<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年 06月 16日
タマケンレポート4完成まであと少し
タマケンレポート4。
完成まであと少しです。
a0165316_15145411.jpg


by tamakentaro | 2018-06-16 15:15 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 16日
若いベンチ
杉のベンチが2台完成しました。
a0165316_15052588.jpg

タマケンの若手大工。
若林くんと番場くんのふたりが、
それぞれ1つづつ作りました。


こちらが若林くん作。
a0165316_15052528.jpg

こちらが番場くん作。
a0165316_15052667.jpg

某駅ビルの屋上にあるベンチを参考に、
ふたりが自分のオリジナルで作りました。



by tamakentaro | 2018-06-16 15:08 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 16日
小鹿野の四阿屋山
タマケンひとり山岳部

奥秩父山域の北東部。
小鹿野にある四阿屋山に登りました。
a0165316_14351901.jpg


2018年3月11日。
標高771mの低山ですが、
山頂付近の鎖場と、
満開のセツブンソウを期待して。

_________



両神温泉薬師の湯に車を止めて
登山スタート(AM7:40)。
a0165316_14353541.jpg
福寿草も満開の季節。



針葉樹林帯を進みます。
a0165316_14353544.jpg



鉄塔を通過。
a0165316_14353641.jpg



両神神社奥社に到着。
a0165316_14353623.jpg



奥社近くにあった案内看板。
ここから岩場がはじまります。
a0165316_14353622.jpg


岩場突入。
a0165316_14353737.jpg
でも大したことはありません。
a0165316_14353481.jpg



あっという間。
四阿屋山の山頂。
標高771m。
a0165316_14362292.jpg
両神山がよく見えました。
八丁尾根の記憶が蘇ります。


_______


山頂からは、
つつじ新道を下ります。
a0165316_14362200.jpg
初級者通行禁止。
ここからが今日のお楽しみ。


まずは痩せ尾根を進みます
a0165316_14362395.jpg




続く鎖場。
a0165316_14362448.jpg
a0165316_14362493.jpg


そして。
ラスボス的岩壁を降下。
a0165316_14362415.jpg
足がかりが見つからず
妻はしばらくフリーズ(笑)。


無事にクリアしてから
見上げたその岩壁。
a0165316_14362194.jpg


_____


樹林帯を歩いて
a0165316_14371526.jpg
無事に下山。
a0165316_14371538.jpg


このまま
セツブンソウの群生地へ行こうかな。
と思いましたが、お腹がすきすぎで
いったん食事へ向かいました。

小鹿野の安田屋さんへ。
わらじカツ丼で有名なローカル店。
a0165316_14371687.jpg

メニュー表。
a0165316_14371646.jpg
※三枚丼の金額設定が難解です。


で、私は三枚丼。
a0165316_14371653.jpg



秩父の甕口酒。
a0165316_14371751.jpg



で再び山へ。
セツブンソウの群生を見に。
a0165316_14371773.jpg
a0165316_14371520.jpg


墓地の裏手で、
福寿草の群生も見つけました。
a0165316_14380046.jpg
a0165316_14380036.jpg


そして。
両神産のきのこ焼き。
a0165316_14380011.jpg



by tamakentaro | 2018-06-16 14:40 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 14日
川苔山2
タマケンひとり山岳部。

2月11日。
奥多摩の川苔山に登りました。
a0165316_16310454.jpg
3年ぶり、2度目の川苔山。
今回も氷瀑に出遭えました。

___________


鳩ノ巣駅前に車を停めて、
青梅線で奥多摩駅へ向かいます。
a0165316_16313412.jpg

静かな車内。
a0165316_16313564.jpg



奥多摩駅着。
バスに乗り換えです。
が・・登山ルートに通行止めの表示。。
a0165316_16313291.jpg
落石があったとか。。


ダメなら引き返すつもりで
バスに乗りました。
a0165316_16313315.jpg


川乗橋バス停で下車。
a0165316_16313342.jpg


AM7:30登山スタート。
a0165316_16313372.jpg
40分程、
舗装された林道を進みます。

落石による通行止めは
既に解消されていたようで、
無事に細倉橋まで辿り着けました。

細倉橋からは山道に入ります。
a0165316_16313456.jpg


雪道に変わりました。
a0165316_16313407.jpg
今日は山頂に至るまで
出会った人は2人だけ。
本当静かな山歩きとなりました。


渓谷を進みます。
a0165316_16313409.jpg


氷柱の壁。
a0165316_16334579.jpg
a0165316_16334551.jpg



川苔山はトラバースな道が多く、
a0165316_16334289.jpg
凍った斜面は滑落しないよう
特に注意して進みます。
a0165316_16334354.jpg
チェーンスパイクは最低限必要でした。
a0165316_16334381.jpg



朝の光が谷部にも入り始めました。
a0165316_16334355.jpg
a0165316_16334438.jpg


そして。
百尋の滝に再会。
a0165316_18234683.jpg
前回よりも凍結しています。

滝の下まで近寄ってみました。
a0165316_16334425.jpg
氷の塊が落ちてきたので
怖くて引き返しました。



百尋の滝から山頂までは、
コースタイム2時間ほどの登り。
進みます。
a0165316_18241336.jpg
a0165316_18241458.jpg
a0165316_18241185.jpg



山頂目前、
青い空と白い尾根道。
a0165316_18241186.jpg
疲れが吹っ飛ぶ気持ちよさ。


そして川苔山の山頂!!
標高:1.364m。
a0165316_18241222.jpg


雲取山や鷹ノ巣山を眺めながら休憩。
a0165316_18241218.jpg


帰路は、
車を停めてある鳩ノ巣へ下ります。
a0165316_18241246.jpg

この下りが長くて少しウンザリ。
a0165316_18253142.jpg


無事に戻ってこれました。
a0165316_18253195.jpg



川苔山。
2度目でしたがまた楽しめました。
奥多摩では一番のおススメの山です。



帰り道、いつもの小澤酒造(澤乃井)へ。
原酒と豆腐とモツ煮。
a0165316_18254812.jpg

フクジュソウ発見。
a0165316_18254740.jpg


by tamakentaro | 2018-06-14 18:26 | ★ひとり山岳部★ | Trackback | Comments(0)