2018年 07月 03日
鷹ノ巣山と稲村岩
タマケンひとり山岳部。

3月の終わり、
奥多摩の鷹ノ巣山に登りました。
a0165316_08490821.jpg

以下、鷹ノ巣山の登山記録です。

_________



日原鍾乳洞の手前、
東日原の駐車場から。
a0165316_08493090.jpg
日原集落を歩きます。



正面に見える尖った岩。
あれが稲村岩です。
a0165316_08493132.jpg
鷹ノ巣山山頂へは、
あの稲村岩を経由せずに行けますが
可能ならば、あの頂点にも登ってみよう。
と思いました。
a0165316_08493187.jpg


日原渓流に掛る橋を渡ります。
a0165316_08493180.jpg


ゴルジュ帯に入りました。
a0165316_08493247.jpg
a0165316_08493201.jpg


そして。稲村岩尾根と呼ばれる
急登が始まります。
a0165316_08493330.jpg
奥多摩で最も急だという登り。
a0165316_08493341.jpg


噂通りの急登でした。
奥多摩だからと舐めてかかれません。
ゼエゼエッハア-ハアッ-。
息が切れます
a0165316_08493309.jpg
一気に標高が上がり、
すっかり雪道に変わりました。
a0165316_08493058.jpg


予想以上の残雪。
勾配もきつく、スパイクを
履かざるを得なくなりました。
a0165316_08502694.jpg
準備しておいて正解でした。


そして、ますますの急登。
a0165316_08502625.jpg


ヘトヘトの妻。
やがて空が開けはじめます。
a0165316_08502787.jpg


そして。
登り始めて2時間30分。
鷹ノ巣山の山頂に到着!
a0165316_08502786.jpg
a0165316_08502782.jpg
標高:1.736m。


大快晴。
奥多摩三山や大菩薩、
そして富士山を眺めながら休憩。
a0165316_08502872.jpg


しばらくしてから下山。
稲村岩尾根を滑るように下りました。
a0165316_08502807.jpg
気圧で耳が変になるほど。
a0165316_08502842.jpg


____


そして下山の途中。
稲村岩に登ってみる事にしました。
a0165316_08512506.jpg
怖いので、
ザックはデポして身軽な状態で。


注意喚起がありました。
a0165316_08502676.jpg


他の登山者のほとんどが、
この稲村岩をスルーしているようで、
コースがわかりずらい箇所もありました。
a0165316_08512808.jpg

引き返そうかなと何度か思いましたが、
こういう時、妻は勇気があります。
「行けるよ」と進んでいきました。
a0165316_08512573.jpg
高所恐怖症の自分は足がすくみます。
a0165316_08512649.jpg


そして
稲村岩のピークに立ちました。
a0165316_08512682.jpg
ちょっとした達成感。


岩の裏側には、小さな祠。
a0165316_08512760.jpg


稲村岩の下りも危なっかしいので、
注意して進みました。
a0165316_08512767.jpg
a0165316_08512709.jpg

____


また下り。
a0165316_08512827.jpg


振り返れば稲村岩。
a0165316_08512563.jpg


a0165316_08522632.jpg


日原集落に戻って来れました。
a0165316_08522531.jpg

鷹ノ巣山。
楽しめました。


by tamakentaro | 2018-07-03 23:48 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmkn.exblog.jp/tb/238637015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 残雪期の赤岳!!      タマケンレポート4完成まであと少し >>