2014年 02月 18日
配筋検査でイスカ切りを褒められる。世界のYAMA。
連雀の家。

大雪の連続で、工程管理が非常に大変でしたが、
本日、ようやく配筋検査まで辿り着きました。

事前に監督:飯田とふたりで自主検査。
定着、継手長さ、かぶり、しっかり確認。
a0165316_19582913.jpg

検査員さんによる配筋検査はもちろん無事クリア。
が、配筋以外にも、「イスカ切り」を褒められてしまいました。

これが遣方の杭天端の「イスカ切り」。
a0165316_2033615.jpg

杭頭をこうする事で、
杭頭に何かぶつかったら分かるし、尖っているので腰をかけないよう警告する意味があります。

検査員さん曰く、「いまどき、イスカ切りを見る現場はほぼ無いですよ」。


下小屋では刻みがラストスパート段階です。
a0165316_2011841.jpg

a0165316_20113237.jpg




ところで、本日AM。
建築家:山嵜一也さんと会ってきました
マンションのリノベーションの現地調査で。
山嵜さんは、大学~大学院時代に同じ研究室で学んだ仲間。
a0165316_19362597.jpg

約10年間ロンドンで活躍し、ようやく昨年、日本に復帰してくれました。
※山嵜さんの活躍は⇒こちら
そんな彼の設計によるリノベーション工事。
うまく計画が進展し、タマケンがお役にたてたら幸いです!


タマケンブログです。
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致します。
  ↓     
下の写真をクリックしてください。
(ポイントが加算されます。)
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

     ↑ 

 ありがとうございました

by tamakentaro | 2014-02-18 23:59 | 【仕事】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmkn.exblog.jp/tb/19480267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 明日、耐圧盤CON打設。      コーラ大好き監督と。 >>