火を入れればすぐに、部屋中が暖かく、いや暑くなりました。
ストーブの天板は350℃まで上昇。
a0165316_2056253.jpg


この薪ストーブは、オーストラリア:ピキャン社のピキャンオーブンです。
下段にオーブンがあるので料理も可能です。
シーズンになったら、いろいろ料理してみようと思います(妻が)。
a0165316_20564291.jpg


薪は、工事で出た端材の木です。
この家の刻みで出た4寸の柱の端材も、そのまま入れました。
電気もガスも不要。産業廃棄物処分費も減ります。


近所の子が遊びに来てくれました。
ウッドデッキの上でゲーム遊び。
a0165316_20584736.jpg



杉並あたりの甲州街道を走った人は誰でも、「バラ100本2980円」という花屋の看板を
見たことがあるはずです。
その店で妻が「ドウダンツツジ」の切り枝を買ってきました。
a0165316_2105335.jpg

木の家にとても映えています。


★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

by tamakentaro | 2011-10-02 21:01 | 【下高井戸の家】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmkn.exblog.jp/tb/13735354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 竣工写真撮影!~下高井戸の家       腕に刻まれた先輩大工の教え >>