2018年 02月 04日
次男と蛭ヶ岳。
タマケンひとり山岳部

2017年11月5日_。
久しぶりの丹沢へ。

丹沢最高峰:蛭ヶ岳を目指します!
a0165316_21463758.jpg

塩水橋からのピストン。
丹沢山を通過するルートです。
往復約20kmを歩きます。



以下、その記録です。
_________


丹沢と言えば、
東名高速で向かうイメージでしたが
今回は中央道:相模湖ICから。

相模湖~宮ヶ瀬湖を越えて、
中津川にある塩水橋を目指しました。


渓流沿いにある塩水橋。
朝5時はまだ真っ暗闇。
車のライトを灯して靴を履きました。
a0165316_21482769.jpg


立入禁止表示のあるゲート。
その脇を通って登山スタート。
AM5:20。
a0165316_21475375.jpg


ヘッドライトの灯りを頼りに
暗闇を歩く高揚感。
a0165316_21475370.jpg


30分ほど進むと
徐々に明るくなりはじめました。
a0165316_21475337.jpg


やがて木々の紅葉に気づきます。
a0165316_21475310.jpg



遠くにスカイツリーが見えました。
a0165316_21475464.jpg
まだ日の出前。


舗装された道が終わり、
山道に入った頃。
一気に光が差し込みました。
a0165316_21475426.jpg


陽を浴びた広葉樹の樹林帯。
紅葉がすごくキレイでした。
a0165316_21475438.jpg


ブナの森。
a0165316_21475595.jpg
a0165316_21494084.jpg


ちょっとした岩場も現れます。
a0165316_21494154.jpg
a0165316_21494195.jpg



やがて。
丹沢名物な木道が始まりました。
a0165316_21494167.jpg
もうすぐ丹沢山山頂です。


_____

AM7:55。
歩き始めてから2時半程で、
丹沢山の山頂に到着しました。
a0165316_21494282.jpg
正面には雲ひとつない富士山。
a0165316_21494214.jpg

ちなみに下の写真は、
2年前の丹沢山登山のもの。
a0165316_21580453.jpg
今日でリベンジ達成です。



休憩をしていたら、
寒くて指が痛くなり始めました。
なので行動再開!
a0165316_21503607.jpg
蛭ヶ岳へ向かいます。
ここからが本番!




気持ち良い稜線歩き。
「これぞ丹沢!」っていう景色です。
a0165316_21503602.jpg


厄介だったのがこの木道。
凍っていてよく滑ります。
a0165316_21503657.jpg
転倒しないよう注意が必要です。




丹沢山から蛭ヶ岳へは、
登っては下る、下っては登る、
連続アップダウンな稜線でした。
a0165316_21503798.jpg
これは本当疲れました。。


そして、気がつくと。
ガスが発生し始めていました。
a0165316_21503736.jpg
雲一つなかった青空も
雲に覆われ始めました。
a0165316_21520247.jpg
富士山も姿を消します。


このまま
真っ白な世界に変わっていく・・
気持ちが凹んでいきそうでした。

が、ラッキーな事にこれ以上、
天候は崩れずにすみました。


______



アップダウン稜線が続きます。
a0165316_21503765.jpg
a0165316_21503753.jpg



そして。
a0165316_21503895.jpg
丹沢山から1時間半程かかり、
蛭ヶ岳の山頂に到着しました!
a0165316_21524857.jpg



丹沢の最高点。
蛭ヶ岳は標高:1.672mです。
a0165316_21524960.jpg
紹介遅れましたが、
今日はうちの次男も一緒です。
この3人での登山は初めて。

高校で登山を始めた次男に
登山靴を買ってあげました。
私と同じASOLOです。
a0165316_21524994.jpg



そして下山。
塩山橋までピストンで戻ります。

ガスも晴れ、
この丹沢の明るい稜線は最高でした。
a0165316_21524932.jpg
a0165316_21524921.jpg
a0165316_21524973.jpg
ただ体力的には、かなり堪えました。。
ここしばらく、ライトな山しか
登っていなかったのが原因です。。
a0165316_21525094.jpg


丹沢山を過ぎてからは、
天王寺尾根を歩いて帰りました。
a0165316_21525014.jpg


最後ちょこっと道迷い。。
こんなルートを通る羽目に。
a0165316_21525086.jpg


最後は本谷川沿いを歩きます。
a0165316_21540575.jpg


ハロースネイク。
a0165316_21540503.jpg



お疲れ様でした。
塩水橋に無事に帰還。
a0165316_21540510.jpg
体力的にハードだった蛭ヶ岳ピストン。
でも次男は余裕で登り切りました。
とてもついていけません。。
若いってすごい。


こうして子供と
山登りができたのが幸せです。




by tamakentaro | 2018-02-04 23:59 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmkn.exblog.jp/tb/238277226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< タマケンリニューアルアンドニ...      現場監督募集中! >>