2018年 05月 25日
雪の大山(雨降山)
タマケンひとり山岳部

丹沢の大山に登りました。
2月のはじめです。
a0165316_10234968.jpg
大山は、
高尾山っぽい印象があって、
ずっと登るのを避けていましたが、
ようやく登る日がやって来ました。


_____


天気は曇り予報でしたが、
登山口はまさかの雨。
a0165316_10244257.jpg
レインウェアのフードを被ります。


スタートは
御土産屋さんが並ぶ「こま参道」から。
a0165316_10244260.jpg


大山は別名:雨降山(あぶりさん)。
古は雨乞いの対象だったそうです。
a0165316_10244296.jpg


こま参道が終わり山道に入りました。
a0165316_10244360.jpg
阿夫利神社下社までは
男坂と女坂の2つの道があります。
往きは男坂を選びました。


雨が雪に変わりました。
a0165316_10244302.jpg
結構、本格的に降ってきました。
(山だけ降ったようです。)
a0165316_10244377.jpg


あっという間に雪に覆われた道。
a0165316_10244146.jpg



阿夫利神社下社の境内へ。
a0165316_10253996.jpg
ここで男坂と女坂が合流します。
※ここまではケーブルカーでも来れます。


拝殿前では、
雪かきが始まっていました。
a0165316_10254125.jpg


下社を過ぎると、
残雪もあり、雪山感が増してきました。
a0165316_10254133.jpg
a0165316_10253864.jpg


予想以上に積もっていました。
チェーンスパイクを
準備しておいたのは正解。
a0165316_10253818.jpg


一瞬、太陽が顔を出しましたが
a0165316_10253828.jpg


山頂が近づくと、
また雪が降りだしました。
a0165316_10253964.jpg
a0165316_10253901.jpg



そして、
阿夫利神社本社の鳥居を潜り、
a0165316_10264152.jpg


大山の山頂に到着。
標高:1.252m。
a0165316_10264398.jpg
ガスッガスで、
展望は全くありませんでした。


ちなみに大山の
登山口から山頂までの標高差は942m。
高尾山の場合は、約400mです。
なので高尾山よりは登りごたえあります。


____



展望もないので、
少しだけ休憩して、すぐに下山開始。
a0165316_10264027.jpg
すぐに青空が出始めました。
a0165316_10264376.jpg
よくあるパターンです。


下社へ続く階段が凍っていて、
デンジャラスでした。
a0165316_10272874.jpg



帰りは女坂で。

女坂には大山寺があります。
a0165316_10264045.jpg
すごい彫刻。
a0165316_10264121.jpg


かわらけ投げもやりました。
a0165316_10264149.jpg
a0165316_10275528.jpg


紅葉が有名な階段を下ります。
a0165316_10275523.jpg


女坂の道中には、
多くの御地蔵さんや石像。
a0165316_10275518.jpg


こま参道に戻ってきた頃には、
もうすっかり晴れていました。

振り返ればクッキリ現れた大山。
a0165316_10275423.jpg


名物の大山こんにゃく。
a0165316_10275492.jpg


靴を洗いました。
a0165316_10275441.jpg

雪のおかげで
大山、楽しめました。



by tamakentaro | 2018-05-25 23:56 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmkn.exblog.jp/tb/238544268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< カオマンガイ熱      モフモフ樹氷の蓼科山 >>